ツーリングを楽しむ全てのバイク乗りのためのWebメディア

BikeJIN

タナックスのデッカイ「キャンピングシートバッグ2」が超便利!


学生アルバイトのショウタが
キャンピングシートバッグ2を使って北海道ツーリング!
これが超便利だったのだ!

キャンピングシートバッグ2のここが便利!

DATA
キャンピングシートバッグ2
価格:24200円(税込、消費税10%として計算)、アクティブオレンジは26400円(税込、消費税10%として計算)
カラー:ブラック、アクティブオレンジ
サイズ:W62~82×D35×H35cm
※横(W)サイズはサイドポーチを含みます。
容量:59〜75L

75ℓの大容量でキャンプツーリングに最適!

ツーリング開始時にキャンプ道具でメインの収納場所がいっぱいになっても大丈夫。 お土産を入れるもよし、すぐに取り出せるように雨具を入れておくこともできる。キャンプ前の買い出しにも便利だった。

サイドポーチはすぐに取り出したい小物類を入れるのに便利だ。 汗拭きシートやケータイ充電用のバッテリー、虫よけスプレー、ポケットティッシュなどすぐに取り出したいものを入れておけた。

荷物がパンパンに詰まっていても両サイドからアクセスできるので取り出しも簡単。下に埋もれたキャンプ道具が取り出しやすくなっている。
北海道のホクレンGSで販売していたフラッグをしまう時にも、横からスポっと収納できたのでありがたかった。

ライダー目線の機能で積載も簡単!

車体とバッグを固定するのはワンタッチ。積み下ろしが楽なので、キャンプ場についてからテント設営をするのがとても楽だった! フェリー乗船時など、急に車検証を出さなきゃいけない状況なっても、4カ所のワンタッチバックルを外してシート下からサッと取り出せるハズだ。

荷抑えのためのインナーホールドベルトで固定すれば、荷物の動きによってシートバッグが変形してライダーにもたれかかってくることもなかった。

2週間使用して、走行中にバックルが外れることは無かったが、万が一外れた場合にすぐに落下することが無いように脱落防止のリングも装着されている!

至る所に、ライダー目線の機能が装備されたキャンピングシートバッグ2。
今まではホームセンターの箱を加工してタイダウンでバイクに縛り付けてキャンプツーリングをしていたが、一度このシートバッグを経験してしまったらそんなお粗末なモノに戻れなくなってしまうと感じさせられた超便利アイテムでした!