ツーリングを楽しむ全てのバイク乗りのためのWebメディア

BikeJIN

これからはエアバッグの時代

自分はスピードを出さないから、事故らない(ハズ)……
だから、エアバッグシステムも必要ナシ。そんな声が聞こえてきそうだ
しかし、自分が気を付けていても、もらってしまうケースもある
ケガをしたらバイクに乗れない。そのための安全対策を考えたい

気を付けていても避けられない事故もある

いま、バイクの交通事故が増えている。とくに、エントリー層である若年層が顕著な傾向は大きな課題だろう。ここ最近のコロナ禍におけるバイクの事故の傾向を見ると、市街地を走る通勤・通学で発生するケースでは交差点、右直、追突。ツーリングでは単独事故、いわゆる自爆が目立つ。ワインディングでの事故は、スピードの出しすぎによるものが主な原因である。オーバースピードでコーナーに突っ込み、曲がり切れない、あるいは対向車との衝突につながっている。

我々ライダーとしては、オーバースピードが事故原因に大きく起因していることから厳重に注意すべきではあるのだが、それだけで事故が回避できるとは限らない。当然のことながら道路はバイクだけでなく、クルマや自転車、歩行者と他者とかかわる複合交通。つまり、追突事故のような「もらい事故」もあるわけで、これを回避するのはなかなか難しい。こればかりは運もあるかもしれない……。

そこで考えられる対策としては、万が一、事故に遭遇しても身体を守ってもらえるプロテクションを充実させることだろう。そのなかでも最近、注目を集めているのがエアバッグ。これは衝突を検知すると、エアバッグが膨張しライダーへの衝撃を緩和するシステムだ。

ここでは、アルパインスターズの最新エアバッグシステム「テックエア5」を見ていきたい。このテックエア5は、同社が20年かけて蓄積してきたバイクの転倒や衝突ケースの研究やモトGPでの経験を活かして開発されたストリート用商品。ワイヤレスで着るだけ、専用ジャケットは不要というのだから、これはうれしい。

alpinestars TECH-AIR®5

完全独立式「着るだけ」エアバッグ

アルパインスターズ待望のストリート用エアバッグシステム。ベストタイプのものでメーカーを問わずあらゆるジャケットに対応するモデル。もっとエアバッグを身近に着用してほしいと、面倒な操作は不要、着るだけという革新的なエアバッグだ。

DATA

価格 : 9万8890円
サイズ:XS~4XL(全8サイズ)

 

TECH-AIR®5はバイク専用エアバッグです。使用中にシステムが検出および/または受信した衝撃、動きにより、可能性は低いものの、クラッシュ事象がなくてもシステムが展開する場合があります。これは商品の不具合ではございません。TECH-AIRエアバッグシステムの目的は、起こりうるあらゆる危険な状況からライダーを護ることであり、 搭載するアルゴリズムが複雑で繊細なものであること、またそれが監視し続ける状況が多様であるため「ライディング(バイクに乗る)」以外の行動(歩行を含む) の中でのエアバッグ展開は完全に取り除くことはできません。無用な発動を抑制するためにも、歩行中などオートバイに乗っていないときは必ずフロントフラップを開いてシステムをオフにしてください。

 

point1 TECH-AIR5はどのように作動するのか?

センサーが監視し、特定の条件を検出すると膨張

テックエア5には計6個のセンサー(3つのジャイロセンサーと3つの加速度センサー)と、アルゴリズムを備えた電子コントロールユニットを搭載している。これがクラッシュ時にエアバッグを展開するタイミングを監視するという最新鋭のテクノロジーを採用している。この機構が事故につながる動きを検出すると、約20~40/1000秒(速度はエアバッグのサイ肩、胸部、背中に加えて、脇腹部や上腕部までと、ライダーの上半身をプロテクト。ライダーが肩や鎖骨を負傷するリスクを最小限に抑えてくれる。これは、レースシーンを含む多彩なフィールドで転倒時にライダーが負傷しやすい部位を検証してきた成果にもとづく設計だ。なお、保護性能はエアバッグ装着時の衝撃教習性能により、同社の従来のプロテクター装着時と比較して衝撃力は95%減少されるという。またテックエア5のエアバッグシステムは、同社のバックプロテクター18枚分に相当するズによって変わる)でエアバッグが膨張。ライダーの上半身を守る。ポイントは、バイクとライダーがワイヤレスだということ。胸部に配されるフラップがマグネットスイッチとなっており、これが留められると作動する仕組みだ。また、アプリのメンバー登録をせずとも作動してくれる。

背中部分にコントロールユニットやガスカートリッジを搭載。テッ
クエア5はGPSとの紐づきはないので、GPSが届かないトンネルでも安心だ。

 

TECH-AIR5はどの範囲を守るのか?

カバー範囲が広いのが特徴!

肩、胸部、背中に加えて、脇腹部や上腕部までと、ライダーの上半身をプロテクト。ライダーが肩や鎖骨を負傷するリスクを最小限に抑えてくれる。これは、レースシーンを含む多彩なフィールドで転倒時にライダーが負傷しやすい部位を検証してきた成果にもとづく設計だ。なお、保護性能はエアバッグ装着時の衝撃教習性能により、同社の従来のプロテクター装着時と比較して衝撃力は95%減少されるという。またテックエア5のエアバッグシステムは、同社のバックプロテクター18枚分に相当する。

デモンストレーション写真。エアバッグが作動すると、大きく膨らんでいることが分かる。ややギュッと締め付けられている感じもあるが、苦しくはない。

 

point3 TECH-AIR5はどのように利用するのか?

面倒な手続きも、バイクとの接続も不要!

ワイヤレス型のエアバッグシステムのため、バイクとの接続は必要ナシ。つまり、どのバイクでもテックエア5を装着していれば、エアバッグの恩恵に授かれるというわけだ。システムは胸部にあるマグネットフラップを留めると起動する仕組み。なので、ライディングジャケットとの接続も不要である。注意点としては、テックエア5を装着した状態で、ジャケットの胸部に4㎝のスペースが必要なこと。この部分にエアバッグが膨張する。

動作状態はフロント下部のインジケーターで確認できる。システムオンでバッテリー残量が、直後にシステムが確認され、緑のみの点灯になるとアクティブ状態となる。

バイクだけでなく、ジャケットとも接続は不要。まさに着るだけと
いうエアバッグシステムだ。なお、他社製を含むどのジャケットでも胸部に4㎝のスペースがあれば利用可。左の写真が胸部のマグネットフラップでこれを留めると起動。

 

point4 TECH-AIR5は快適なのか?

気軽に着られて夏でも問題ナシ!

このテックエア5は、とにかくサッと着られる気軽さ、そして快適性にも注力。通気性が高く、夏でも利用できるのがうれしい。また、抗菌性や防臭性のある繊維素材を使い、要所要所にメッシュ素材を配置している。一般ユーザーには洗濯はできないが、普段は菌消臭スプレーを使用すれば問題ないだろう。装着してみると、エアバッグの存在自体をあまり感じず、ごわつき感もない。ストレッチ性に富んでいるので、動きを妨げられる心配も少ない。

背中部分には通気性に優れるバックプロテクターとセンサーや電子制御コントロールユニット装備している。

ストレッチ性に富んだ生地を採用しているため、快適性も抜群。エアバッグを着ているという違和感はほぼないと言っていいだろう。

いまの防御力で大丈夫ですか?

この商品のポイントは、ストリート用として開発されている点だろう。このテックエア5は自分が停車していても時速25㎞以上での衝突、それ以下でも転倒による身体の傾きを検知した場合など条件がそろえば作動する。

バイク事故の話題になると、死亡事故に注目が集まりがちだが、それを免れたとしてもケガをしたらバイクに乗れない。そもそも、ライダーはむき出しの身。編集部に届くお便りのなかで「事故に遭って、現在リハビリ中です」といったものをときたま目にする。元気な様子はうれしいかぎりだが、心境は複雑である。

いま、これだけテクノロジーが進化し、エアバッグなるものが気軽に装備できる時代となった。このテックエア5は10万円でおつりがくる価格。これを高いとみるか、安いとみるかは人それぞれ。しかし、一着あれば、末永く利用できるのがポイントだろう。これを着ていていれば、絶対にケガをしないワケではないだろうが衝撃を緩和してくれることは確か。これからも安心して楽しいバイクライフを送るためにも、自分の身体を守る手段は検討しておきたい。

TECH-AIR5 Q&A

Q.1 充電はどれだけ持つの?

リチウムイオンバッテリーの駆動時間は約30時間で、1泊2日の旅もカバーできるレベル。充電は付属のマグネット式マイクロUSBケーブルを利用し、写真の背中に設けられたコントロールユニットに接続して行う。約4時間で満充電となる。

 

Q.2 ほかにプロテクターは装着する必要はないの?

テックエア5の主な役目は「衝撃緩和」。突起物には強くないため、同社はプロテクターの装着を推奨している。とくに、胸部は突起物によるダメージで死亡するケースが主なので、胸部プロテクターの装着はマストで考えよう。テックエア5は、ダメージを緩和してくれるものとして捉えたい。

 

Q.3 飛行機への持ち運びはできる?

事前にアプリより証明書をダウンロードし、チェックインの際にスタッフに申告すればOK。機内持ち込みで持ち運びをすることが可能だ。

 

Q.4 一度作動したらどうすればいい?費用はかかる?

エアバッグが展開した際は、リチャージを行う必要がある。そのため、購入店に持ち込み、その後、認証を受けたサービスセンター(岡田商事)でリチャージが行われる。このリチャージではガスカートリッジの交換、エアバッグ交換、システムチェック、本体クリーニングが行われ、メンテナンス費は4万9500円。メンテナンスにかかる日数は15~20日程度が目安。なお、保証期間は2年間となる。2年もしくは500時間着用する場合は定期点検を受けることを推奨している。

 

Q.5 専用アプリでは何ができるの?

テックエア5は無料の専用スマートフォンアプリを用意。バッテリー表示を%表示で確認できる。システム状況のチェックに加えて、新しいファームウエアのアップデートも可能だ。ここで、カスタマー登録は専用アプリで行うことができる。なお、登録をしたほうが使える幅は広がるが、カスタマー登録をしなくてもエアバッグ機能は作動する。アプリを利用すれば、グーグルマップと連動した走行ルートや平均速度の表示などの機能を利用することも可能だ。

Q.6 自分で洗濯はできるの?

 

エアバッグシステムを搭載する商品なので、自分で洗濯はできない。洗濯したくなった場合は、チェック&クリーニングサービスを利用する。こちらはシステムチェックと本体クリーニングが行われ、料金は1万6500円。

TECH-AIR®5 取扱店

北海道 RICOLAND CuBe札幌白石店
サイクロン
福島県 RICOLAND郡山店
茨城県 RICOLAND水戸店
栃木県 南海部品小山店
群馬県 RICOLAND伊勢崎店
埼玉県 サイクルロードイトー櫛引本店
RICOLAND埼玉店
ナップス埼玉店
東京都 ナップス多摩境店
ナップス足立店
ホンダドリーム駒沢246
神奈川県 ナップス横浜店
ナップスベイサイド幸浦店※
ナップス港北店
ユーメディア湘南
石川県 RICOLAND金沢店
長野県 RICOLAND長野店
愛知県 ナップス豊橋店
BIKEWORLD名古屋みなと店
ナップス名古屋南店
しゃぼん玉本店
しゃぼん玉一宮店※
京都府 RICOLAND京都店※
大阪府 TAICHI FLAGSHIP STORE
兵庫県 BIKEWORLD伊丹店
RICOLAND姫路店
広島県 ホンダドリーム広島中央
山口県 ホンダドリーム山口
香川県 パーツランドイワサキ高松店
福岡県 ナップス福岡店
ボクセルモト
RICOLAND小倉店
RICOLAND久留米店
長崎県 オートハウスアツ
佐世保レーシングプロジェクト
鹿児島県 南海部品鹿児島店

※は5、RACE、STREET取り扱い
※2020年12月15日時点