ツーリングを楽しむ全てのバイク乗りのためのWebメディア

BikeJIN

ちょい乗りに便利なKUSHITANIのボディバッグ

学生アルバイトの大島です。

バイクに乗るときのカバンって意外と気にしませんか?
私は極力リュックを背負ったり身に付けたりして運転をしたくないので、必要最低限の持ち物で出かけることが多いです。そこで今回は、走行中全く邪魔に感じない KUSHITANI のボディバッグをご紹介します!

ボディバッグの機能性

バッグは防水生地ですが、完全防水ではないので雨天時用には付属のレインカバーの使用をオススメします。

身体にあたる部分はソフトなメッシュ素材になっているので、夏の暑い時期でも蒸れにくくなっています。

リフレクトテープ、ワッペンが付いているため車やバイクのヘッドライトに反射し、夜間走行の安全性を高めます。

ファスナーの引手はグローブをしていても開け閉めがしやすいように指を引っかける部分が大きくなっています。

小銭など、ちょっとしたものを入れておけるポケットがついています。

ペットボトルは落下防止のためにキャップ部分に引っかけられるドローコードで固定できるので落下の心配がありません。

普段こんな感じで使っています!

アルバイト大島の使用例

・お財布 ・飲み物 ・リップ ・小銭

走るだけならスマートフォンと財布さえあればいいのですが、それらをポケットに入れて手ぶらで出かけてしまうと、休憩で飲み物を買ったときに飲み干せる量のものの中から選ぶか、飲み切らずに捨ててしまうかになってしまいます。
しかし、このボディバッグにはペットボトルフォルダーがあり、飲み残したペットボトルの行き場に困ることが無くなるので便利です。また、ペットボトルホルダーだけでなく小物が入るスペースもあるのでポケットに入れておくには少し心配な財布なんかもしっかりしまっておけます。

DATA

K-3590 BODY BAG
価格:7700円
カラー:ブラック
サイズ:H265×W115×D65mm(1.2L)

 

シンプルなデザインで、色も黒なのでバイクやファッションにも合わせやすいです。
とは言え、とてもコンパクトなバッグなので最小限のものだけ持って出かけるときでないと、少しものたりないかと思います。
しかし、このバッグは走行中身体にピッタリとフィットするので、このボディバッグのことを気にすることもなく、運転に集中できました。
フラっと走りに行きたいときはピッタリだと思います。

KUSHITANIでは今回紹介したボディバッグのほか、ウエストバッグヒップバッグレッグバッグワンショルダーバッグバックパックなど展開しています。ご自身のツーリングのスタイルに合わせてバッグを選ぶことをオススメします!