ツーリングを楽しむ全てのバイク乗りのためのWebメディア

BikeJIN

多角形コーナリング

読み:たかっけいこーなりんぐ

コーナーを曲がっている途中で先が回りこんだきついカーブになっているのがわかったときなどに有効な、コーナーの途中で向き変えしなおすテクニック。先がきつくなっていたら、軽くフロントブレーキをかけてバイクを起こし、きつくなっているカーブがはじまるところでコーナー進入時と同じように再びリーンをして、改めて向き変えをする。これを何度も繰り返せば、どんなカーブにも対応できる。

関連用語

用語検索

カテゴリで探す