ツーリングを楽しむ全てのバイク乗りのためのWebメディア

BikeJIN

バイクトラブル解決マニュアル

夏のツーリングを快適に過ごすために、クールインナーウェアを選ぶ

バイクトラブル解決ノウハウ100
トラブル対策さえ知っておけば、アナタの旅は成功間違いなし!
日本はツーリング天国だ。四季折々の風景は走っていて飽きることなく絶景の山岳スカイラインはいつでもライダーに高揚感を与えてくれる。旅の帰路はいつでも充実感に溢れヘルメットの中は絶えず笑顔……それもトラブルさえなければ、だ。

地球温暖化の影響から、いまや亜熱帯化が進む日本の夏はとにかく暑い。
だからこそ少しでも暑さをしのげ、快適に走行するためのノウハウを知っておこう!

体調を優先して快適なウエアを選ぶ

真夏のツーリング中「バイクは涼しそうでいいね」などとドライバーからよく声をかけられる。
「とんでもない!」
エアコンの効いたクルマのほうがはるかに快適で、炎天下を走るバイクはサウナ状態だ。
猛暑日のツーリングでは熱中症にならないためにも、マメな休憩と水分補給は欠かせない。同時に、少しでも涼しく走れる対策をとることが重要だ。
最近は通気性のいいウエアやグッズなどが数多く出ている。体調管理をしっかりして、注意しながら真夏のツーリングを楽しもう。

夏対策で快適に走る!

【POINT.01】ウエアの裏地が張り付かない
インナーを着用することで、肌とウエアが直接触れずにいつでもドライに保たれているので、滑りが良い。伸縮性もあるため、運動性が損なわれることもない。
いつでも快適な状態を維持することができるのだ

【POINT.02】夏でもインナーは長袖が基本
肌に触れることで快適さが増す仕組みになっているので、肌をすべて覆ってしまうのがベストだ。
長袖に抵抗がある場合は、半袖+アームカバーも有効だ。
色々なアイテムを組み合わせよう

【POINT.03】吸汗&速乾性で体感温度が低下する
吸汗速乾素材は、素早く吸収した汗を急速に乾燥させることにより、水分が気化する際周りの熱を奪う作用を利用して、着用しているライダーが冷たさを感じる仕組みだ。
濡れた部分に風が当たると涼しさも倍増する

【POINT.04】抗菌×防湿素材で不快感を低減
ニオイの原因でもある汗を吸収する素材だけに、吸汗速乾性に加え、抗菌&防臭機能を搭載する商品が増えてきた。
中にはニオイの成分を99%カットや加齢臭を抑えるアイテムも登場している