ツーリングを楽しむ全てのバイク乗りのためのWebメディア

BikeJIN

冬ツーリング必勝ガイド

バイクの安定感を高めて横風を受け止める!!

身体に力を入れずに車体との一体感を高める

日本の冬といえば「西高東低」の気圧配置。天気図に等圧線が縦に細かく入った、天気予報でよく見聞きするアレで、北西方向から強く冷たい風が吹き込んでくる。
寒い分にはいまどきの高性能な冬用ウエアで対処できるが、厄介なのが「横風」だ。高速道路なら路肩に設置された吹き流しや、一般道なら樹木などの動きに注意していれば、ある程度は予測できる。とはいえ、風は目に見えない。突然〝ビュッ!?とあおられると、かなりビックリする。また突然でなくても、ビュービューと吹き続けたら、やっぱり怖いし疲れる。

そこでまずは、車線の真ん中を走ってマージンを取ったり、山間部の橋やトンネル出口などでは「風が強いかも、あおられるかも」と想定しておくことが大切だ。
そして次にやるべきは、バイクの安定感を高めること。例えばエンジンの回転数を高くする、すなわち重いクランクシャフトの回転を速くすると、ジャイロ効果が強まるため、車体の安定感が増す。これには普段より1速低いギヤを使えば良いが、少し燃費は悪くなるし、スロットルの開け閉めでギクシャクしやすいなど、デメリットがあることも忘れずに。

また、リヤブレーキを軽く踏んだり、場合によってはフロントブレーキをかけるのも効果がある。でもコレは、ずっと使い続けられないので、突風が吹いたときや吹きそうな場所(橋やトンネル出口)の備えとして使う。
そして肝心なのが、ライダーとバイクの一体感を高めること。ニーグリップとハンドルの保持に尽きるが、どちらもヒザや腕にギュッと強い力を入れるのはNG。バイク本来の動きを封じてしまうし、車体の揺れが身体に伝わって、かえって怖い。自然なニーグリップで、余計な力を入れずに下半身でホールドすることを意識。これは横風対策はもちろん、普段のライテク的にも効果が大きいので、ぜひ実践してみよう!

Technique 1

左右からの風に備えて車線のセンターを走る
突然横風にあおられる危険を想定し、車線の真ん中を走る。安全のためにスピードを落とす場合も、路肩側に寄ると後続車が抜きにかかってきて、余計に怖い目にあうこともある。極端に遅くない限り、堂々と真ん中を走ろう

Technique 2

強風に煽られやすい場所を知っておこう
山間部の橋やトンネル出口は、地形的に谷になる場合が多く、強い横風が吹き抜けやすい。差しかかる前にニーグリップを強めたり、ギヤを下げたりして備えておこう。同時にこのような場所は、路面が冷えていて滑りやすくなっていることも忘れずに!

安定感を高める4つのポイント

リヤブレーキを軽くかけ後輪を路面に押し付ける
リヤブレーキをかけると、後輪が路面に押し付けられて安定感が増す。かけっぱなしは発熱や故障の原因になるのでNGだが、突風が吹きそうな場所(橋やトンネル出口)で事前にかけておく。減速するほどかけず、軽く踏めばOK

軽いニーグリップで車体をホールドする
バイクとの一体感を高め安定感を増すには、ニーグリップがいちばん。ヒザにギュッと力を入れるとかえって身体が強張るのでNG。ツマ先を真っすぐ前に向けて、おヘソを引っ込めると、自然にキチンとニーグリップできる

強い横風に備えてハンドルから手を離さない
つねにハンドルを保持しておく。とはいえ、ギュッと抑えると、かえって身体ごと振られて不安の原因になる。そこで、ゲンコツ握りしないように注意して、グリップの端から小指と薬指で巻き込むように握るのがオススメだ

いつもより1速低いギヤで高めの回転をキープ
エンジンの回転、すなわちクランクシャフトの回転を上げるとジャイロ効果が強まって車体の安定感が増す。しかし、あまり高回転だとスロットルのわずかな開閉でギクシャクするので、1速下げて+1000~2000回転くらいが安全だ