ツーリングを楽しむ全てのバイク乗りのためのWebメディア

BikeJIN

cardo(カルド)

[インカム]用途に合わせたインターコムラインナップ!cardo(カルド)FREECOM Series

Promotion

カルドにはパックトーク・ボールドのほかに「フリーコム」という3モデルをラインナップしている。
いずれも従来のブルートゥースを利用したインターコムで、厚みわずか16㎜という防塵防水ボディや
パワフルでハイレベルなサウンドにスマホからインターコムの操作ができるアプリ対応など
高いレベルの基本性能のうえで、使い方に応じた機能をチョイスすることができるのだ!

問い合わせ
岡田商事
TEL:03-5473-0371
http://cardosystems.jp/

【シングル】便利に楽しく走りたい!

ソロで走るときにも音楽やナビの音声案内を聞くといった、バイクのオーディオシステムとしてインターコムを利用するライダーのためのモデル。ほかのインターコムとの接続機能は持たないが、マイクを備えているためスマートフォンで電話の発着信はもちろん、ボイスチャットアプリを通じて仲間と会話することも可能だ。
リーズナブルな価格が魅力のベーシックモデルだが、大型スピーカーやIP67の防水防塵性能などは上位モデルと変わらない。

cardo FREECOM 1
価格:1万7280円
サイズ:47×74×16 ㎜
本体重量:35g
最大通話可能人数:―
通信距離:―
連続使用時間:13時間
防水仕様:IP67

【タンデム】ペアリング済みですぐに走り出せる!

タンデムで走行中にライダーとパッセンジャー間での会話に使うといった、主に2人で利用するために適したミドルレンジモデル。音楽やナビ音声を聞きながら会話ができる「オーディオパラレルストリーミング」機能や、音楽をもう一人の相手と共有できる「ミュージックシェアリング」機能は、タンデムでとても役に立つ。
他社インターコムとの接続機能を備えているため、他社ブランドとのタンデムでももちろん使うことができる。

cardo FREECOM 2
価格:2万520円(シングル) 3万8988円(デュオ)
サイズ:47×74×16 ㎜
本体重量:35g
最大通話可能人数:2 人
通信距離:タンデム
連続使用時間:13時間
防水仕様:IP67

【マスツーリング】仲間とアクティブに楽しみたい!

4人までのグループ通話が可能なフリーコムシリーズのトップモデル。最大1.2㎞のインターコム通話が可能で、4台までのグループツーリングなどでバイク間の会話に使うことが可能。
カルド独自の「Clickto-Link」機能を使えば、周囲にいるカルド製インターコムと自動的にペアリングして通話することができる。DMC機能こそ持たないがそれ以外の機能と性能は、パックトーク・ボールドに勝るとも劣らない実力を備えている。

cardo FREECOM 4
価格:3万240円(シングル) 5万7456円(デュオ)
サイズ:47×74×16 ㎜
本体重量:35g
最大通話可能人数:4 人
通信距離:1.2㎞
連続使用時間:13 時間
防水仕様:IP67

複雑なボタン操作は必要なし。用途に合わせたラインナップ!アプリでブルートゥースが「見える」!

カルドのインターコムが持つ多彩な機能を、本体のボタンだけで使いこなすのはレベルが高い。そこでオススメしたいのが、カルドが提供しているスマートフォンアプリ「カルド・コネクト」
インターコムの複雑な設定も、画面を見ながら進めれば簡単でスピーディ!スマホをハンドル周りに付けておけば、インターコムの操作パネルとしても使える。

【ペアリング】他メーカーでもラクラクつながる!
インターコム同士のペアリングもアプリを使えばとても簡単。ペアリングしてあるメンバーを個別に呼び出す際にも、一覧から選んで会話を始められるのでとても便利だ。また、ユニバーサル接続のインターコムもアプリからペアリングできる。 ペアリングする際に、アプリから周囲のブルートゥース機器をサーチしただけだと、デフォルトの記号や数字で表示される。そのままだとインターコムやスマホを区別しづらいので、分かりやすい名前にリネームしておくといいだろう

簡単シェアリング!
スマホ内の音楽の再生やインターコムのFMラジオの操作も可能。FMラジオではメモリーの設定で直接周波数の数字が入力可能だ。画面上のシェアボタンを押せば、仲間と音楽やラジオを共有できる

最大4件まで登録可能!
短縮ダイヤルとして4件の通話先を登録することができる。通話先には宛名を付けられるため、一目で区別がつく。呼び出しは一覧から選んでタップするだけと簡単だ。もちろんこの画面からリダイヤルなどの操作もワンタッチでできる

同アプリはインターコムの操作パネルにもなる。スマホをハンドル周りに取り付ければ、インターコムを直感的に操作可能

夜は眩しくない夜間モードもある

カルドのインターコムは、いずれも専用のアプリ「カルド・コネクト」に対応しているのも大きな魅力となっている。
インターコムのペアリングリストの管理をはじめ、「DMCモードのメンバー設定」「ブルートゥース接続先の切り替え」など、インターコム単独ではなかなか操作しづらい各種設定を、アプリの画面で確認しながらできるのだ。また、スマホをハンドル周りに取り付けてアプリを起動しておけば、インターコムの操作パネルとしても機能する。インターコム、電話、音楽、FMラジオの機能切り替えや、電話帳の操作、ラジオ局の選択などが直感的に操作できる。
また、夜は画面の色味を暗色系にする夜モードもあるなど、とても使いやすいアプリだ。