ツーリングを楽しむ全てのバイク乗りのためのWebメディア

BikeJIN

【神戸っ子タモンのうまいもん好っきゃモン!】黒川温泉一旅館は湯気のようにあたたかい

その土地を深く知るには温泉と食が最短ルート

黒川温泉がいま「黒川温泉一旅館」というフレーズを掲げているのはご存じでしょうか。これは温泉街全体をひとつの宿のように楽しんでほしい、というもの。「温泉街がお宿だから、旅館はお部屋、道は廊下」だなんて、とってもユニークでわくわくする! でも、「知る人ぞ知る高級温泉地でなんでそんなことができちゃうんだろう?」と不思議でもあったんですよね。

その答えは意外な黒川温泉の歴史の中に。実はそのひと昔、4、50年ほど前までここは鯉こくなどを提供する半商半農の今よりずっと素朴な温泉地だったのだそうです。暇な時にはソフトボールをしたりと寄り合っていたという当時6軒の宿主さんたち。中から洞窟風呂など露天風呂を目玉に人気を博していく宿があらわれたといいます。「露天風呂の集まった温泉街にしよう」。そう計画をたてる際「露天が作れない宿のお客さんはうちの風呂に入ってもらえばいい」と宿同士で温泉を開放しあったのがいまの入湯手形の始まり。そして、この入湯手形によって黒川温泉は今の姿になっていったそうです。かわいくてお得な木札が急にたくましく見えたのでした。

このエピソードを聞かせて下さったのは御客屋の女将さん。浴衣生地をドレスに仕立てた装いが素敵で、このお話も黒川温泉一の老舗300年の歴史を物語る一族に脈々と受け継がれてきた一部……と思いきや。なんと女将、元々は観光関係にお勤めで縁あって女将になったという、言えば“外の人”だった人。なんか黒川温泉すごい。ただの高級温泉地じゃないぞ!

外の人といえば「第二村民」というこれまたユニークな企画も。これは黒川温泉を“ふたつめのふるさと”として「一緒に地域づくりをしませんか?」というプロジェクト。村民登録した人には村民証が発行され参加ごとにポイントが貯まったり温泉内での特典もあったりするみたい。まさに住んでいなくても地元民! こうやって新しいことや人を迎え入れられるのは入湯手形の逸話しかり、元々が皆で助け合って育ててきた黒川温泉だからこそ。素敵だなぁ。

黒川温泉は歩いて回れる範囲に整った里山の温泉郷。徒歩での散策こそ似合う場所、ということでレンタル浴衣に着替えてお散歩してみることにしました。バイクウエアからノリのきいた木綿の浴衣に袖に通し直した時の開放感ったら、ああ軽い気持ちが良い! その場所に合う衣装になれば、旅はますます深く楽しめるってモンです! 風向きで香ってくる硫黄の香りに、細い路地、ラムネを冷やす水がめの冷たさ……。日常から遠く離れた場所、だけどどこか懐かしい黒川温泉。私ますますファンになっちゃった!

やまびこ旅館
大露天「仙人風呂」が名物の宿。重厚な茅葺き屋根が出迎える。ライダーとしてなんともありがたいのが、大通りである国道442号からのアクセスが良いこと、さらに正面玄関前の旅館敷地内に広い駐車スペースがあることだ。黒川温泉中心地へは裏玄関から徒歩で散策可。小型~中型犬用のゲージ施設・犬用温泉まであり、愛犬家にも重宝される

DATA
やまびこ旅館
住所:熊本県阿蘇郡南小国町満願寺6704
TEL:0967-44-0311
日帰り入浴料金:500円
日帰り入浴時間:8:30~21:00
HP:http://yamabiko-ryokan.com/

どのお宿も商店もよく手入れされた濃色木の門構えが堂々と美しい。けれど下町のような親しみもあって、ほら、声をかけてくれた共同浴場からの帰り道という大きいお姉さん方とのお話の弾むこと。お一人は豆腐吉祥の大女将さんで、旅はご縁。翌日伺いました。ソーダ&地ビールは後藤商店さんで

黒川温泉のひと言メモ

日帰りでもOK!浴衣で散策のススメ
温泉街をお宿の浴衣で散策、これって宿泊ならではの風情。でも黒川温泉には日帰りの方も楽しめるレンタル浴衣(有料)も。黒川温泉べっちん館10:00~16:00。12月末までは【黒川♯ユカタキドリ】開催中で、浴衣レンタル+温泉+グルメで2000円。色柄は自分で選べます。帯はつくり帯

温泉地内の公共駐車場無料で利用できます
黒川温泉は温泉街の道路が狭く店先への駐車は不可能。道が入り組んでいて転倒等の危険性も。散策には駐車場を利用して下さいね。私が利用したのは浴衣レンタル施設にも近い、旅館組合事務所ふれあい広場。ここにはコインロッカーもありました。温泉に入る手前の新駐車場は150台収容

3露天の湯巡り札、黒川温泉の入湯手形
黒川温泉でコレを利用しなきゃ絶対ソン! 1枚1300円で黒川温泉の旅館のうち好きな3軒の温泉に入ることができる「入湯手形」。温泉街内の加盟店で提示すれば割引等の特典もあり。小国杉の間伐材を使った地元の方たちの手作り品だって。記念にもイイネ。こども用700円。半年間有効

オススメ日帰り温泉

御客屋
創業300年の歴史を持つ老舗旅館。写真の露天風呂「代官の湯」のほかにも、露天「古の湯」や内湯「姫肌の湯」でも日帰り利用が可能だ。歴史の香る宿で、自然に包まれながら極上の湯あみを楽しみたい
DATA
住所:熊本県阿蘇郡南小国町満願寺6546
TEL:0967-44-0454
日帰り入浴料金:600円
日帰り入浴時間:8:30~21:00(最終受付20:30)
HP:http://www.okyakuya.jp/

黒川荘
黒川温泉下手に建ち、渓流沿いののどかな風景の中にある温泉宿。日帰り入浴は「きり湯」(写真)や「たけ湯」が楽しめる。天然の巨岩「びょうぶ岩」や周りの自然が見せる四季折々の風情を楽しみたい
DATA
住所:熊本県阿蘇郡南小国町満願寺6755-1
TEL:0967-44-0211
日帰り入浴料金:600円
日帰り入浴時間:10:30~21:00(最終受付20:30)
HP:http://www.kurokawaso.com/