ツーリングを楽しむ全てのバイク乗りのためのWebメディア

BikeJIN

ユーラシア大陸横断 ルーマニア編 ヨーロピアンが集まる絶景の峠道

目指せユーラシア大陸横断

こんにちは!合田紘之(@GodaAFRICATWIN)と申します。
バイクで世界中をツーリングするために新聞記者を辞め、2017年の末から2018年の2月までのオーストラリア一周の様子はBikeJINWEBで連載させていただきました。
今回は第2弾。ロシア極東からヨーロッパ西部までユーラシア大陸の約4万kmを横断します!

ルーマニアに入国

12カ国目のルーマニアに入国した。この国に来た目的は北部にあるヨーロッパでも有名な2つの峠道。その一つの「トランスファガラシャン」に6月20日に行ってきた。

トランスファガラシャンの峠道

ルーマニア

人口約1900万人
面積約23万8300平方km
首都ブカレスト
公用語ルーマニア語
通貨レウ

残雪のため通行止め

トランスファガラシャンは、去年ウラジオストク行きのフェリーで会ったエストニア人ライダーにおすすめされてずっと気になっていた道だ。
詳しく調べてみると最高地点は2034m。雪が深く積もるため冬季は通行止めになり、毎年7月初めに開通するという。本来はこの道を通過して北上しようと思っていたが、まだ6月のため断念した。
だがさらに調べてみると、最新情報では峠までは行けなくても峠の手前2kmほどまで行けることを確認。せっかく有名な道なのでとんな景色なのか見てみたい。
シビウという町の宿にパニアケースなどの荷物を置かせてもらい、峠の北側から行けるところまで行って同じ道を戻ってくること決めた。

シビウの町並み

いざトランスファガラシャンへ

峠道の入り口からは深い森を進むが、高度が上がると徐々に大きな木はなくなっていく。そして
次第に青々とした草と岩だけの景色になり、道路脇には残雪が見えてくる。

峠道の入り口付近の森林

峠近くの道

バイクを右へ左へと操りながらヘアピンカーブを幾度も越えて一気に駆け上がり、これまで走ってきた道を振り返ると、そこにはグネグネと曲がりくねった芸術的とも言える道を見下ろすことができた。

峠付近から見下ろすトランスファガラシャン
ルーマニアの絶景峠道「トランスファガラシャン」

100台以上のバイクに遭遇

峠道の入り口から峠付近までの往復60kmの間に100台以上のバイクを目撃した。ナンバープレートからドイツやフランス、イギリスなど、とても日帰りでは来られないような国からもたくさん来ていた。たくさんのライダーと会ったり、すれ違い様に手をあげて合図をするのもヨーロピアンライダーの仲間入りした感じがして楽しめた。

ヨーロピアンライダーとすれ違い

もう一つの絶景ロードは雨

ルーマニア北部にはもう一つの有名な峠道「トランサルピナ」がある。トランスファガラシャンの翌日に行ったのだが、天気予報に反して峠付近は大雨だった。
景色は何も見えず、体は濡れて寒さも感じ、残念ながら楽しいツーリングとはならなかった。

トランサルピナで雨宿りするライダー達

合田紘之(ごうだ ひろゆき)

1987年生まれの31歳。横浜市出身、札幌市在住。
18歳で二輪免許を取得し、法政大学在学中にバイクで日本を2周する。
その中で北海道が気に入り、2010年から7年間、北海道新聞の記者として札幌市や登別市、紋別市などで取材で駆け回っていたが、バイクで世界をツーリングするために退社。
身長は168センチで愛車のアフリカツイン750はやっと足が届く程度。英語は初心者レベルなので、世界の人たちとコミュニケーションをとるために日々奮闘中。

 ツイッター(@GodaAFRICATWIN)

 インスタグラム(@godaafricatwin)

 YouTube『GodaAFRICATWIN』