ツーリングを楽しむ全てのバイク乗りのためのWebメディア

BikeJIN

ユーラシア大陸横断 ノルウェー編③ 美しくも厳しい北欧

目指せユーラシア大陸横断

こんにちは!合田紘之(@GodaAFRICATWIN)と申します。
バイクで世界中をツーリングするために新聞記者を辞め、2017年の末から2018年の2月までのオーストラリア一周の様子はBikeJINWEBで連載させていただきました。
今回は第2弾。ロシア極東からヨーロッパ西部までユーラシア大陸の約4万kmを横断します!

美しくも厳しい北欧

ノルウェーをはじめ、フィンランド、スウェーデン、デンマークの北欧は自然にあふれてバイクでツーリングするには最高の場所だった。でも物価は日本の倍以上の費用がかかるものもあり、旅をするには大変な部分も。今回は僕が感じた北欧ツーリングの良かった点、悪かった点を紹介する。

絶景

なんと言っても絶景。この一言に尽きる。フィンランドでは至る所に湖があり、ノルウェーでは海が入り組んだフィヨルド地形がある。森林や山、水辺を見ながらひたすらツーリングを楽しめめ、さらにトナカイなどの動物も見ることができる。
フィンランドはサンタやムーミンなどの発祥の地でもあり観光も楽しめる。

フィンランドの林

ノルウェーの山間部

フィンランドにあるサンタ村

トナカイ飛び出し注意の看板

キャンプ天国

涼しい気候のせいか、夏場はヨーロッパ各地からバイクやキャンピングカーが訪れている。日本でいう北海道のような位置付けなのかもしれない。
公式のキャンプ場ではなくても人に迷惑がかからないところであればキャンプも黙認されており、泊まる場所には困らなかった。
治安もよく、近くに他のキャンパーがいることで安心してキャンプをすることができた。道端の駐車場でキャンプをしているのにキャンピングカーの旅行者と飲み会が始まるなんてことも。

ノルウェーの道路脇の駐車場でキャンプ

ノルウェーの公園でキャンプ

物価が高い

北欧には約2週間滞在。ほとんど野宿か人の家に泊めさせてもらい、食事は自炊し、そこまでお金はかからなかった。
それでも唯一宿泊したキャンプ場は2500円。他のヨーロッパの地域に比べると2倍の値段だ。
北欧の中でも特に物価の高いノルウェーでは、ガソリンは1リットル200円以上、缶ジュースは400円、ポテチも400円以上。日本で100円で売ってそうなボールぺンが1本750円もしていた。

このボールペン、一本750円もする。

ノルウェー産タラコのチューブ。200円以下で購入でき唯一安く手に入った食料だ

滞在することが苦痛に

物価が高くスーパーに立ち寄ってもジュースもお菓子も買えず。
正確に言うと買えない訳ではなく、日本の数倍の料金を支払うことに抵抗があった。
そうなると我慢の連続。食べたいけど我慢。飲みたいけど我慢。シャワー浴びたいけど我慢。
いつしか北欧にいることが辛くなり、早く抜け出したくなっていた。
北極圏では白夜で滞在期間中によるでも暗くなることがなく、キャンプする身としては辛い部分もあった。
最初は勢いでノールカップ岬まで行ったが、そこから北欧を抜け出すには約3000km走る必要があり、辛いと思い始めてからも中々北欧を出ることができなかったのもさらに辛い思いをすることになった。
それでも景色と人の温かさは素晴らしいので、いつかまた北欧に来たいと思う。

北極圏のスタート地点

合田紘之(ごうだ ひろゆき)

1987年生まれの31歳。横浜市出身、札幌市在住。
18歳で二輪免許を取得し、法政大学在学中にバイクで日本を2周する。
その中で北海道が気に入り、2010年から7年間、北海道新聞の記者として札幌市や登別市、紋別市などで取材で駆け回っていたが、バイクで世界をツーリングするために退社。
身長は168センチで愛車のアフリカツイン750はやっと足が届く程度。英語は初心者レベルなので、世界の人たちとコミュニケーションをとるために日々奮闘中。

 ツイッター(@GodaAFRICATWIN)

 インスタグラム(@godaafricatwin)

 YouTube『GodaAFRICATWIN』