ツーリングを楽しむ全てのバイク乗りのためのWebメディア

BikeJIN

島旅・船旅ツーリングルート

2000km走って分かった Vストローム1000 真の実力

Promotion

今回の対馬ツーリングで旅の相棒となったのがスズキ・Ⅴストローム1000 ABS
真冬というタフな環境下で2200㎞走って感じたのは、とてつもない安心感
コイツとならドコでも行ける。そう強く感じたツーリングだった!

問い合わせ
スズキ
TEL:0120-402-253
http://www.suzuki.co.jp/motor/

Vストローム1000のココが良かった

1:タフな環境でも気負わず走れる安心感

2:乗り手をせかさない心地好いエンジン

3:お尻が痛くなりにくい快適なシート

絶対的な安心感 これぞ、冒険バイク

対馬ツーリングで大活躍してくれたのが、このスズキ・Vストローム1000だ。東京から九州までの往復で、走行距離はざっと2200㎞。ツーリングは年末年始に決行したので、真冬というタフなツーリングだったが、結論から言わせてもらうと「とっても快適で、安心だった」のひと言に尽きる。

東京から九州までの往路は自走で1200㎞を2日に分けて走行(帰りは新門司〜大阪間はフェリー移動)。だから延々、高速道路をひた走るだけ。1日800㎞以上を走り続けた2日目でも不思議と身体の痛みはなかったのである。

まず、お尻が痛くならなかったことは衝撃だった。最近のバイクは、厳しいコストカットのためか、シートの質にしわ寄せがいっていることがよくあり、ペラペラのものであることが多い(これは国産、外車問わずである)。しかし、コイツはドッシリとした肉厚が確保されており、ロングツーリングでの快適性を犠牲にしていない。それでいて、足着きも良好なのだから、これは大きな美点だろう。

今回、活躍してくれたのがクッション性に優れたシート。オプションでローとハイも用意されている

また、エンジンも素晴らしい。ボクがずっと太鼓判を押していたVストローム650と同様に、そのテイストは癒し系。100㎞だけの走行なら、ちょっと大人しいという印象を持たれる方もいるかもしれないが、コイツのいいところは距離が伸びた分だけ気持ち良いところ。最初こそ、もう少しパワーが欲しいと思うかもしれないが、コイツの真骨頂は、5速3500回転付近の心地好さ。時速は100㎞ほどであるが、長く乗っていればいるほどその味わいが感じられる。ビュンという刺激はないが、ゆるやかな加速はまさに癒しだ。かといって、高速道路でもワインディングでも、力不足と感じることもない。初代Vストローム650にも通じる、緩やかなエンジン特性がたまらなく好きなのである。
バイクがライダーを決してせかさない。これは旅バイクにとって重要なポイントだ。

おかげで往路の移動は高速道路の区間がほとんどだったが、実に快適。ボディバランスも気に入っている。荷物が満載になったときでも、コイツはバランスがいい。パニアケースも純正で用意されており、こちらの使い勝手も良好。今回は1週間分の荷物を積載する必要があったので、純正トップケースではなく他社製の大容量シートバッグを使用したが、キャリアは使い勝手が実に良好。
また、パニアケースはワンキーシステムが採用されているので、何本もキーを持ち合わせる必要もない。今回、復路の新名神高速では雪がぱらつき出したが、動揺することなく落ち着いて対処できたのは、この安心感があってこそ。風雨や悪路が続く状況にも遭遇したが、その度に「かかってこい」と思えたし、「いや~、コイツでよかった」と心の底から思えたほどコイツは頼もしかった。

旅装備は超充実

今回はオプション装着車を使用させてもらった。左右のサイドケースは9万1584円で、取り付けにはサイドケースブラケット(1万3392円)が別途必要。今回は装着していないが35ℓのトップケース(6万4152円)も用意されており、こちらはトップケースアダプター(1万800円)が必要となる。なお、ワンキーシステムが採用されているので、車体のキーでケースの開閉が可能。これは非常に使い勝手がよかった

なお、このVストローム1000は高度なABS、そしてトラクションコントロールを採用し、従来モデルよりさらに安心感を高めているとのこと。この点をボクは感じることができなかったが、ボクに気づかれないように制御してくれていたからこそ、高い安心感を手にしていたのかもしれない。主役はあくまでもライダーで、電子制御は黒子に徹しているのだ。

ABSは5軸慣性計測ユニットIMUを搭載し、バンク中にも効果的にABSが介入し転倒を抑止する

スクリーンは手動でハイ・ローと2段階に高さを変えられる。

防風効果の高いハイでの高速走行時でも、ハンドリングには悪影響はなかった

無事に旅を終えた翌日、あらためてコイツと対面した。よく見ると泥だらけで、よくもまあ、こんなに走ったな~、と思いながら洗車した。なんだか、昨日よりも大きくてたくましく見えるではないか。やるな、Vストローム!

Specifications

イエロー

ホワイト

ブラック

価格:140万4000円 エンジン:水冷4st.V型2気筒1036cc
最高出力:99ps/8000rpm
最大トルク:10.2kg-m/4000rpm 全長:2280mm
全高:1470mm 全幅:930mm
ホイールベース:1555mm シート高:850mm
車重:232kg 燃料タンク容量:20L
タイヤサイズ:F=110/80R19 59V
R=150/70R17 69V

問:スズキ 0120-402-253
http://www.suzuki.co.jp/motor/