ツーリングを楽しむ全てのバイク乗りのためのWebメディア

BikeJIN

ユーラシア大陸横断 ハンガリー編 国境審査なしのシェンゲン圏に突入

目指せユーラシア大陸横断

こんにちは!合田紘之(@GodaAFRICATWIN)と申します。
バイクで世界中をツーリングするために新聞記者を辞め、2017年の末から2018年の2月までのオーストラリア一周の様子はBikeJINWEBで連載させていただきました。
今回は第2弾。ロシア極東からヨーロッパ西部までユーラシア大陸の約4万kmを横断します!

13カ国目のハンガリーに入国

6月22日、13カ国目のハンガリーに入国。待ちに待っていた国だ。なぜならシェンゲン協定加盟国で、これから行く予定のほとんどのヨーロッパの国は国境審査なしで出入国できる。これまで国境を越えるたびに審査のため長い行列に並んだり、税関の検査に時間がかかったりしていたが、今後は自由に出入国できることになるのだ。

ハンガリーに入国してシェンゲン圏に突入

ハンガリー
人口約980万人
面積約9万3000平方km
首都ブダペスト
公用語ハンガリー語
通貨フォリント

シェンゲン協定とは

シェンゲン協定とは、ヨーロッパ内の人や物の移動を自由にするため各国が結んでいる協定で、2019年6月現在26カ国が加盟している。観光目的の日本人であれば最長90日連続でビザなしで滞在できるのだ。一つの国を旅行するように自由に移動できるということだ。

今後は待ち時間ゼロ

これまで国境を越えるのに5時間以上かかることもあったが、これからは0秒。荷物をX線に通すためにバイクから荷物を全部下ろすという面倒な作業もあったが、そんなことをする必要もなくなる。日本で県境を越える感覚で、色んな国を行き来できてしまうのだ。
ルーマニアからハンガリーに入国する際は行列に並んだが、これからは当分並ぶ必要がないと思うと嬉しくなった。

ルーマニアとハンガリーの国境。シェンゲン圏であればこんな行列に並ばずに済む

首都ブダペストでフォアグラ満喫

ハンガリーでは世界三大珍味である高級食材、フォアグラが安く食べられると聞いていたのも楽しみにしていたことだ。
首都のブダペストのレストランでフォアグラを注文すると、2000円ほどの値段で大きなフォアグラが3つも出てきた。日本であれば1万円するのではないかという豪華さだ。
日本でほとんど食べる機会がなかったので比較はできないが、とろけるような舌触りで味も濃厚。決して偽物だから安いのではなく、正真正銘のフォアグラだ。
日本では高級すぎて手を出せない食材も海外では安く手に入ることもある。これが海外旅行の醍醐味の一つかもしれない。

大きなフォアグラが3つも乗って2000円以下!

とろけるようなフォアグラ

ブダペストの街並み

ブダペストの街並み2

合田紘之(ごうだ ひろゆき)

1987年生まれの31歳。横浜市出身、札幌市在住。
18歳で二輪免許を取得し、法政大学在学中にバイクで日本を2周する。
その中で北海道が気に入り、2010年から7年間、北海道新聞の記者として札幌市や登別市、紋別市などで取材で駆け回っていたが、バイクで世界をツーリングするために退社。
身長は168センチで愛車のアフリカツイン750はやっと足が届く程度。英語は初心者レベルなので、世界の人たちとコミュニケーションをとるために日々奮闘中。

 ツイッター(@GodaAFRICATWIN)

 インスタグラム(@godaafricatwin)

 YouTube『GodaAFRICATWIN』