ツーリングを楽しむ全てのバイク乗りのためのWebメディア

BikeJIN

ポーランド編① 初代世界遺産、ヴィエリチカ岩塩坑

目指せユーラシア大陸横断

こんにちは!合田紘之(@GodaAFRICATWIN)と申します。
バイクで世界中をツーリングするために新聞記者を辞め、2017年の末から2018年の2月までのオーストラリア一周の様子はBikeJINWEBで連載させていただきました。
今回は第2弾。ロシア極東からヨーロッパ西部までユーラシア大陸の約4万kmを横断します!

ユーラシア17カ国目のポーランド

ユーラシア17カ国目のポーランドでは、世界遺産登録第一号の一つであるヴィエリチカ岩塩坑を観光した。

ヴィエリチカ岩塩坑

ポーランド共和国
人口約3840万人
面積約31万2600平方km
首都ワルシャワ
公用語ポーランド語
通貨ズウォティ

2日間で5カ国

6月24日にハンガリーを出国し、スロバキア、オーストリア、チェコを通過して、25日にポーランドに入国した。2日間で5カ国を巡ったことになる。
ヨーロッパは面積が小さい国が多いし、シェンゲン協定によって国境審査がないことで、簡単に複数の国に行くことができてしまう。
ちなみにスロバキアとオーストリアはEUの共通通貨のユーロ導入国。今後は国境審査だけではなく、両替する機会も少なくなりさらに便利になるだろう。

ヴィエリチカ岩塩坑

ヴィエリチカ岩塩坑は1000年近く前から1996年まで稼働していた岩塩の採掘坑。深さ327m、全長300km以上という巨大な岩塩坑だ。
1978年に初めて世界遺産に登録された12件のうちの一つ。今では世界遺産は1000件以上登録されているが、当時からその価値が認められていたということだろう。

全てが塩の世界

岩塩坑を見学するにはツアーに申し込む必要があるので現地で申し込んだ。ツアーではまず約400段もある階段を降りることから始まる。そして坑道を歩いていく。
これだけの広大な坑道が1000年前からあったなんて驚きだ。

狭い階段をひたすら降りていく

坑道を歩く

観光客向けのようだが、坑道を歩いていくと岩塩でできた彫刻や、最後の晩餐の壁画も見ることができる。同じ彫刻でも岩とは違った透明感はこれまで見たことのないものだった。

岩塩でできた小人の彫刻

岩塩でできた壁画「最後の晩餐」

講堂や教会、レストランもあったが、その壁も床も全て岩塩という。なんだか不思議な世界を体験できた。

講堂の床も壁も全て岩塩だ

観光客向けのレストランも

やはり英語力が必要

英語のツアーに参加したのだが、僕の英語力は日常会話レベル。到底全ての説明を理解できなかった。半分ほど理解できているかという程度だ。
世界文化遺産であって、景観を楽しむだけではなくその歴史的背景がわかってこそ満喫できるスポットだ。
もし英語の説明が全部理解できたとすれば、さらにこの岩塩坑を楽しめたと思うと少し悔しい。やはり海外で旅行を満喫する上で英語力は必要と痛感したツアーだった。

合田紘之(ごうだ ひろゆき)

1987年生まれの31歳。横浜市出身、札幌市在住。
18歳で二輪免許を取得し、法政大学在学中にバイクで日本を2周する。
その中で北海道が気に入り、2010年から7年間、北海道新聞の記者として札幌市や登別市、紋別市などで取材で駆け回っていたが、バイクで世界をツーリングするために退社。
身長は168センチで愛車のアフリカツイン750はやっと足が届く程度。英語は初心者レベルなので、世界の人たちとコミュニケーションをとるために日々奮闘中。

 ツイッター(@GodaAFRICATWIN)

 インスタグラム(@godaafricatwin)

 YouTube『GodaAFRICATWIN』