ツーリングを楽しむ全てのバイク乗りのためのWebメディア

BikeJIN

【絶景ロード】 伊勢志摩スカイライン ー三重県ー

500mを一気に上がる浮遊感と鳥羽の絶景が魅力

三重県南東部の伊勢志摩で、標高555mの朝熊山を横切って伊勢神宮の内宮付近と鳥羽の町を結んでいるのが、有料観光山岳道路の伊勢志摩スカイラインだ。 
いずれも海抜がほとんどない場所から一気に500mまで標高を上げるダイナミックなワインディングで、朝熊山の頂上近くまで一気に駆け上がって、再び下るルート。頂上の朝熊山の標高はそれほど高くはないが、周囲に高い山がないことから眺望に優れ、ライダーは十分すぎるほど、スカイライン気分を味わえる。 
特に、ルート頂点の朝熊山頂展望台から鳥羽側に向かうと、伊勢湾に浮かぶ島々を一望しながら、まるで海に飛び込んでいくかのように走れるので爽快のひと言。山頂展望台の隣に位置する朝熊岳金剛證寺は、伊勢神宮の鬼門を守る寺。静かで美しく荘厳、訪れる価値がある。 
富士山までも展望できるという朝熊山の展望台には、売店やレストラン、展望足湯などがあり、鳥羽湾の美しい風景を眺めながらのんびり過ごすことができる。一気に走り切らず、ぜひ立ち寄りたいポイントだ。

Road Information
伊勢志摩スカイライン
区間距離:16.3㎞
通行料金:880円
冬季閉鎖:なし
問:三重県観光開発 伊勢営業部
TEL:059-226-6752
http://www.iseshimaskyline.com/