1. HOME
  2. COLUMN
  3. 愛車お手入れガイド(Part.3 チェーン)

愛車お手入れガイド(Part.3 チェーン)

愛車と長く付き合っていくために日々のお手入れは不可欠
自分で行えばさらにバイクへの愛着も湧くというもの
このページではバイクの知識に自信がなくても
カンタンにできるお手入れノウハウを分かりやすくご紹介
さぁアナタもメンテナンスライフを充実させよう!

安全と快適な走行のために
必ずやりたいチェーン整備

 ドライブチェーン(以下チェーン)は、エンジンのパワーをホイールに伝える重要保安部品だ。80〜90年代にバイクのパワーが大幅に強化され、著しく進化した理由は、チェーンの耐久性向上にあるといわれる。

 現在もメーカーのたゆまぬ研究開発によって静粛性や耐久性は向上している。しかしそれでもチェーンは消耗部品だから、定期的な交換が必要だ。

とはいえ、日常的にメンテナンスをすれば耐久性は伸びる。もっといえば、走行時の安定性や軽快感を良好に保てる。つまり、気持ちよく走れるということだ。

「チェーンは路面に近い部位にあるため、砂やゴミ、凍結防止剤(塩化カルシウム)などの有害物質が付着しやすいのです。その状態で使用を続けると、サビの発生や、シールの劣化が進んでしまう可能性がある」

 また、およそ500㎞も走行するとチェーンの油膜がなくなってしまい、やはり摩耗が進んでしまう。

「定期メンテをしていても、チェーンは伸びるものです。これはチェーンをつないでいるピンが摩耗することで起きます。これを防ぐため、現在ではピンを常にグリスに浸す構造の“シールチェーン”が一般的です」

 シールチェーンの場合、金属パーツの摩耗防止のほかにシールの保護がメンテの重要課題だ。シールが傷むとグリスが漏れ出し、一気に耐久性が落ちてしまう。

「シールを傷めないために、オイル(ルブ)やクリーナーは、必ずチェーン専用品を使ってください」

 安全性と快適性を長く維持するためにも、チェーンメンテは必須だ。

「チェーンはバイクの要」メンテしないと……

メンテナンス時期の目安

500㎞走行毎、または雨天走行後
<point> 
・メンテナンスの2回に1回はクリーニングを!
・雨天走行後は必ずメンテナンスしよう
・注油は走行後がオススメ。塗りすぎ注意
・長距離の高速道路、サーキット走行後は注油を

1000〜2000㎞走行毎に調整

シールチェーン :約 1万5000㎞〜2万㎞以内
ノンシールチェーン :約5000㎞前後

2022年 BikeJIN2月号 Vol.228掲載

関連記事