ツーリングを楽しむ全てのバイク乗りのためのWebメディア

BikeJIN

セルフサーボ効果

読み:せるふさーぼこうか

ディスクブレーキは、パッドがローターに当たり摩擦熱が発生して、パッドとローターの温度が上昇してから効き出す。ブレーキのかけはじめでは、パッドもローターも働く温度になっていないため、ほんの一瞬ではあるが、効きがよくないのはこのため。もっとも効く温度になってからは、効きは一定になる。この特性により、ブレーキをかけた瞬間にタイヤやサスペンションに一気に負担がかかることなく、コントロールしやすくなっている。

関連用語

用語検索

カテゴリで探す