ツーリングを楽しむ全てのバイク乗りのためのWebメディア

BikeJIN

バネ下重量

読み:ばねしたじゅうりょう

サスペンションのスプリングよりも下側にある部品(タイヤ、ホイール、アクスル、ブレーキなど)の重量。軽いほど、タイヤは路面に沿って動き、振動も伝わりにくいため、ハンドリングや乗り心地が向上する。バネ下重量を軽減する手法として、ホイールの軽量化が定番だが、純正より大きくホイール重量が変わる場合は、サスペンションの再設定が必要。ちなみに、エンジンやボディなどは「バネ上重量」と呼ぶ。

関連用語

用語検索

カテゴリで探す