ツーリングを楽しむ全てのバイク乗りのためのWebメディア

BikeJIN

インディアン・スカウトの100周年モデル


その車名が初めて使われてから、ちょうど100周年
伝統あるアメリカンブランドのインディアンは
活動を休止していた時代を除けば
ほぼすべての歴史をスカウトと一緒に歩んできた
限定販売されるスカウトの100周年記念車は
我こそが真のインディアンであると主張するかのような
極めて強烈な存在感を放っている
しかし、最初のスカウトがそうであったのと同じように
速さや扱いやすい操縦性も併せ持っていて
気軽にツーリングできるモデルでもあるのだ!

問い合わせ
ポラリス ジャパン
https://www.indianmotorcycle.co.jp/

特別な装備をまとったインディアンの象徴

米国モーターサイクルブランドのインディアンは、1901年に二輪メーカーとして歩み始めた。1920年には初代スカウトを発売。このモデルのヒットにより、アメリカでバイク人気に火をつけたという。じつはこのとき、まだインディアンという社名は使われておらず、「インディアン・モーターサイクル・カンパニー」を名乗るのは1923年のことだが、いずれにせよスカウトというバイクの誕生からじつに100周年を迎えたことになる。

これを記念してインディアン社は、現行型スカウトをベースに専用装備を施した特別仕様車を設定。世界限定750台が販売され、日本でも展開される。

750台という数字は、初代登場からしばらく経過した1927年に発表され、翌年からスカウトの市販車に使われて数々の伝説を生んだエンジンの排気量にちなんでいる。それまで600㏄だった空冷Vツインは、この年に750㏄まで排気量が高められたのだ。

この100周年記念モデルは、初代スカウトが持っていた雰囲気を取り入れ、現代的な解釈を加えながらデザインされている。前後ホイールはクラシカルなワイヤースポークタイプで、後端が車体に接していない本革製ソロシートと、クローム処理が美しいリヤキャリアを装備。ブリッジ付きでワイドなビーチバーハンドルを採用し、当時のトレードマークだったレッドの塗色をまとい、各部にゴールドカラーの装飾やクローム処理が施されているのが特徴だ。

また、エンジン右側のインジェクションカバー部には、100周年記念スペシャルモデルの証であるロゴを配置。現行型スカウトシリーズでもっともクラシカルで、オリジナリティあふれるモデルに仕上げられている。

排気量1133㏄のパワフルな水冷Vツインエンジンや、これをリジッドマウントする3パート分割構造のアルミ製フレームは、基本的にはシリーズ共通の構成。100年前の初代をモチーフとしたことでクラシカルな雰囲気はかなり増したが、じつはこう見えてかなり高性能かつ現代的だ。

そしてこの構成であることが、スタイリングだけでなく走りにも魅力を授ける要因となっている。

静かに走れるけど開ければめちゃ速い

ロー&ロングボディには、なんと言うか〝塊感〞のようなものがあり、初めて対峙するときはやや身構えさせられる。しかし実際には、重心の低さや安定感などに助けられて押し引きは意外と軽く、267㎏という車重を感じさせない。シート高は約700㎜と低く、しかもシート前方が細いので、身長167㎝でも両足の裏がべったり着き、さらに膝が軽く曲がる。

発進してまず感じるのは、ブ厚い極低回転域トルク。2000回転くらいかそれ以下でも、市街地を普通に走り抜けられる。このとき、水冷Vツインのエンジンは非常におとなしく、いわゆるパルス感(鼓動感)はかなり薄い。

しかしこれは、このバイクに備わる性格の一部にすぎない。使用する領域を3000〜4000回転あたりまで上げると、今度は一気にパルス感が強調され、荒々しい雰囲気に。このほうが、このモデルのルックスやイメージにより似合う感じがある。

ただしこのエンジン、それで終わりではない。スロットルを大きく開け7000回転まで使い切ると、荒々しいパルス感はそのままに、今度は驚きの加速力をもたらす。ステップがシートに対してかなり前側にあるフォワードコントロールのライディングポジションでこの加速は、かなり強烈な印象。こう見えてスカウト、速い!

一方で、車体の大きさやハンドル形状などから、気難しさもあるかもと想像していたハンドリングは、拍子抜けするほど素直。中高速域でクルージングしているときだけでなく、低速域でもイージーに扱える。そういうバイクじゃないと分かっていても、ついスポーティに走らせたくなるほど……。

短いリヤサスペンションはあまりストロークせず、本来なら乗り心地が悪そうなのに、それをまるで感じさせないのが不思議。これなら、短距離のクルージングだけでなく、爽快なツーリングに連れ出してみても楽しそうだ。

初代スカウトは、速さと乗りやすさで多くの支持を集めたという。その100周年を記念する特別なモデルは、スタイリングイメージだけでなく走りの特徴まで、じつは初代から継承されていた。なんだか、とてもオシャレである。

世界で限定販売750台というレアモデル!

1920年型の初代スカウトを現代的に解釈しながら確立された外観は、とにかく美しく、威風堂々としていて、見る者を魅了する。乗っても楽しいモデルだが、まずはこのカッコよさが大きな魅力!

旅できるキャリア付き

ソロシートと組み合わせて、リヤキャリアを装備。初代スカウトは車体色と同じく赤く塗られていたが、記念モデルはクロームで質感を高めてある。もちろん、実用にも対応する

本革のソロシート

ハイクオリティな雰囲気の本革製ソロシートは、クラシカルなサドルタイプ。ハードなつくりだが、そのおかげでエンジンのパルス感がライダーに伝わりやすく、レトロな乗り味を高めるという効果にもつながっている

ビーチバーハンドル採用

ブリッジ付きビーチバーハンドルは、100周年記念車専用装備のひとつ。かなりワイドで、シートに対してグリップ位置は遠めだ。メーターパネルは車体色と合うデザイン。液晶部にはエンジン回転数も表示できる

黒リムのスポークタイプ

前後ホイールはワイヤースポークタイプ(標準仕様はアルミキャスト)。前
後フェンダーはディープなデザインで、レトロにまとめてある

車体剛性は高い

フレームだけでなくスイングアームもアルミ製。リヤツインショックは、シ
ンプルな造形だがプリロードの無段階調整ができる。後輪駆動はベルト式

ゴールドのピンスト

レッドの車体塗色にゴールドのメーカーロゴとピンストライプは、1920 年代のスカウトに使われていた組み合わせ。横からだと丸みがあり、上から見ると角ばった雰囲気の燃料タンクは、現行型スカウト共通の特徴

記念バッジ&クローム仕上げ

排気量1133㏄の水冷Vツインエンジンを搭載。右側のインジェクションカバーには「Scout 100years est.1920」のバッジ状記念ロゴが配されている。現行型スカウトは、バリエーションごとにエンジン周辺のクローム処理が差別化されているが、100周年記念車はクローム多めだ

迫力のツインマフラー

スロットルをワイドオープンしたときには官能的な音色を響かせるマフラー
は、車体右側2本出しのデザイン。こちらもクローム仕上げで美しい

エンジンは高性能

最高出力は100馬力に迫りクルーザーとしてはパワフル。レトロな外観だが
フレームはアルミ製だ。ステップはフォワードコントロールタイプ

DATA

Indian Motorcycle Scout 100th Anniversary Edition

価格:192万円
エンジン:水冷4st.V型2 気筒1133 ㏄
最大トルク:9.9㎏ -m/5600rpm
全長:2327 ㎜ 全幅:1029 ㎜
全高:1076 ㎜ 軸距:1575 ㎜
シート高:708 ㎜ 車重:267㎏
燃料タンク容量:12.5?
前輪サイズ:130/90B16
後輪サイズ:150/80B16
カラー:インディアンレッド