ツーリングを楽しむ全てのバイク乗りのためのWebメディア

BikeJIN

あの頃の培倶人 -From Nom Vol.10-

長きにわたった平忠彦さんの連載 たった一度、日の目を見ないロケがあった

あの頃の培倶人

「鼓動の旅」から始まり、「美風伝承」、「双天の路」、「新・双天の路」と長きにわたってツーリング紀行の連載を続けてくださった平忠彦さん。

2018年7月現在は「鼓翼の旅路」連載中!!

その平さんの連載記事では、平さんがバイクとともに日本中を駆け巡りましたが、たった一度、せっかく取材したのに誌面に掲載されることがなかったものがあります。

多忙な平さんのスケジュールを縫っての取材、もちろん取材経費だって馬鹿になりません。しかし、ボツにせざるを得ないような大きな事件が起こり、ボクは苦渋の決断を迫られました……。

本誌を強力にサポートしてくれた人のひとり平さん

平忠彦さんも、本誌を強力にサポートしてくれた人のひとり。ボク自身、平さんとは長い付き合いで、いつか本誌でも連載企画をやりましょうと会う度に話をしていました。

多忙を極める平さんを納得させる企画なんて......
そんなとき、ヤマハから1台の独創的なバイクが登場!

ただ、多忙を極める平さんが納得して、それならお受けしますと言ってくださるような企画は簡単には浮かびませんでした。そんなとき、ヤマハから1台の独創的なバイクが登場しました。1670ccの巨大な空冷V型2気筒エンジンを採用したMT-01です。鼓動感にあふれるエンジンから生み出される怒涛のトルクを持つバイクで、平さんにこの個性あふれるバイクで地球が発する鼓動ーー壮大な滝が発する波動や地中からエネルギーを爆発させるような間欠泉、巨大な岩に激しく打ち付ける波が生む地響きといったものを探す旅をしてもらいたいと思ったのです。

平さんにご快諾いただき、05年8月号(Vol.30)から連載がスタートし、

その後、「美風伝承」、「双天の路」、「新・双天の路」と登場するバイクや内容を変えながら平さんのツーリング紀行は17年1月号(Vol.167)まで続くことになりました。

2009年5月号(Vol.75)P153美風伝承

2017年1月号(Vol.167)P161双天の路

17年1月号(Vol.167)新・双天の路(最終回)

そんな長い連載のなかで一度だけ、取材はしたが誌面には掲載しなかった記事があります。

取材から数日後の大地震、新潟地方を訪ねた平さんが取材で 訪れた場所にも爪痕を残し......

青々とした稲穂が一面に広がる新潟地方を訪ねた取材でしたが、取材から数日後、最大震度6弱という大きな地震がその新潟地方を襲ったのです。07年7月16日に発生した「新潟県上越沖地震」でした。

各地に大きな被害をもたらした大地震は、当然、平さんが取材で訪れた場所にも爪痕を残していました。手元にある写真に写る美しい景色も一変してしまっているはず。そう思ったとき、ボクはこの写真はいま誌面に掲載するべきではないと判断し、平さんをはじめとした取材スタッフにも説明しました。みんな、ボクの判断を支持してくれました……。

写真は2015年9月号の取材で、再び訪れた新潟県十日町市の星峠の棚田。
あの大地震から8年の年月が過ぎていました

 Nom エイ出版社バイク誌プロデューサー/ジャンケン魔人

BikeJIN、RIDERS CLUB、DUCATI Magazine、BMW BOXER Journal(現BMW Motorrad Journal)などエイ出版社発行のバイク誌の編集長を歴任。現在は、趣味誌を中心にエイ出版社発行の媒体を統括

もし、このコラムを読んで当時のことをもっとお知りになりたくなったら、NomのBlog(http://blog.sideriver.com/nomurasblog/)のアーカイブもご覧いただければと思います。