ツーリングを楽しむ全てのバイク乗りのためのWebメディア

BikeJIN

2021銘品大図鑑

CHIC DESIGN 新型レブルのエアロパーツシリーズ

Promotion

問い合わせ
シックデザイン
TEL:048-793-3049
http://www.chicdesign.co.jp/

風を操る匠の技レブル快適旅仕様

風を感じて走るというのはバイクの醍醐味の一つだ。しかし、実際にツーリングライダーとなって出かけると、風というものはなかなか大変なものである。特に寒風にさらされると体温は奪われ、手足の先端は感覚が失われるほど過酷だ。

シックデザインはバイク用カウルの老舗工房で、FRPとポリカーボネートという素材についても知り尽くしている。その技術を注ぎ込んだビキニカウルは同社の看板商品の一つだ。ロードコメットシリーズは丸みを帯びたもの、エッジの効いたもの、そしてクラシックと3種類がラインナップされる。取り付け方は車種に合わせるがベースは共通でビキニカウルの王道デザインである。

今回紹介するのはシックデザインの車種専用設計のカウルシリーズ、マスカロードである。バイクはメーカー、ジャンル、デザイナーなどによって非常に個性的な意匠を与えられることも少なくない。そうした独特なデザインを持つバイクにカウルを装着しようとしたときに、どうしても大きさや形状を独自に起こす必要に迫られることがある。

ホンダのレブルは小ぶりなクルーザースタイルで個性的だ。そのスタイルと足着き性の良さなどからその人気は高まる一方で、ツーリングライダーからの期待も大きい。当然、シックデザインへのカウル発売の要望も多数寄せられた。

防風効果が高くて似合うデザインとなると完全に新設計する必要アリと考え、マスカロードの発売が決定した。スクリーンの大きさを確保しながら、スリムなレブルの良さを壊さず、クルーザースタイルにマッチするもの。細部のディテールを決定するだけでも仕様変更と試作を何度も繰り返す熱の入れようだった。これは毎作品同様だが、ミリ単位で造形は整えられていく。バイクのデザインというものは、その数ミリの差が快適性やカッコよさなどに大きく影響をしてしまうので妥協できない。

こうしたこだわりを経て完成したのが新型レブル用マスカロード。純正色に塗られたカウルは、まさに純正クオリティだ。

このマスカロードに、ハンドルグリップを風雨から守るガイラガントレットを組み合わせれば、極寒のウインターツーリング、梅雨や秋雨の季節のツーリングでも、常にライダーを守ってくれるだろう。ガントレットもカウルシリーズ同様、車種ごとにボルトオン可能な専用ステー類がキットになっているので、ボルトやナットなどのショートパーツの準備や、設置位置の確定などの煩わしさを排除してくれている。

マスカロードとガイラガントレットの装着で風を操れるようになる。天候に左右されない快適なツーリングバイクになるだろう。今後、マスカロードは初期型レブルにも対応の予定だ。

ボルトオンを可能にする専用ステーと取付用ボルト類、ヘッドライトの光漏れを防ぐカバー類がマスカロードキットに含まれている。カウルは3カ所を固定するだけ。

ガントレットの取り付けステーは車種専用設計で、取り付けを容易にするとともに、ガントレット本体とレバーの間隔なども適正に設定されている。

カウルスクリーン同様ガントレットもスモークとクリアがラインアップされている。存在を主張しないクリアの人気も高い。

DATA

マスカロード
新型レブル500/250(20〜)
価格:クリアスクリーン 5 万7200円(単色)
スモークスクリーン:5万9400円(単色)
タイプS用クリアスクリーン:5 万1700円(単色)
スモークスクリーン:5 万3900円(単色)
新型レブル500/250(20〜)
価格:クリア 1万7600円
スモーク 1万8700円
サイズ:150×250×80 ㎜

ガイラガントレット
新型レブル500/250(20〜)
価格:クリア 1万7600円
スモーク 1万8700円
サイズ:150×250×80 ㎜