ツーリングを楽しむ全てのバイク乗りのためのWebメディア

BikeJIN

バイクトラブル解決マニュアル

[転んだらどう対処する?]ペダルの曲がりは工具を使って修正

バイクトラブル解決ノウハウ100
トラブル対策さえ知っておけば、アナタの旅は成功間違いなし!
日本はツーリング天国だ。四季折々の風景は走っていて飽きることなく絶景の山岳スカイラインはいつでもライダーに高揚感を与えてくれる。旅の帰路はいつでも充実感に溢れヘルメットの中は絶えず笑顔……それもトラブルさえなければ、だ。
ガス欠、パンク、転倒などなどバイクにまつわるトラブルは多いのだが、それらの多くは知識があれば防げ対処方法を知っていれば、ピンチを乗り切れる。

要領はレバーと同じテコの原理を活用する

まずシフトペダルだが、操作できないほど曲がっているなら修正しよう。
リンク式ならばそのままメガネレンチをかけてもOKだが(ただしリンクを壊さないように気をつけて)、シフトシャフトから直接ペダルが出ているタイプは、エンジンから取り外してプライヤーなどで固定して作業しよう。
ブレーキペダルは、ユックリならリヤブレーキを使わなくても走れるので、干渉してブレーキを引きずる等、走行に支障がなければ直さなくても良い。

【手順1】

曲がって反り返ったシフトペダル。これくらいなら何とか操作できるが、鉄製で折れる心配がないので修正したほうが良い

【手順2】

大きいサイズのメガネレンチ等をペダルの先端にかけ、テコの原理で力を加える。
写真の場合、レンチを手前方向に引く

【手順3】

ほぼ元通りに修正できた。シフトペダルの場合、修正時はリンケージやシフトシャフトに大きな力がかからないように注意する

鉄製はかなり力を加えても大丈夫だが、アルミ製なら無理はしない