ツーリングを楽しむ全てのバイク乗りのためのWebメディア

BikeJIN

アヴィレックスのMA-1

Promotion

問い合わせ
メルウィック
TEL:03-5478-9632
http://www.caning.jp/mellwick/

アメカジ世代には堪らない憧れのブランドを身にまとう

1980年代後半、日本のサブカルチャーシーンを席巻したアメカジブーム。そのマストアイテムであったフライトジャケットのカテゴリーで、誰もが憧れたトップブランドであったのがアヴィレックス。

ノーブランドのMA-1しか手に入れられなかったあの頃、街で見かけたアヴィレックスのアウターを、羨望の眼差しで見送った経験をした人は多いハズ。培倶人世代にとって、悔しくも懐かしい若き日の思い出だ。

2000年代に入り、ストリート系アメカジの人気が再燃。同時にフライトジャケットのニーズが爆上げして、今に至るまで定番ジャケットとして大きな支持を得ているのは周知の通り。もともと戦闘機乗りのために作られたフライトジャケットは、ファッションとしてバイクと相性がいい。バイクは地上の戦闘機なのだから、それも当然だ。

けれど、機能面を考えると満足がいかない点がなくもない。ライダーの身体は、ダイレクトに風にさらされる。使用条件的には、ある意味で飛行機より過酷な面もあるからだ。

カッコイイからと、やせ我慢をしてフライトジャケットでバイクを走らせていた人には朗報である。なんとアヴィレックスがバイクアパレルに本格参入したのだ。

アヴィレックスが注目を集めるきっかけとなったのは、同社の復刻版フライトジャケットがアメリカ空軍に採用されたこと。スタイルだけでは軍が認めることはない。なぜなら機能や耐久性が高次元で求められるからだ。そこで実績のあるアヴィレックスの作ったライディングウエアだ。間違いのあろうハズがない。

デザインモチーフは、フライトジャケットの代名詞的存在のMA-1。オレンジの内張りが嬉しい。チェストプロテクターも装着可能。

肩、肘、背中に、柔軟でライディングを妨げずに身体をガードするEVAソフトプロテクター標準装備。

表地は超撥水加工を施したナイロンヘビーツイルを使用し、防風性と耐久性を確保。中綿にはサーモライトRを採用し、高い保温性を実現している。

注目装備のデタッチャブルエアーガード。風が侵入しやすい、首周りとセンターのジッパーをカバーすることで保温性を向上させる。内側はフリースで着心地良好。

DATA

MA-1 BLOUSON MARVERIC MODEL(A2G-1003)
価格:4万2900円
カラー:サージグリーン、ネイビー
サイズ:M〜3L

MA-1 BLOUSON U.S.A.F MODEL(A2G-1002)
価格:3万5200円
カラー:サージグリーン、ネイビー
サイズ:M〜3L