ツーリングを楽しむ全てのバイク乗りのためのWebメディア

BikeJIN

ユーラシア大陸横断 ウズベキスタン編④ シルクロードの遺跡をたどる

目指せユーラシア大陸横断

こんにちは!合田紘之(@GodaAFRICATWIN)と申します。
バイクで世界中をツーリングするために新聞記者を辞め、2017年の末から2018年の2月までのオーストラリア一周の様子はBikeJINWEBで連載させていただきました。
今回は第2弾。ロシア極東からヨーロッパ西部までユーラシア大陸の約4万kmを横断します!

ウズベキスタン

ウズベキスタンは東洋と西洋を結ぶ交易路であったシルクロードの中間地点で、当時の建築物が今も残っているとから観光地としても栄えている。日本人観光客からの人気も高く、多くの団体ツアーを見かけた。

サマルカンド

壁に青色のタイルを使っている建物が多く「青の都」と呼ばれている都市。東洋と西洋の文化が混ざっていることから「サマルカンド・文化交差路」として世界文化遺産にも登録されている。

青色のタイルが映える「シャーヒズィンダ廟群」

町にはたくさんの歴史的建造物が並んでいる

レギスタン広場にある建物の内部

レギスタン広場の夜のライトアップ

マーケットでは観光客と地元の人で賑わう

ヒヴァ

こちらもシルクロードの主要なオアシスとして栄えた街。かつての中心部だった場所は城壁で囲われている。現在は人気観光スポットとして露店が立ち並んでいる。

城壁で囲われているヒヴァの街

城壁の中には歴史的な建物がある

城壁の中では子供達が遊んでいる様子も

ヌクス

トルクメニスタンとの国境の街であるヌクスの郊外にある17世紀ごろに建てられた遺跡群。トルクメニスタンの国境へと向かっている最中にたまたま通りかかった。映画の砂漠のシーンに出てきそうな雰囲気だった。

ヌクスの郊外にある17世紀ごろに建てられた遺跡群「ミズダハーン」

合田紘之(ごうだ ひろゆき)

1987年生まれの31歳。横浜市出身、札幌市在住。
18歳で二輪免許を取得し、法政大学在学中にバイクで日本を2周する。
その中で北海道が気に入り、2010年から7年間、北海道新聞の記者として札幌市や登別市、紋別市などで取材で駆け回っていたが、バイクで世界をツーリングするために退社。
身長は168センチで愛車のアフリカツイン750はやっと足が届く程度。英語は初心者レベルなので、世界の人たちとコミュニケーションをとるために日々奮闘中。

 ツイッター(@GodaAFRICATWIN)

 インスタグラム(@godaafricatwin)

 YouTube『GodaAFRICATWIN』