ツーリングを楽しむ全てのバイク乗りのためのWebメディア

BikeJIN

ウズベキスタン編② イランに入国できない?

目指せユーラシア大陸横断

こんにちは!合田紘之(@GodaAFRICATWIN)と申します。
バイクで世界中をツーリングするために新聞記者を辞め、2017年の末から2018年の2月までのオーストラリア一周の様子はBikeJINWEBで連載させていただきました。
今回は第2弾。ロシア極東からヨーロッパ西部までユーラシア大陸の約4万kmを横断します!

ルーマニア人ライダー2人組に遭遇

5月15日、ガソリンスタンドでタジキスタンのパミール高原からの帰りというルーマニア人ライダー2人組に遭遇した。
雑談する中でこれからトルクメニスタンを通ってイランに行く話をすると、ルーマニア人は「イラン?250cc以上のバイクはイランに行けないよ」と言う。
そんなはずはない。去年大型バイクでイランに行った知り合いもいる。
いつからイランに入れなくなったか聞くと、ルーマニア人は「1ヶ月ぐらい前に法律が変わったらしい。詳しくはわからないから自分で調べてみるべきだよ」と言った。
そんな最近の話だったのか。どうりで何も情報が入ってこなかったわけだ。

イランの情報を教えてくれたルーマニア人ライダー

早速インターネットで検索

インターネットで日本語で検索しても情報は皆無。当たり前だ。この時期にバイクでイランに入国しようとしている日本人なんて他にいるわけがない。
英語で検索してみると、ヨーロッパのライダーの中では有名な話なようでいくつかの情報が見つかった。
すべて噂のような話だが調べた情報をまとめると、①テロ対策のために250cc以上のバイクを持ち込めなくなった、②実際に入国を拒否されたライダーが何人もいる、③偶然入国できたライダーも何人かいる、④イランの公式な発表は不明、というような内容だった。
その後サマルカンドの宿で出会ったドイツ人ライダーは実際に入国を拒否されたというので、事実なのは間違いないようだ。

宿で出会ったドイツ人ライダー

イランを諦めるか、ダメ元で挑戦か

2週間以上も待って取得したトルクメニスタンビザは通過ビザで、申請した通りイランとの国境から出国しなければならない。イランに行けないとなるとこのビザも無効なのでトルクメニスタンにも行けなくなるということだ。
トルクメニスタンとイランを諦めて他のルートでヨーロッパに行くか、ダメ元でトルクメニスタンを通ってイランとの国境に行ってみるか。それとも他の方法を探るか。
トルクメニスタンに滞在できるのは申請した通り5月22日から5日間と決められている。あまり時間がない中、何も決められないでいた。

合田紘之(ごうだ ひろゆき)

1987年生まれの31歳。横浜市出身、札幌市在住。
18歳で二輪免許を取得し、法政大学在学中にバイクで日本を2周する。
その中で北海道が気に入り、2010年から7年間、北海道新聞の記者として札幌市や登別市、紋別市などで取材で駆け回っていたが、バイクで世界をツーリングするために退社。
身長は168センチで愛車のアフリカツイン750はやっと足が届く程度。英語は初心者レベルなので、世界の人たちとコミュニケーションをとるために日々奮闘中。

 ツイッター(@GodaAFRICATWIN)

 インスタグラム(@godaafricatwin)

 YouTube『GodaAFRICATWIN』