ツーリングを楽しむ全てのバイク乗りのためのWebメディア

BikeJIN

舵角

読み:だかく

ハンドルまたはタイヤの切れ角。ハンドルを切ることでつくステアリング軸の角度を「操舵角」、実際にフロントタイヤにつく角度を「実舵角」と言う。両者には違いがあり、バンクしていない状態だと操舵角より実舵角が小さくなり、前輪には傾き(キャンバー角)がつく。一方、バンク角が深くなるほど操舵角より実舵角の方が大きくなる。つまり、ハンドル切れ角が小さくても、よく曲がっていく。実際はハンドルが切れて初めて曲がるのだが、コーナリング中はハンドルを操作して舵角をつけるのではなく、車体をバンクさせて自然に舵角をつけるのがセオリーだ。

関連用語

用語検索

カテゴリで探す