ツーリングを楽しむ全てのバイク乗りのためのWebメディア

BikeJIN

セナのインカムを使った私のツーリング

学生アルバイトの大島です。

最近街を走るライダーさんのヘルメットを見るとかなりの確率でインカムが付いていますよね!もちろん私も愛用しています。

今回は私の使っているインカムと、私がインカムを使ってどのようにツーリングを楽しんでいるかをご紹介します。

SENA SF2

DATA
商品名:SENA SF2
価格:17,800円(税別)
問:https://senabluetooth.jp/

こちらが私の最近使っているインカムです。
同時に話せるのは2人までとなっていて、800mまでは離れても会話が可能。充電の持ちは13時間と長く、充電時間は1.5時間程度です。他社のインカムと接続ができ、FMラジオが内蔵されています。ソロツーリングや2人でのツーリング向けのインカムです。

お気に入りポイント

ボタンが3つで本体がとても薄いデザインなので付けた感じもそこまで目立たなく気に入っています。
基本的にペアリングなどの操作は真ん中のボタンでやるのですが、どの操作で何秒押すのか覚えられなく、私はスマートフォンのアプリを使い、行っています。インターコム、電話、音楽、ラジオの切り替えなども簡単にできるので便利です。

画面でチェックできるので、どの機器とインターコムで繋がっているかが分かりやすいです。
一度ペアリングするとペアリングリストに表示されるので、次からのペアリングがスムーズになるのもアプリの魅力の1つです。

私は、音楽をスキップさせたりする時、スマートフォンのアプリより本体の+と-のボタンを使います。
運転中でも簡単に操作ができます。

インカムはツーリングで大活躍!

私は、ソロツーリングではスマートフォンとペアリングして、マップの音声を聞いたり、音楽を聴いたりしています。

マップはやっぱり音声が聞けると画面を確認する頻度が極端に減るので安全面でもインカムとつないでいる方がいいですよね!

私は、スマートフォンのアプリで音楽を聴いているのですが、ツーリングの時用のプレイリストを何パターンか作っています。

プレイリスト1

プレイリスト2

プレイリスト1は眠くなったとき用です。道の名前や地名が歌詞に出てくる曲がメインになっていて気分が上がります。邦楽がメインです。
プレイリスト2は普段用です。邦楽は歌詞に集中してしまったりするので基本的に運転中は邦楽がメインです。

SF2にはFMラジオが内蔵されているので音楽に飽きたらラジオを聴きます。私がよく聴くラジオはNACK5です。でも、夜は大抵SCHOOL OF ROCK、深夜はオールナイトニッポンを聴いています。普段聴かないジャンルの音楽が流れたり何気ない話だったり内容が毎回違うので飽きがこないのがラジオの魅力です!

私は、ソロツーリング以外ではインターコムでコミュニケーションをとりながらツーリングをします。
インカムをつなぐことで、走っている時見たものを見たときに共有出来たり、何気ない話をしたり、ツーリングの楽しみ方が変わりました。
また、インカムをつなぐことでのメリットはただお話を楽しむだけではありません。
先を走っている人が対向車や、落下物など道の危険を伝えたり、安全面でも活躍します。
休憩のタイミングや、立ち寄るスポットも走りながら相談できるのもメリットです。

私は先頭を走ることがほとんど無いのであまり使いませんが、インターコム通話とメディア音声を同時に聞くことができるので、話しながらマップの音声を聞くことができる機能もあります。

私は、こんな感じでインカムを使いツーリングを楽しんでいます!