ツーリングを楽しむ全てのバイク乗りのためのWebメディア

BikeJIN

愛車徹底管理術

ケミカルを使いこなせば、愛車のコンディションを簡単に維持できる!

Promotion

問い合わせ
阿部商会
http://abeshokai.jp/fuchs/

バイクのメンテナンスに欠かせない“ケミカル”

バイクのメンテナンスに、欠かせないアイテムにケミカルがある。ケミカルを直訳すると「科学的な」とか「科学的に合成した」という意味合いになるのだけれど、バイクのコンディション維持に使う油脂や薬剤の総称だと理解しておけばいい。

では、どんなケミカルを用意しておけばよいかだが、まず手に入れておきたいのはチェーンルブ。チェーン駆動のバイクであれば、チェーンのメンテナンスは必須。張り調整ができなくても洗浄と注油くらいは自分でやりたいもの。チェーンは消耗品だけれど、メンテナンス次第で寿命が大きく変わる。ランニングコストにも大きく関わってくるのだ。ちなみに、チェーンルブとチェーンオイルは同じ意味。

洗車くらいは自分でするという人も多いだろうが、洗剤も使い勝手やコンディションをより良く保つことを考えるなら専用品がオススメ。上のステップになるが、グリスアップや各部分の潤滑も行いたい。

洗車はメンテナンスの第一歩

愛車は綺麗な方がいい。見た目が良いのはもちろん、洗車時にトラブルの兆候を発見できることもあるからだ。

洗車で使用する洗剤はバイク専用品が推奨。台所洗剤でも汚れは落ちるが、専用品に比べ泡切れが悪く、洗剤が表面に残ると汚れの元になってしまうのだ。

バイクは電気がなければ動かない。電気回路は水分が大敵。でも、洗車時にはどうしても水をかけることになる。バイクの電装品は基本的に防水機能があるものの、気を遣うにこしたことはない。スイッチ類などは、洗車時はカバーしたい

Wash Off は、少量を吹き付けるだけで、強力な洗浄力を発揮。バイクに多く使用される、アルミ、樹脂、ゴム、塗装面への攻撃性もない

シールチェーンは樹脂製シールを使用しているので、洗浄時に使うケミカルに注意。Wash Offは樹脂類を傷めないので、チェーン洗浄にも

Wash Off
価格:2200円
容量:1ℓ

コーティングで手軽にピカピカ

洗車の後はバイクを磨き上げてピカピカにしたいもの。そこで最初に思いつくのがワックスだが、多くのワックスは広い塗装面を持つ四輪車での使用が前提で、バイクでの使い勝手はよくない。
その点、シリコン系のコーティング剤なら手軽にバイクを輝かせることができる。シルコリンのProPrepは、強力な皮膜を形成し優れた撥水能力を発揮。汚れの付着を防いで、金属表面を腐食から守ってくれる優れものだ。

これがコーティングの効果!

樹脂パーツは、経年劣化でどうしても表面が古びてしまう。それが、Pro Prepを吹き付けるとご覧の通り輝きを取り戻すことができる。樹脂を攻撃しないシリコン系ケミカルならではのメリットだ

こんな使い方も!

Pro Prepはエンジン周りにも使用可能。吹き付けると、まるで新車のエンジンのようになるのだ。これは裏技だが、洗車時にエンジンが濡れた状態でProPrepを吹き付け、エンジンをかけて乾かすとキレイになる

注意!!ブレーキ周りへの使用は厳禁!!

シリコン系ケミカルは、吹き付けたものの表面をツルツルにする。ブレーキ周りに使用すると制動力が落ちて危険だ!

Pro Prep
価格:2750円
容量:500㎖

注油は可動部の特効薬

バイクは金属と樹脂の集合体、かつ可動部が非常に多い機械だ。可動部分のほとんどは、抵抗が軽くあるべきなので、様々な潤滑剤が使われている。その潤滑剤は、走行を重ねれば劣化し消耗するし、経年劣化もする。だから、傷んだ分だけ、減った分だけ補充する必要がある。その作業が注油。けれど、単純に油をさせばいいというものではない。それぞれの部品で、使用する潤滑剤が異なるので注意。

チェーンに注油しよう
チェーンルブは、チェーンのスプロケットと当たる面に注油する。多く使い過ぎたら拭き取る。Pro Chainは飛散を極限まで抑え、飛び散りが少ない

Pro Chain
価格:3300円
容量:500㎖

Silkopen
価格:2420円
容量:500㎖

ボルトやナットが緩まない時、吹き付けると緩みやすくしてくれる浸透潤滑剤。安価で低品質な浸透潤滑剤は耐久性に欠け、ネジを緩めるくらいしか使い道がないのだが、高性能なシルコリンのSilkopenは、ケーブルやレバーなどの可動部品の長期的な防錆・潤滑にも使用できる

RG2 GREASE
価格:1760円
容量:100g

可動パーツで、高い負荷がかかる部分にはグリスを使用する。手軽に注油でき効果が高い部分が、ブレーキやクラッチのレバーピポットだろう。実作業では、ピポットを抜き出してグリスを塗布する。RG2グリスは、高い融点を持つリチウムコンプレックスグリスで、シャフトやベアリングの潤滑に最適