ツーリングを楽しむ全てのバイク乗りのためのWebメディア

BikeJIN

【ツーリングガイド】3.呼子朝市や波戸岬呼子は見どころが多い!

元気なお母さんたちとの会話が楽しい!

旅館「大望閣」で極上の一夜を過ごした翌日、もう少し呼子とその周辺を周ってみた。呼子で有名なのが呼子朝市だろう。朝8時ごろから朝市通りに出店が並ぶそうで、お母さん、おばあちゃんが海産物などを売っている。この朝市は100年以上続いている歴史を持ち、石川県の「輪島朝市」、千葉県の「勝浦朝市」とあわせて「日本三大朝市」と称されるほど。新型コロナウイルスの影響や平日ということもあり、お店の数も観光客も少なめであったが(その分、密ではない)、活気は十分。イカの一夜干しやサザエのつぼ焼きなどを見ていると、ガンガン勧められる。ここで気になったのが、顔ほどの大きさを持つ「いかプレスせんべい」(600円)。このせんべいを提供する呼子プレス商会は、以前は朝市通り沿いにあったそうだが、現在は呼子観光案内所付近に移転しているので、興味がある方はそちらに行ってみよう。これをパクついていると、ほかの観光客からどこでゲットしたのか声を掛けられたり、写真を撮られたので目立つこと間違いナシだ。

呼子大橋も一度、渡ってみるといいだろう。この橋を渡ると、加部べ島という小さな島にたどり着くが、ここは農業の島。畑を両サイドに1本の道が伸びるストレートも体験してみてほしい。

呼子から少し離れて、波戸岬に向かってみる。ここも絶対に立ち寄ったほうがいいスポットだ。ここには、サザエのつぼ焼きを販売する売店が立ち並んでいて、売り子はこの近所に住むお母さま方。料金はどのお店も同じで、店によっては多少メニューが違うが、融通は利く。今回、ボクが入ったお店ではアワビはなかったが、向かいの並びの店から持ってきてくれたのだ。ライバル関係と呼べなくもないが、ちゃん付けで呼び合う仲だから成せることなのだろう。で、サザエやカキは量が多いのに安い、そしてハンパなくウマい。元気なお母さんたちの笑顔を見に、ひやかしに行ってほしい!

呼子、波戸岬の次は、浜野浦の棚田を見たり、いろは島の光景を楽しみつつ、国道204号・2 02号でとにかく南下。有田焼で有名な有田町に入る。このあたりを走っていてよく目にするのが、焼き物の看板。器で有名な県・佐賀。気になる方はお店に入ってみるといい。割れ物をお土産にするのは気になるかもしれないが、自分の場合は厳重に包んでもらったので割れずに持ち帰ることができた。

 

大正時代から続く日本三大朝市呼子朝市

呼子の名物が呼子朝市。この朝市は100年以上続いてきた伝統があり、日本三大朝市にも数えられるもの。約200mある朝市通りには毎日30〜50軒の露天や店舗が並ぶというが、現在はコロナウイルス感染拡大の防止の観点からも出店の数は少なめな印象。
 
DATA

呼子朝市
佐賀県唐津市呼子町呼子朝市通り
TEL:0955-82-3426(呼子観光案内所)
営業時間:7:30~12:00
定休日:元旦

 

断崖絶壁にある国の天然記念物七ツ釜

呼子観光で有名なのがこの七ツ釜。国の天然記念物にも指定されており、玄武岩がその波の荒々しさで知られる玄界灘の荒波にさらされ浸食されてできたという景勝地だ。断崖は深くえぐられ、その名の通り7つの洞窟が並んでいるのが特徴。遊覧船で見学できる。
 

イカや唐津Qサバなど呼子の旬を販売!呼子台場みなとプラザ

新鮮なイカやウニ、サザエ、アワビ、アジなどの魚介類をはじめ、野菜、特産物などを多数取り揃えている物産展。温泉施設「台場の湯」も併設する。
 
DATA

呼子台場みなとプラザ
佐賀県唐津市呼子町呼子1740-11
TEL:0955-82-3331
営業時間:9:00~18:00
定休日:不定
https://tairyousenka.jp/

野菜コーナーも充実しており、地元で採れた旬がズラリと並ぶ。この地域では「甘夏みかん」にも注目!

唐津Qサバを1500円で販売していた。+200円でさばいて提供してくれる。1匹単位なので量も多く、2~3人で挑みたい。
 

橋の向こうに沈む夕日が美しい呼子大橋

1989年(平成元年)に開通した呼子と加部島を結ぶ橋。ハープを並べたような美しい橋は、全長約728m。緩くカーブした橋を渡りながら、その全景を楽しめる。橋を渡った加部島には、風の見える丘公園や田島神社など見どころも多い。呼子大橋のたもとには遊歩橋もあり、足下は海!

河太郎呼子店の駐車場から呼子大橋を望む。真横から呼子大橋を見るなら、ここがオススメ。
 

突き抜けるストレート、まるで北海道!加部島の1本道

呼子大橋から加部島に渡ることができる。この加部島の真ん中を貫くのが写真の1本道。波打つような直線の1本道は、北海道を走っているかのような錯覚に陥るほど。この島は農業が盛んでのどかな農村風景が楽しめる。
 

呼子に行ったらセットで周りたい!波戸岬

呼子からすぐそこ、東松浦半島の最北端に位置するのが波戸岬。目の前には玄界灘が広がり、美しい夕日が楽しめる観光スポットだ。ここには元気なお母さんたちが売り子を務めるサザエのつぼ焼き売店が立ち並ぶ。

波戸岬は恋人の聖地に認定されており、オブジェもある。