ツーリングを楽しむ全てのバイク乗りのためのWebメディア

BikeJIN

エアバッグシステム

読み:えあばっぐしすてむ

エアバッグシステム

事故の際、瞬時に作動し、衝撃から乗り手を守る空気バッグ。クルマ用では1990年代半ばから一般化したが、バイク用は普及が遅れた。まず1990年代末にエアバッグ付きのジャケットが欧州で市販化。車両本体には2007年モデルのホンダ・ゴールドウイングに世界初搭載された。ウェア型はワイヤーでバイクとボンベを結び、ワイヤーが外れるとエアバッグが膨らむタイプのほか、センサー作動式もある。

関連用語

用語検索

カテゴリで探す