ツーリングを楽しむ全てのバイク乗りのためのWebメディア

BikeJIN

ユーラシア大陸横断 スイス編 アルプス山脈の景色を満喫

目指せユーラシア大陸横断

こんにちは!合田紘之(@GodaAFRICATWIN)と申します。
バイクで世界中をツーリングするために新聞記者を辞め、2017年の末から2018年の2月までのオーストラリア一周の様子はBikeJINWEBで連載させていただきました。
今回は第2弾。ロシア極東からヨーロッパ西部までユーラシア大陸の約4万kmを横断します!

スイスに入国

ドイツからオランダ、ベルギー、ルクセンブルク、リヒテンシュタインを通って7月26日にスイスに入国した。
スイスといえば日本のアニメ「ハイジ」でも有名なアルプス山脈。マッターホルンを見るためにトレッキングしたり、実際に山脈を越えてイタリアに入国するなど、険しい雪山と緑に囲まれ、どこを写真におさめても絵葉書にできてしまうような景色を満喫した。

チューリッヒの国立博物館で開かれていた日本のアニメのハイジ展

スイス連邦
人口約787万人
面積約4万1000平方km
首都ベルン
公用語ドイツ語、フランス語、イタリア語、ロマンシュ語
通貨スイスフラン

山岳鉄道にバイク積載

妻の夏休みに日本からスイスに来てもらい合流。タンデムでチューリッヒからマッターホルンの麓であるツェルマットを目指した。
スイスでは山が険しく冬は車での走行が困難なせいか、道路の行き止まりに駅があり、車ごと列車に載せてトンネルを走り山を回避する区間がある。
ちなみにバイクや自転車の場合は客室みたいな部屋に積んで、自分でロープで固定するという仕組みだ。
ヨーロッパでは都市部でも当たり前にように自転車を列車に載せる光景を見るが、まさかバイクまで列車に載せるとは。なかなか面白い体験をした。

スイスの山岳カートレイン
山岳列車でバイク輸送

マッターホルンへ

テッシュという街のキャンプ場を拠点にし、そこから列車でツェルマットまで行きトレッキングを開始。
真夏だというのに周りは雪山だらけだ。少し肌寒いような気温だが、日差しが強く、長袖を着ていたら汗だくになってしまう。
歩き始めはマッターホルンに雲がかかっていたが、トレッキングの最中に約30分間だけ雲の切れ目から拝むことができた。
ツーリングもそうだが、トレッキングも天気に楽しさが左右されてしまう。今回はなんとかマッターホルンを見るという目的を達成できて安堵した。

ツェルマット周辺をトレッキング

雲の切れ目から姿を見せたマッターホルン

アルプスを越えイタリアへ

妻の帰国後、イタリアに向かうため再びアルプス山脈へ向かった。通ったのはグラン・サン・ベルーナという峠で標高2500mほど。
学生時代から憧れであったバイクでのアルプス越えをついに達成。と言っても道自体はごく一般的な峠道で険しいわけではないのだが。
それでもゴツゴツした岩山のふもとの花畑にカウベルをまとった牛がいる風景はアニメの世界そのもの。これぞアルプスという景色に出会うことができた。

アルプス山脈をツーリング

カウベルをまとった牛たち
スイスのアルプス山脈をツーリング

合田紘之(ごうだ ひろゆき)

1987年生まれの31歳。横浜市出身、札幌市在住。
18歳で二輪免許を取得し、法政大学在学中にバイクで日本を2周する。
その中で北海道が気に入り、2010年から7年間、北海道新聞の記者として札幌市や登別市、紋別市などで取材で駆け回っていたが、バイクで世界をツーリングするために退社。
身長は168センチで愛車のアフリカツイン750はやっと足が届く程度。英語は初心者レベルなので、世界の人たちとコミュニケーションをとるために日々奮闘中。

 ツイッター(@GodaAFRICATWIN)

 インスタグラム(@godaafricatwin)

 YouTube『GodaAFRICATWIN』