ツーリングを楽しむ全てのバイク乗りのためのWebメディア

BikeJIN

プロギタリスト田﨑慎也のバイク乗ろうぜ

新年に心機一転するための安全祈願とお祓いはいかが?バイク乗りにオススメの三嶋大社

どうも!バイク乗ろうぜの慎也(@ShinyaGuitar)です。

 

新年を迎えたら初詣、初日の出、他にも新年ツーリングなどイベントが盛りだくさんです。

新たな気持ちで年を迎えるとともに、バイクライフを豊かにするためにもバイクの安全祈願なんかもできるといいですよね。

 

静岡県の三島市にある三嶋大社という神社があるのをご存知ですか?

バイクの安全祈願からお祓いまでしていただける神社をご紹介します!

 

三嶋大社はバイクの安全祈願をしてくれる神社

 

静岡県は海の幸とツーリングスポットが多く、バイクで遊ぶのに持ってこいのスポットです。

そんな場所にある三嶋大社は新年になると多くのバイク乗りが集まる神社だそうです。

 

ツーリングがてらお参りに訪れるバイク乗りもいるとかいないとか…

確かに参拝をしてからご飯を食べに行ったり、ちょっと走って伊豆スカイラインなんかに行くのもいいですね。

 

ここ三島神社では安全祈願と、バイクのお祓いをしていただくことができます。

安全祈願とお祓いどちらか1つではなく、両方セットとなっており、個人が3000円から、団体が1人500円からとなっています。あとはお気持ちとのことで、金額によってお守りなどの種類が変わるそうな。

俺は今回個人で行ったので3000円にしました。バイクだとあんまりステッカーとか貼れないから3000円がちょうどいいかなと思ったのが理由です。

 

団体で来られる場合は事前に予約推奨です。その方が現地で待つ時間が少なくなりますよ。新年は三が日が併設されている駐車場が一般車両は停めることができないので、安全祈願のみ行っているそうです。

バイクのお祓いは4日からとなっています。

 

まずは受付を済ませます。

分からないことは巫女さんに聞けば教えてくれますよ。バイクのナンバーを書く必要があるので覚えてない方はメモって行きましょう。

 

白装束を着ていざ安全祈願へ。ちょっと神妙な面持ちです。こんなの初めてだから内心ちょっとドキドキ…

 

本殿の中は撮影NGなので写真はありませんが、安全祈願自体は10分ほどで終わります。

すごく厳かな気持ちになりました…

 

安全祈願が終わるとお守りやお札などをいただくことができます。ステッカーはバイクに貼ったり、お札は家の神棚や高いところに設置しましょう。

 

そしてバイクのお祓い。バイクに注ぐ愛情の分だけ穢れも積もってしまうので、しっかりと取り除いていただきます。

これで2019年は少しは心の余裕を持って運転できるかな…

 

時間があったので絵馬なんかも書いてみたり。

 

書いた内容は『無事に家に帰る!!』です。字きったね……

色んなことを考えたけどシンプルにこれが一番。大事な人が待っていても、一人暮らしでも自分の家に当たり前に帰れることが一番幸せなことだなって。

 

たくさんのお願い事が書かれた絵馬の中に混ぜていただきました。

もし行った際はぜひ探してくださいね(笑)

 

なぜバイクにもお祓いが必要なのか?

安全祈願はなんとなく分かるけど、なぜ機械であるバイクにお祓いが必要なのか?

今回安全祈願をしていただいた、三嶋大社の権禰宜(ごんねぎ)の池田さんにお話を伺いました。

 

人が生きているだけでも災いや穢れ(けがれ)がどんどん身体に積もっていくそうです。例えばご飯を食べるのも、命を口にするので穢れが積もっていきます。その穢れが何らかの形で現れて、事故やトラブルと遭遇してしまうそうです。

 

なるほどなるほど…確かに言われてみれば納得できます。

だけどバイクというモノをお祓いする理由ってなんだろう?

 

と考えて聞いてみたところ…

 

日本は八百万の神様という考え方があり、モノにも神様が宿る。機械であるバイクにも愛着を持つことにより、人の穢れがどんどん移っていくそうです。

それらの災いや穢れを取り除いて、心を軽くすることが安全祈願やバイクのお祓いの目的なんですよと。

 

そして、お祓いをしたという安心から運転にも余裕を持つことができ、結果的に無茶な運転をしなくなるから安全につながる…と教えていただきました。

 

確かにどれだけライテクを学ぼうが、サーキットで速く走れようが、公道で一番大事なのは心の余裕です。

いくらバイクを練習をしても「やべっ!ちょっと遅刻しそう…!」という時の焦りは運転に余裕がなくなってしまいますもんね。

 

知らず知らずのうちに積もっていく災いや穢れを取り除くことは、運転をする上での心の余裕を持つために必要なことなのかもしれないなと思いました。

「心の余裕があると学んだライテクが活きてきますよ」と最後に池田さんは教えてくれました。

 

穢れや災いって見えないものだし、自身では分かりにくいものですが、心の余裕を生み出すものでもあると聞くことができ、深く納得したお話でした。

 

まとめ

安全祈願は他の方と一緒にやっていただくので多少の待ち時間はありますが、安全祈願からお祓いまで20分ほどで終了します。

伊豆をツーリングしたり、ご飯を食べるついでに三嶋大社で安全祈願とバイクのお祓いをやっていただくといいかもしれません。

 

個人で来ても大丈夫ですし、仲間と一緒に団体で受けるのもいいです。団体で来られる際は予約を忘れずに!

 

バイクの年としては最悪だった2018年。

1台目は自分の判断ミス、2台目はサーキットでの突然の予期せぬトラブル…まさか2台もバイクを廃車にするなんて…

 

悪運は強いのかバイクに乗れなくなるほどの怪我はなく、今でもバイクに乗って楽しんでいます。

 

だけど、正直に言うとちょっとバイクに乗るのが怖くなってましたが、気持ちが軽くなったような気がしました。

これから安全にバイクを楽しむためにも、気を抜いてはいけないなという気持ちも生まれた1日でした。

 

ぜひあなたも2019年を新たな気持ちで相棒であるバイクと過ごしていただけたらと。

それでは!

 

田﨑 慎也 プロギタリスト

2008年にReyでLantisよりメジャーデビュー。様々なアニメソングや、トミカヒーロー、ゲームなどの楽曲を手がける。2013年にバンド解散後はソロギタリスト、サポート、デモンストレーター、楽曲提供などの活動をする。バイクが大好きで趣味が高じて『バイク乗ろうぜ』というブログとモトブログを立ち上げる。YouTubeチャンネルは開設後8か月でチャンネル登録者5000名を達成、ブログ開設後半年で3万PVを達成。バイク雑誌にも出演するなど幅広く活動。バイク業界を隅っこから盛り上げるための活動に尽力している。

 ツイッター(@ShinyaGuitar)

 ブログ『バイク乗ろうぜ』

 YouTube『バイク乗ろうぜ』