ツーリングを楽しむ全てのバイク乗りのためのWebメディア

BikeJIN

バイクトラブル解決マニュアル

[エンジンがかからない!]いまどきのバイクは“押しがけ”が通用しない!?

バイクトラブル解決ノウハウ100
トラブル対策さえ知っておけば、アナタの旅は成功間違いなし!
日本はツーリング天国だ四季折々の風景は走っていて飽きることなく絶景の山岳スカイラインはいつでもライダーに高揚感を与えてくれる。旅の帰路はいつでも充実感に溢れヘルメットの中は絶えず笑顔……それもトラブルさえなければ、だ。
ガス欠、パンク、転倒などなどバイクにまつわるトラブルは多いだが、それらの多くは知識があれば防げ対処方法を知っていれば、ピンチを乗り切れる。

押しがけはキャブ車専用のワザ

いまどきのバイクは“押しがけ”が通用しない!?

昔のレース映像(90年代前半くらい)を見ていると、バイクを押して数歩走って飛び乗ってエンジンをかけている。コレが「押しがけ」。

実は市販車でも、バッテリーが上がってセルが回らないときは、かつてのキャブレター仕様のバイクなら、「押しがけ」は有効だった。キャブ車は構造がシンプルなので、ライダーがバイクを押して「セルモーターの代わり」をすれば良かったからだ。

いまどきのインジェクション車だと、まず始動できない

ところが、いまどきのインジェクション車は、バッテリーが完全に上がってしまうと、押しがけではエンジンをかけられない。インジェクション車はガソリンを電磁ポンプでインジェクターに圧送するため、バッテリーが上がると、電磁ポンプが稼働しなくなる。

また、電磁ポンプが動くくらいバッテリーが残っている場合でも、規定電圧以下になるとECU(コンピュータ)への電源供給をカットしたり、エンジンのクランクが既定回転数以上にならないと、燃料噴射や点火を行わない機構が組み込まれる車両が多い。いずれも誤動作やECUを保護するのが目的だ。

ガソリンが送られなかったり、ECUが作動しないのでは、どんなに頑張っても押しがけは不可能。なので、インジェクション車のバッテリーが上がってしまったら、素直にバッテリーを充電するほかないのだ。

キャブ車なら試す価値あり!

押しがけは1人でもできるが(押して走って飛び乗る。昔のレースのスタート方法)、慣れないと立ちゴケ等の危険もあるので、誰かに押してもらい、ライダーは跨った状態で試そう。コツは十分に速度が上がってから、スパッとクラッチをつなぐこと。周囲の安全に注意してトライしよう。

キーをON、ギヤを3速に入れてクラッチを切ってスタート。後ろの人は思い切り押す。下り坂を利用すると加速しやすくて楽

十分に速度が乗ったら、ライダーはドスンとシートに腰を落とすと同時にクラッチをつなぐ。速度が足りないとエンジンはかからない

エンジンがかかっても、後ろの人はバイクが自力で走り出すまで押し続ける。ライダーはクラッチを切って様子を見る

スリッパー装備車も無理!

過剰なエンブレをキャンセルするスリッパークラッチ。スーパースポーツに標準装備されたり、カスタムパーツとしても販売されるが、この機構がついているとタイヤでエンジンを回すことができないので、押しがけでエンジンを始動できない。