ツーリングを楽しむ全てのバイク乗りのためのWebメディア

BikeJIN

付けて分かった、“ライダー専用”メガネの実力!僕のメガネは見えていなかった!!


普通のメガネじゃ何がダメなの?そもそも、何が違う?
今回は、作ってもらった「Ride」を着用してのツーリングに出かけてみた
“ライダー専用”メガネであるホントウの実力とは!?

問い合わせ
ダブルオーグラスギア
TEL:075-746-4747
http://www.double-o.com/

正直ナメてた、“ライダー専用”メガネ

編集 モリ
普段はコンタクトだが、バイクに乗る時は目が乾くため、メガネの着用率高めの編集部員。普通のメガネでも十分だと思っていたけど……

メガネを作るにあたって始めに思っていたことは、自分のメガネでも見えているし、“ライダー専用”である必要性をあまり感じていなかった、というのが正直なところ。検眼の内容はシンプルで簡単だ。普通の検眼と違うところと言えば、乗っているバイク、使用用途などヒアリングが行われる程度。しかし、検眼して完成品が来た約1カ月後、僕は“ライダー専用”の実力を身を持って体験する。

僕が頼んだのはフルフレームの「Ride」。見た目からは普通のメガネとの違いはあまり分からない。今回、実際にツーリングに出かけてみたのだが、ヘルメットを被ってメガネを着用した瞬間から見える景色が違う!

着用して初めて「自分のメガネが見えていなかった」ということに気が付いたのだ。今まで見えていなかった部分は、無意識に首を上げるなどをして補っていて(そこのアナタもそうですよ!)、正しいライディングポジションで視界のすべてをとらえているわけではなかった……。

驚くのはこれだけではなかった。着用した瞬間は少し気になったツルの存在も、数分のうちに違和感がなくなり、ノーズパッドはずり落ちにくく、メガネ特有のわずらわしさもない。高速道路の道路標識なども中・遠距離を見えるように合わせているおかげで、認識がしやすく終始快適なツーリングだった。もちろんバイクを降りたときは言うまでもなく視界は良好だ。

正直ナメてた、“ライダー専用”メガネ。着用すれば、今までとは違うレンズ越しの世界がありますよ!

インプレッション

視界が広がり、より鮮明に!

乗車姿勢を取って上目づかいをすると、フレームが視界に入ってきて死角が多くなってしまう普通のメガネ。対してRide は、前傾になった状態でも見えるようにレンズの角度や位置を計算した状態で作られており、まるでメガネをかけていないかのようなクリアな視界を実現しているのだ。ほかにも、汗などでメガネがズレるのを防ぐノーズパッドを採用するなど、うれしい機能がたくさん

中~遠距離がより見やすく

ライダーは速い速度で走りながら、ワインディングや高速道路の道路標識や案内板などを見極め、情報を得ている。Rideは「中~遠距離を見る」ことを考えられて作られているため、それらの識別が非常にスムーズ!

出し入れがスムーズ

出し入れしやすいようにツルの形状が工夫されているため、スムーズな着脱が可能になっている。初めて付けた時は若干違和感があったものの、数分でその違和感は消え去り、着用していることを忘れそうになるほど

DATA
RIDING EYE WEAR Ride / Ride2.0 / Ride Evo
価格:2万1600円
カラー:マットブラック、シャイニーブラック、マットブロンズ、マットネイビー
※Evoはマットブラック、マットブロンズ、ソフトパープル、マットネイビー
セット内容:フレーム本体、メガネクロス、専用ケース

メガネの出し入れがしやすいようにツルの形状を専用設計するなど、ライダーのことを考えた工夫が随所にちりばめられている。ラインナップはフルフレームの「Ride」、ハーフフレームの「Ride2.0」、女性や小顔な男性用の「Ride Evo」の3種類

出張検眼「TRUNK SHOW」やってます!

本来なら、ダブルオーグラスギアが店舗を構える京都でなければ検眼が受けられない。しかし、遠方のライダーのために、定期的に出張検眼を開催している。全国各地のバイク用品店やバイクイベントなどで行っているので、メガネでお悩みのライダーはHPをチェック!


※イベント開催中はお店はお休みとなります。
※お休み期間中は電話はつながりません。