ツーリングを楽しむ全てのバイク乗りのためのWebメディア

BikeJIN

プロギタリスト田﨑慎也の『バイク乗ろうぜ』

世界王者のライテク!?MICHELIN ROAD5 PREMIUM EXPERIENCEへ参加してきました

どうも!バイク乗ろうぜの慎也(@ShinyaGuitar)です。

 

7/14にミシュランの新しいツーリングタイヤ『ROAD5』を履いている方を対象に行われた、BikeJINとRIDERS CLUBが誌面で募集した一般道で使えるライテク講座『MICHELIN ROAD5 PREMIUM EXPERIENCE』に参加してきました。

 

そして、元世界王者原田哲也さんが特別講師をされるというプレミアムなイベントに参加させていただきました。

 

そして参加人数が13人という少人数イベント。プロのインストラクターの方にまるでマンツーマンのような指導を受けられるというなんと贅沢さ。

 

今回はそのレポートをお届けします!

 

4人のプロのインストラクターによる4つの講習

  1. 齋藤栄治さんによるフォーム&ステアリング
  2. 伊丹孝裕さんによるUターン&低速旋回
  3. 鈴木大五郎さんによるドライ&ウェットのブレーキング
  4. 原田哲也さんによるスラローム&高速周回

 

これらの講習を休憩を挟みつつ各1時間ずつ受けることができました。

まさにプレミアムと呼ぶにふさわしい内容で、プロのライダーが一般道でそのまま使えるテクニックを教えてくれるんですよ。

 

そしてBikeJINでおなじみのモンちゃんこと多聞恵美さんが司会進行をつとめておりました。

 

MICHELIN ROAD5 PREMIUM EXPERIENCE

栃木県にある『GKN ドライブラインジャパン プルービンググラウンド』という自動車部品メーカーが所有するテストコースを使って行われました。

完全にクローズドの環境で、周りを気にすることなくバイクに集中できる環境です。

 

車のテストコースなんて初めて来た!

 

オーバルコースにあるような、こんなバンク角のついたコーナーなんて普通はなかなか走ることはできませんからね。

 

これって実際に走ってみると結構な角度なんですよ…2つのバンク角がついたコーナーがあり、それぞれ70kmと100kmくらいで駆け抜けるのですが、最初は怖くてアクセルを緩めると谷側にズルズルと落ちてしまうというね。

 

慣れないうちは度胸と思い切りが必要でした。

 

他にもウェットコースを再現する散水路があったりと、テストコースならではの設備だなって思います。

すでに会場からしてプレミアムな空気が出まくり。

 

そして参加者さんたちのバイクは全員ロード5。

こんな景色めったにない。

 

低速域から高速域まで使えるバイクのコントロール、フォームによるバイクの曲がり方の違い、バイクを安全に止めるためのブレーキングなどバイクの操作方法を一から学べます。

 

サーキットを速く走るためのライテクとはまた違ったレッスン。

バイクを安全にかつスムーズに走らせるための、まさにバイクの基本となる内容でした。

 

どれもためになる講習だったのですが、いろいろな意味で印象に残ったのは散水路に時速80kmで突っ込む制動の講習でした。

ウェットな路面でのフルブレーキングってマジで怖いですからね!

 

バイクを変に傾けたりしなければABSが作動して大丈夫なのは分かってるし、実際にやってみたら案外大したことないんですけど…

それでも突っ込む前は少し勇気がいりました。

 

ロード5の排水性能が素晴らしくて、ウェットなのにがっちり路面に食い付いている感覚がありました。

タイヤがまだまだいけるぜー!って言ってくれる感じです。

 

そしてこの日の参加者さんは13名。

4つのグループに分かれるので1人のインストラクターの方に対して3〜4人なんです。

 

「これってほぼマンツーマンじゃん」って思うくらいの贅沢さ。

当日は気温も高く、熱中症対策でこまめな休憩も挟むので、その時にわからないことも聞き放題。

 

こんな贅沢を味わっていいものかと思いながら過ごした1日でした。

 

交流できる時間やスペースも用意されている

1時間の講習が終わった時の休憩だったり、ランチタイムにインストラクターの方や参加者さんと交流を図る時間がしっかりと設けられているんですよ。

俺も参加者さんの中にYouTubeの動画を観ていただけている方がいたので、お話をさせてもらってました。

 

そして、お昼ご飯にはインストラクターの伊丹さんにバイクに乗っていて気になったことや、当日の講習で分からないことをズバズバと質問攻めしてました。

とっても分かりやすく教えてくれるし、こちらのレベルに合わせたアドバイスをいただけるので「そういうことかー!」って思える瞬間がたくさんありました。

 

プロの方に直接質問ができるなんてなかなかない機会なのでホント嬉しい。

 

他にもランチタイムに原田さんとモンちゃんによる抽選会なんかもあったり。

ミシュランオリジナルグッズが当たる豪華な抽選会でした。

 

会場内にはロード5の展示や、POWER RS、そしてレースで使われているスリックタイヤの展示もしてありました。

ミシュランマンも歩き回って気さくに参加者さんと記念撮影をしていました。

 

間近でミシュランマンを見ることができたのでしれっと記念撮影を(笑)

 

まとめ

「走行会などでライテクを教えるイベントはたくさんあるけど、一般道で使えるライテクを教える会はほとんどない」

ミシュランの方がイベントのきっかけをそう語っていたが印象的でした。

 

ライテクと聞くとどうしても速く走るための方法と思ってしまいがちですが、低速でしっかりとバイクをコントロールするのもライテクですもんね。

そしてバイクに乗るほとんどの人がサーキットではなく、一般道を走る方だと思うんですよ。

 

渋滞に捕まってノロノロ走る時もあれば、何度も何度も信号に捕まって停止する時もある。

峠を快適なペースで走ることもあったり、高速道路でレーンチェンジをしたり、雨が降ってウェットの中を走ることもたくさんあります。

 

そんな一般道の状況に合わせて使えるテクニックを、この日はたくさん教わりました。

教習所では教えてくれないこともたくさんありますし、今まで9年近くバイクに乗ってきて知らなかったこともたくさんありました。

 

バイクって奥が深いなーってしみじみと思ったし、様々な環境に対応するロード5の実力を感じた1日でもありました。

 

ミシュランの方が「また来年もイベントをやりたい」と仰っていたのでぜひ期待したいですね!

プレミアムな体験をできた1日でした。

 

文章で伝わりにくいことも動画であれば分かりやすいと思い、俺の体験記をモトブログにしました。

ぜひこちらも観ていただけると嬉しいです。

 

 

来年にまた開催されるといいなー!

それでは!

田﨑 慎也 プロギタリスト

2008年にReyでLantisよりメジャーデビュー。様々なアニメソングや、トミカヒーロー、ゲームなどの楽曲を手がける。2013年にバンド解散後はソロギタリスト、サポート、デモンストレーター、楽曲提供などの活動をする。バイクが大好きで趣味が高じて『バイク乗ろうぜ』というブログとモトブログを立ち上げる。YouTubeチャンネルは開設後8か月でチャンネル登録者5000名を達成、ブログ開設後半年で3万PVを達成。バイク雑誌にも出演するなど幅広く活動。バイク業界を隅っこから盛り上げるための活動に尽力している。

 ツイッター(@ShinyaGuitar)

 ブログ『バイク乗ろうぜ』

 YouTube『バイク乗ろうぜ』