ツーリングを楽しむ全てのバイク乗りのためのWebメディア

BikeJIN

ハーレーが切り拓くバイクの新時代 – LIVEWIRE –

Promotion

問い合わせ
ハーレーダビッドソンジャパン
TEL:0800-080-8080
http://www.harley-davidson.co.jp/

 


プロトタイプから大幅な変更が加えられた市販バージョンは
スポーツバイクの未来を見せてくれるのだろうか

近未来を感じさせる異次元の乗り味が魅力

ライブワイヤーはハーレーダビッドソン初のEVとして大いに話題となっているが、実は電動の本格的スポーツバイクとしても世界初の量産市販車でもある。

100年以上前に生まれ、モーターサイクルの形が定まる前からエンジン付きの二輪車を作り続け、新しい価値観を築いてきた。今でこそ普遍的なハーレーのスタイルが称賛されるが、革新のDNAを持つメーカーなのだ。

だからハーレーがまったく新しい電動バイクを発売するということは必然なのかもしれない。

しかしライブワイヤーはVツインの鼓動もなければ、ロー&ロングのクルーザーでもない。1000㏄のスポーツバイクに匹敵するパフォーマンスを秘めたバイクだ。そして、安全のための電子制御技術も詰め込んでいる。

デザインを担当したのは、スポーツスターファミリーの「ロードスター」を手掛けたハーレーのインダストリアルデザイナーのベン・マッギンリーさんだ。パワーユニットの存在感やタンクの造形などはハーレーらしい。

スイッチをONにするとモーターの音がかすかに「キーン」と聞こえる。走り始めると駆動系のメカノイズとタイヤのロードノイズ、そして回転を上げたモーターの音が混ざり合い、未来の乗り物の音がする。

この完成度の高さは、新時代のスタンダートといえるだろう。

 

充電システム

日本で流通している多数派の電気自動車と共通の充電システムなので、高速道路のサービスエリアや商業施設の充電スタンドが利用可能。ディーラーでは急速充電に対応。

 

ハーレーの電動モーター

電動モーターは水冷式で、シャシー底部に縦置きで配置される。その上には高電圧のリチウムイオンバッテリーを配置。冷却のための空冷フィンに覆われている。

 

走りの実力

モーターは最大トルクを瞬時に発揮できる特性を持つ。停止状態から時速100㎞まで、わずか3秒で到達する驚異の加速力を誇る。スポーツバイクとしての実力も相当高い。

 

カラータッチスクリーン

メーターは4.3インチのカラーTFT液晶で、スマートフォンと同様のタッチ操作が可能(停車中のみ。走行中はハンドルのジョイスティックで操作)で、電力消費量(バッテリー残量)も表示。ディスプレーユニットは見やすい角度に調整できる。

電子デバイスがライダーをサポート!
REFLEXディフェンシブライダーシステム

ドラッグトルク・スリップ・コントロール・システム

濡れた路面や滑りやすい路面で、減速時に後輪のスリップを抑える。スロットルを戻した際の回生ブレーキを調整し、ABSと連動して減速効果と操縦性のバランスを高める。
 

コーナリング・トラクション・コントロール・システム

加速時の後輪の空転を抑止するトラクションコントロール。雨天や路面状態の急激な変化、未舗装路での安全性を向上。コーナリング中も機能し、3段階のアシストレベルとオフも選択可能。
 

コーナリング・アンチロック・ブレーキ・システム

ブレーキ時にタイヤのロックを防いでスリップや転倒を回避するABS。コーナリング中は最新の6軸IMU(慣性計測装置)によってバンク角も考慮し、最適な制動力に制御。

ライドモード

SPORT

ライブワイヤーの性能を最大限に引き出すモード。パワー制限がなく、スロットルレスポンスも最速で、C-TCS の介入は最小に抑えている。
 

ROAD

C-ABS とC-TCS レベルを適度に設定し、日常で使いやすいモード。ガソリンエンジンに近いスロットルレスポンスを演出している。
 

RAIN

電子制御の介入レベルが高く、雨天時や滑りやすい路面に対応し、加速と回生を制限。バイクに慣れるのにも適した乗りやすいモード。
 

RANGE

適度なスロットルレスポンスと高く設定した回生レベルで、走行距離を最大限に伸ばす。省エネモードなので電池残量が少なくなれば推奨。
 

CUSTOM

パワー、回生、スロットルレスポンス、C-TCS のレベルをライダーの好みに設定できる。3種類まで作成して登録しておくことが可能。

日本でも予約注文スタート!

ライブワイヤーはアメリカ、欧州に次いで21年にアジア地区初となる日本への導入が決定した。まずは充電スタンドの設置や整備体制が整った一部のハーレー正規ディーラーでの取り扱いとなる。

DATA

LIVEWIRE
価格:349万3600円
モーター:H-D REVELATION ™
最高出力:75kW
最大トルク:11.6㎏ m
バッテリー:リチウムイオン 総電力量15.5kWh
充電プラグタイプ:急速充電=CHAdeMO 普通充電=J1772
充電出力:1400W
充電時間:急速充電=0-100% / 1時間、普通充電=0-100% / 12.5時間
最大航続距離:市街地=235㎞ 高速道路=152㎞
全長:2135 ㎜
ホイールベース:1490 ㎜
シート高:795 ㎜
車重:255㎏
タイヤサイズ:フロント=120/70-17、リヤ=180/55-17