ツーリングを楽しむ全てのバイク乗りのためのWebメディア

BikeJIN

元新聞記者が行くオーストラリア1周記

【第二話】グレートオーシャンロードを抜けアデレードへ

初めまして!合田紘之と申します。
愛車のアフリカツイン750で世界中を走る夢を叶えるため、30歳を目前に新聞記者を辞めて、第1弾として2017年12月からオーストラリア一周を始めました。
オーストラリアはカンガルーが飛び出してきたり、世界中のライダーと交流できたりなど、日本では想像もつかないことが沢山あって面白い!
退職したばかりで足が地に着いてない状態で、バイクにまたがっても身長が低くて足が地に着かない状態ですが、海外ツーリングが日本人ライダーにとって少しでも身近なものと思えるように魅力を伝えていきます!

有名な観光道路"グレートオーシャンロード"

メルボルンから南西に100kmあまり進むと「グレートオーシャンロード」という全長200kmにも及ぶ海沿いの道のスタート地点にたどり着いた。宝石のように淡く澄んだ青い海を臨みながら走行することができるオーストラリアの中でも有名な観光道路だ。

海沿いの道でありながら山間部を通ることも多く、ワインディングがひたすら続く。
ケープオタウェイという岬に続く、ユーカリに木に覆われた道を通っていると、林の中から何やら灰色の影が見えた。野生のコアラだ。ユーカリの枝の上で休み、時折眠たそうにしながらも葉っぱを食べている。毛もフサフサでなんともかわいい。妻と一緒に写真撮影に夢中になった。
この辺ではコアラは珍しくないようで、バイクを運転しながらでも10匹以上のコアラを発見することができた。

枝の上で休憩するコアラ

さらに西に進むと、横目に見る海岸が断崖絶壁になってきた。その先には十二使徒と呼ばれる高さ50mほどの岩が立ち並ぶ観光スポットがあり、休憩がてら立ち寄ることに。
海面から塔のように伸びる数々の岩はまさに絶景。オーストラリアの自然の偉大さを体感させてくれる道だった。

多くの観光客でにぎわっていた「十二使徒」

至る所にキャラバンパーク

オーストラリアでツーリングする上での魅力のひとつはキャラバンパークの存在だ。この国では休日にキャンピングカーやトレーラーハウスをけん引して旅行をする文化があるため、専用のキャンプ場のような施設が至る所にある。
テントの場合は料金の相場は一人一泊1000円~2000円といったところ。なかには無料の場所もある。ガスコンロや電子レンジ、シャワー、コインランドリーを備えた施設も多い。テントさえあれば予約しなくても宿泊できる場所がたくさんあり、私のような無計画なライダーにはうってつけの国だ。

キャラバンパークのテントサイト。テントにバイクを横付けできる場所が多い

キャラバンパークの場所がわかる地図や、スマートフォン向けアプリもたくさんあり、キャンプ好きのライダーであれば、日本と同じような感覚でツーリングすることができるだろう。

多くのトレーラーハウスが並ぶキャラバンパーク

サーフィンサンタを探して

キャラバンパークを転々としながらメルボルンから海沿いを1000km以上走り、12月24日に南オーストラリア州の州都であるアデレードに到着した。
この日はクリスマスイブ。よく日本のテレビでも見かけるサーフィンをするサンタクロースを探すため、続けて海沿いを走ることに。観光案内所のお姉さんにサーフィンサンタの写真を見せながらどこで見られるか尋ねてみると、「この写真はジョークよ。実在しないわ」と笑われた。それでも「サンタは実在する」と子供のような思いで、市街地近くのビーチを探していると、サーフィンはしていないものの水着姿にサンタの帽子をかぶった人たちを発見。
日本では決して体験できない真夏のクリスマスの光景を見られて大満足だった。

アデレードのビーチでクリスマスを楽しむ若者たち

レンタバイクの日本人ライダー

アデレードから300km北上し、ポートオーガスタという街のハンバーガー屋さんで休憩していると、駐車場に1台のBMWのバイクが止まった。
乗っていたのはなんと日本人。40代の男性で、年末年始の休暇を利用してレンタバイクで10日間かけてメルボルンからエアーズロックまで往復約6000kmを走るという。車種はR1200GSで、レンタル料金はパニアケースやトップケースも付いて1日およそ1万円と話していた。

後々調べてみると、オーストラリアの色んな都市でレンタバイクを行っている店があり、中には日本語対応の店もあった。輸送や購入の手間がないなんてなんともうらやましい。レンタバイクがもっと広く知られれば、日本人にとってオーストラリアツーリングが身近なものになるのではないか、と勉強させてもらえた出会いだった。

合田紘之(ごうだ ひろゆき)

1987年生まれの31歳。横浜市出身、札幌市在住。
18歳で二輪免許を取得し、法政大学在学中にバイクで日本を2周する。
その中で北海道が気に入り、2010年から7年間、北海道新聞の記者として札幌市や登別市、紋別市などで取材で駆け回っていたが、バイクで世界をツーリングするために退社。
身長は168センチで愛車のアフリカツイン750はやっと足が届く程度。英語は初心者レベルなので、世界の人たちとコミュニケーションをとるために日々奮闘中。

 ツイッター(@GodaAFRICATWIN)

 インスタグラム(@godaafricatwin)

 YouTube『GodaAFRICATWIN』