ツーリングを楽しむ全てのバイク乗りのためのWebメディア

BikeJIN

ユーラシア大陸横断 イラン編① 無事にイランに入国

目指せユーラシア大陸横断

こんにちは!合田紘之(@GodaAFRICATWIN)と申します。
バイクで世界中をツーリングするために新聞記者を辞め、2017年の末から2018年の2月までのオーストラリア一周の様子はBikeJINWEBで連載させていただきました。
今回は第2弾。ロシア極東からヨーロッパ西部までユーラシア大陸の約4万kmを横断します!

イランとの国境へ

5月24日、早朝にトルクメニスタンのアシガバートを出発し、イランとの国境へ向かった。

イラン・イスラム共和国
人口約7900万人
面積約164万8100平方km(日本の約4.4倍)
首都テヘラン
公用語ペルシア語
通貨リヤル

トルクメニスタンの出国手続きを終えて、イラン側に行くと名前を呼ばれた。待っていたのは連絡していた旅行会社の代理店の担当者だ。
これまでの記事でも紹介したが、イランでは2019年4月ごろに法律が変わり、テロ対策のため250cc以上のバイクは入国できなくなった。
しかし現地の旅行会社を通じて7日間の通過許可を得れば大型バイクも入国できるという情報を見つけ、旅行会社に手続きをお願いしていたのだ。

まずは人の入国手続き

まずは徒歩の人たちと同じように入国手続きをするのだが、これまでで一番厳しい場所だった。両手の指全ての指紋を取られるのだ。これもテロ対策だろう。
それも他の国であるようなデジタル式の指紋の取り方ではなくで、実際に指にインクをつけて紙に押すというアナログ方式。
インクで汚れた手をどこで洗えるかと聞いたところ、「あそこにトイレがあるよ」という。入国する人全員がトイレに行って手を洗っているのだろうか。

インクで汚れた指

そしてバイクの入国手続き

パスポートに入国のスタンプを押してもらい、代理店の担当者のもとへ。パスポートやバイクの書類など指定された書類を渡すと、パソコンに情報を入力し始める。その後も税関の職員とやりとりをするなどしてしばらく待たされる。
事前に「もしトラブルで入国できなかったらバイクをトラックに積んで輸送する」とも言われていたので本当にバイクが入国できるか不安になってくる。

バイクの入国の手続きをする代理店の担当者

2時間ほど待たった結果、無事に入国できることに。旅行会社に500ドル(約5万5千円)を支払い、ユーラシア7カ国目のイランに入国した。
ちなみに通常イランに車両を持ち込むときに必要は「カルネ」という通関を簡略化するための書類は、この旅行会社を通した場合は必要なかった。

イランツーリング開始

文字は初めて見るペルシャ文字で何が書いてあるか見当もつかない。数字までも読めない。これまでとは別世界に来た気分だ。

イランの国境付近の様子

車のナンバーの数字も洋数字が使われていない

イランとトルクメニスタンの国境は峠にあり、ワインディングロードを進む。イランは砂漠地帯のイメージだったが山の景色も美しい。

岩場が続くイランの山道

緑が広がる場所も多い

高いお金を払ってまで入国した国だ。めいいっぱい楽しまなければ。

合田紘之(ごうだ ひろゆき)

1987年生まれの31歳。横浜市出身、札幌市在住。
18歳で二輪免許を取得し、法政大学在学中にバイクで日本を2周する。
その中で北海道が気に入り、2010年から7年間、北海道新聞の記者として札幌市や登別市、紋別市などで取材で駆け回っていたが、バイクで世界をツーリングするために退社。
身長は168センチで愛車のアフリカツイン750はやっと足が届く程度。英語は初心者レベルなので、世界の人たちとコミュニケーションをとるために日々奮闘中。

 ツイッター(@GodaAFRICATWIN)

 インスタグラム(@godaafricatwin)

 YouTube『GodaAFRICATWIN』