ツーリングを楽しむ全てのバイク乗りのためのWebメディア

BikeJIN

こんなときだからこそ、本当に「いいもの」に触れていたい <Seiko×TAICHI RSA300 ダイバーズウォッチ>

4月7日に発令された「緊急事態宣言」で、世の中は一変してしまいました。

7都府県(対象エリアは拡大中)には強力な外出自粛要請が出て、対象エリアの大型商業施設は軒並み休業。休まざるを得ない飲食店も多数出ていて、誰もがこれまで体験したことがない環境に身を置かざるを得なくなってしまいました。

ゴールデンウイーク明けまで続く外出自粛。人との接触は可能な限り避ける、かといって気分転換にひとりでバイクで走りに行くのもちょっと憚れる雰囲気……。これで気がめいらない人がいるわけありません。

そんなとき、待ちわびていたあるものが届きました。

Seiko×タイチのコラボ・ダイバーズウォッチのRSA300です。

すべてのものがデジタルへと舵を切っているなか、アナログで機械式。駆動力は電池でも、太陽光でもなくぜんまいだから、油断しているといつのまにか停まったりもします。便利さに慣れきってしまっている自分には、ちょっとばかり不便なものでもあります。

でも、こんな未曾有の状況に置かれているからなおさらかもしれませんが、その不便さがとても新鮮で、どこか生き物っぽくて、愛おしくすら感じてしまうのです。

自分がちゃんと面倒を見てあげればしっかり元気に働いてくれるけど、放っておくと機嫌を損ねて止まってしまう。どこかバイクに通じるところがあるように思います。

アナログの文字盤の上を小刻みに動きながら進んでいく秒針をじっと見つめていると、先行きの不透明さにいら立ち、ささくれそうな心が少しだけ和む気がします。この時計は、世の中がどんな状況になろうとも、いつも変わらずに確実に秒を刻み、分を重ね、時を前へ前へと進めているのです。まるで、いま自分がすべきことも、こうやって何も変わらず、慌てず、あせらず、一歩ずつ前へ進めばいいのだと示しているかのように……。

在宅勤務やテレカンなどで、人と触れずにできることが広がりつつありますが、そんなときだからこそこうやって身に着け、眺め、触れていることで気持ちが落ち着くものを求めてしまうのかもしれません。時計に限らず、いまの我々の毎日には、ほんの少し心に潤いを与えてくれる、本当にいいもの、心を寄せられるものが必要なのです。

〇Seiko×タイチ RSA300の価格、SPECは下記リンクから
https://www.rs-taichi.com/feature/seiko/

こだわったのはバイクを感じさせるデザインで、タイチのスタッフが手掛け、Seikoが監修。削り出しパーツのように研磨されヘアライン仕上げとしたベゼル上部、ブレーキディスクのスリットをイメージした斜めの文字盤デザインなど、バイクと同様に機能美を感じさせるデザインとなっている

1965年に国産初のダイバーズウォッチを誕生させたSeiko。このモデルも、200m潜水用防水を採用。タフに使用でき、雨中のライディングでもなんの不安を抱くこともない。ちなみに、SEIKOがバイク関連メーカーとコラボレーションしたのはこのモデルが初めてという

逆回転防止ベゼル、ネジロック式リュウズなどダイバーズウォッチとしての基本性能をしっかり確保。リュウズトップにはタイチのアイコンがレーザーマーキングされている。ケースの一部はブラックカラーの硬質コーティングが施され、重厚感ある鈍い光沢を放ってくれる

裏蓋には、所有欲をくすぐる「TAICHI LIMITED EDITION」の文字と限定300本のシリアルナンバーが刻まれていて、ボクのシリアルナンバーは186。すでに8割ほど受注しているそうだ

RSA300が納められるのは、ペリカン製の専用ハードケース。高い防水性、防塵性、耐久性、耐衝撃性、耐候性が評価され、多くの国の軍や警察、レスキュー、 医療機関、消防署で採用されているものだ。大切なものだからこそ、こういうところへのこだわりも嬉しい

タイチは最近、スポーツアパレルのNEWERAや、ゲーム会社のCAPCOMなどバイク業界以外のブランドとのコラボレーションを積極的に展開中。これはバイクを知らない人たちに対するブランド発信や訴求が目的で、このダイバーズウォッチはデジタル全盛の時代にあって機械式時計の需要が高まっていることを受けて、ガジェット好きな層に向けてのブランド発信をすることが目的で、それには海外でも絶大な知名度を誇るSeikoとのコラボレーションが最適との考えから実現したとのこと

Nom エイ出版社バイク誌プロデューサー/ジャンケン魔人

BikeJIN、RIDERS CLUB、DUCATI Magazine、BMW BOXER Journal(現BMW Motorrad Journal)などエイ出版社発行のバイク誌の編集長を歴任。現在は、趣味誌を中心にエイ出版社発行の媒体を統括