ツーリングを楽しむ全てのバイク乗りのためのWebメディア

BikeJIN

Lツイン

読み:えるついん

Lツイン

V型2気筒エンジンの一種。前後シリンダー角を90度とし、前側シリンダーを水平に配置にしたユニットを指す。横から見るとL字に見えることが名前の由来。ドゥカティが1970年代に開発し、レースで活躍するなど同社のシンボルとも言える。バランサーなしでも1次振動が理論上ゼロとなり、エンジン前後長を抑えつつ低重心になるのがメリット。一方、後側シリンダーが直立するので車体設計のレイアウトに制約が生まれる。

関連用語

用語検索

カテゴリで探す