ツーリングを楽しむ全てのバイク乗りのためのWebメディア

BikeJIN

全国どこからでもオーダー可能!
ベル・タテワキのオーダーブーツ

皆さんバイクを乗るときどんな靴を履いていますか?
くるぶしまで隠れるブーツがいいとよく耳にしますが、バイク用品店でのラインナップが多くて迷ってしまいますよね。
種類はたくさんあっても、どこかに違和感を感じたり、靴擦れしてしまったり……

それもそのはず。既製靴は不特定多数の人に合うサイズで作られているわけですし、右足と左足で同じ形をしている人はいないので、知らない間に若干大きめのサイズを選んでいるからです。

足はいくつものツボがあるだけあってとっても敏感。足のことでお悩みの方も、そうでない方も、自分の足に合った靴をオーダーして履くのが一番です。

バイク用のブーツをオーダーするメリットはこんなことがあります!

・自分の足にぴったりな靴が手に入る
・歩きやすくなる
・痛くなりにくい
・ガード位置が合いシフトチェンジがしやすくなる
・完全に自分の好みなデザインの靴が手に入る
・使い方に合わせたソールを選べる
・ソールを好みの高さにでき、バイクの足つきがよくなる
・履いていて気分がいい

 

でも靴のオーダーメイドは「値段が高いのでは?」と思われますよね。
確かに既製靴に比べれば安価とは言えません。しかし、オーダーした靴はお手入れをしていれば一生モノです。

今回学生アルバイトの大島が、オーダーメイドワークブーツ専門店のベル・タテワキさんに、オーダーブーツを作っていただきました。
同社は、浅草でオートバイブーツの専門メーカーとして創業し、現在はハンドメイドによるオーダーメイドワークブーツ専門店としても営業されています。

ベル・タテワキさんのオーダーブーツは比較的リーズナブルな価格設定になっています。しかも、全国どこからでもオーダー可能! お店に直接行かなくても簡単に注文できます。
でもオンラインでオーダーってどういった順序で進めていくのかって不安な人も多いはずです。

そこで、オンラインでのオーダーの流れに重点を置いて紹介していきたいと思います。

オーダーの流れ

問い合わせ

まずはEメールかお電話03-3872-3581)、FAXにて問い合わせ合わせをする。お問い合わせフォームからも連絡可能。

 

封筒が届く

問い合わせをしたら封筒が届きます。

封筒の中に入っていたものは
・指示書
・採寸表
・革のカラーサンプル
・糸の色見本
・その他パーツの見本
・ソールの参考資料

指示書通りに採寸表に記入していきます。
分からないところなどは電話などで丁寧に教えてもらえるので安心です!

革のカラーサンプルは実際に革が貼ってあるので、実際の色や質感が分かります。

糸とパーツの色見本についてはプリントされたものでした。
こんなに多くの色から選ぶのは迷ってしまいますね。

返送

デザイン(デザイン、ソール、仕上げ方、カラー)を決め、採寸表に記入したら返送します。

今回は足型を有りにし、同封しました。
採寸表に記載欄が無いものは空きスペースに書き込みます。

 

完成までにかかる期間は、およそ2.5ヶ月。

 

受け取り

今回はお店が近いこともあり店舗に直接伺いオーダーしたブーツを受け取りました。
もちろん郵送での受け取りも可能。注文から受け取りまで店舗に足を運ばずにできてしまいます!

 

オーダーの流れはざっとこんな感じです。本当に簡単に注文できてしまいます。
お支払いは受け取りの時なので、オーダーしてから完成までの2.5ヶ月の間にお金を貯めながら待つなんてこともできます。

オーダーブーツ ―パラシュートブーツ BT-01―

※今回このブーツをベースにオーダーしました。

ベースとなるブーツは6種類あります。その中から私が選んだブーツは、パラシュートブーツ BT-01。ジッパーで簡単に着脱でき、フィット感も高い9ホールブーツです。
 
DATA
パラシュートブーツ BT-01
価格 : 6万1600円

 

基本料金でできるカスタマイズ

足型採寸、各部採寸してのサイズオーダー

革を選ぶ

ソールを選ぶ

ステッチを選ぶ

ハトメ色指定

ファスナー色指定

完成したオーダーブーツ

DATA
パラシュートブーツ BT-01
価格 : 6万1600円

私はショートブーツが好きなので、9ホールから6ホールに変更、革はバイク用のブーツと言うことで防水効果の高い防水ステアと迷いましたが、エイジングを楽しめるコンビ鞣しにしました。革の色を黒にしたので、糸は黒に良く映える赤にしました。また、少し派手に見えるようにハトメとファスナーはキリンスを選び、ソールは荒れた路面でのグリップ力や耐摩擦性の高いラグソールにしました。

バイク用のブーツですが、見た目はそんなにバイク用と主張が無いように、くるぶしのパッドはあえて付けず、チェンジガードを見えないように取り付けてくださいました。

ブーツの種類は全6種類。どのブーツにするか決まっても革の種類やカラー、糸や紐のカラー、ハトメやファスナーなどのパーツに、ソールまで、いろんな選択肢があり迷っちゃいますよね。革だって組み合わせ次第で何パターンもできてしまいますから、デザインを決めるのは一苦労……。

そんな時はタテワキさんのFacebook(株式会社ベル・タテワキ)に他の方がオーダーされたブーツが載っているので、参考にするのもいいかもしれません! 

上の表は今回私がオーダーした時のカスタムの詳細になります。オプションでできる高さ変更は、ショートの場合は無償だったので、価格は基本料金のみでした。参考にしていただければと思います。

履いてみた感じ、どこか当たってしまうということはなく、履き心地がいいです。
革がしっかりしているで最初のうちは着脱がしづらいですが、履きならしていけばそんなことはなくなります。
普通に街中を歩いていてもオシャレなブーツで嬉しいですね!
ソールが少し高めなので、バイクの足つきでお困りの方にも人気みたいです。

自分へのご褒美に、ベル・タテワキさんのオーダーブーツ試してみてはいかがでしょうか!