ツーリングを楽しむ全てのバイク乗りのためのWebメディア

BikeJIN

コバユリのバイクでお気楽アウトドア

お手軽外ごはんレシピ「はちみつ焼きりんご」

コバユリのバイクでお気楽アウトドア

バイクは自然とつながれる最高のツール!キャンプの話題を中心に、コバユリのお気に入りのモノ、コト、場所などを紹介しながら、バイクで楽しむアウトドアライフをゆるゆると綴ります。みなさまのアウトドアライフにも役立つネタがありましたらぜひご活用くださいませ♪

キャンプでもスイーツ派!

キャンプのお楽しみは人それぞれ。とはいえ、「好きなものを好きなように調理して好きなだけ食べる」やっぱりこれは外せないでしょう!!

とりわけソロキャンプなら、どんなに偏食しても誰に咎められることなく欲望に溺れることができます。肉、肉、野菜? いやむしろずっと肉! なんてね。あぁ贅沢。

かくいう私は、道の駅などで地場野菜を見つけて買い込むことも好きなので、わりとバランスのとれたキャンプごはんを食べているような気がしますが、ひとつだけ、暴走が止められなくなる食べ物があります。それは、スイーツ!

焚き火にあたりながら、お気に入りのコーヒーや紅茶を淹れて、甘いものをお口いっぱいに頬張る夜は最高です。星空の下で食べられるならばコンビニスイーツだってご馳走ですが、せっかくのキャンプなので、火を使って、料理が苦手な人でも簡単に作れるスイーツのレシピを紹介します。

はちみつ焼きりんご

はちみつ焼きりんご

材料をフライパンに並べたらふたをして火にかけるだけ。赤ワインでフランベしたり、アイスで飾ったりとアレンジ自在で、何度でも飽きない美味しさが楽しめます。

< 材料 >(1人分)

□ りんご … 1/2個
□ バター … 10g弱
□ はちみつ … 適量
□ クリームチーズ … 適量
□ シナモン … 適量

< 作り方 >

芯を取り、皮付きのまま薄切りにしたりんごを渦巻き状に並べる。

1. 芯を取り、皮付きのまま薄切りにしたりんごを渦巻き状に並べる。
2. りんごの上からバターを散らし置き、はちみつを回しかけて、フタをして中火で5分加熱する。(※)
3. ときどきフタを開けてみて、りんごからたっぷりと汁が出てグツグツと煮えているのが確認できたら、フタをとって強火で煮詰めて汁にこんがり焦げ目をつける。
4. 火を止めてクリームチーズをのせフタをして余熱でチーズがやわらかくなったらシナモンをふる。

※テフロン加工などがされていないクッカーを使う場合は、バターをクッカーの底に塗ったり散らし置いたりしたほうが焦げつきにくくなります。

あったかスイーツは女子モテ度も大!?

自分へのご褒美に作って心ゆくまで食べるのも幸せの極みなのですが、お口の中でトロッととろけて体もほっこり温まる、そんなあったかスイーツを食後に作ってくれるキャンプ男子がいたらかなりポイント高し!

落としたい女の子がいるアナタ、いかがですか? コバユリ的にはりんごの種類は紅玉かジョナゴールドがおすすめですよ。検討を祈る!

小林夕里子(コバユリ) ライフスタイルエッセイスト

「日々の暮らしをよりアクティブ&ナチュラルに。」をテーマに執筆するエッセイスト。寄稿やメディア出演などを通じて、こと”オートバイのある暮らし”の喜びを女性の視点から発信している。執筆歴は十年余り。
北は北海道、南は沖縄の離島まで日本中をバイクで旅して回り、ときに海外へもアクセルを開けて、愛すべき人々、自然、アウトドア、食、乗りものなど、バイク旅だからこそ全身で受け止められたかけがえのない出逢いの数々をエッセイに綴っている。
同時に、女性ライダーが発信するアウトドアブランド「nomadica」(ノマディカ)と、北軽井沢のキャンプ場「アースマイルビレッジ」のプロデュースも手がけ、”コトバ” ”モノ” ”コト” ”フィールド” を通じて、アクティブ&ナチュラルなライフスタイルをマルチに発信中。(公社)日本アロマ環境協会認定アロマテラピーアドバイザー。

【web】
<コバユリ>
    

<nomadica>