ツーリングを楽しむ全てのバイク乗りのためのWebメディア

BikeJIN

グローブ専門メーカー “ファイブ” 防水機能をまとって19年モデルが登場!

Promotion


2006年にフランスで誕生した「Five(ファイブ)」はライディンググローブを専門とする
世界でも貴重なマニュファクチャーである
それゆえの安全性と操作性、機能性はすでに定評があるが
このたび「防水性」がプラスされ、その完成度をさらに高めたのである

問い合わせ
岡田商事
TEL:03-5473-0371
http://www.okada-corp.com/

防水機能の追加で完成度をさらにアップ

グローブに限らず、ライダーが身に着けるライディングギアに求められる最も重要な機能は安全性である。それを高次元で実現したうえで、次に大切なのは運動性だ。身に着けた際に、身体が指先まで自由に動くか、バイクをしっかりと操作できるかという点である。

そしてそれと同等に大切なのが快適性だ。暑さや寒さを感じることなく、そして風雨に阻害されることなく運転に集中できるか。快適性が高いほど、ライダーは運転に対する集中力を持続できるため、快適性は安全性に直結する非常に肝要な要素なのである。

グローブ専業メーカーとして安全性と操作性、そして快適性を追求してきたファイブだが、これまで備えていなかった防水性を追加。ライディンググローブとしての完成度をさらに高めたのだ。

モデルによって防水仕様は異なるが、撥水素材をアウターへ採用したことをはじめとして、透湿防水素材のアウトドライやハイポラといった素材も採用している。高温多湿で多雨な日本のライダーにとって必要不可欠な機能が追加されたことで、ファイブ製グローブはますます身近な存在になった。

防水仕様のタイプ

アウトドライとは生地そのものが透湿防水性を持っている素材だ。機能が長期間維持されることや伸縮性に富むといった特徴がある。一方、撥水加工は表地に水を弾く加工をするもので、経年によって効果が落ちやすい

Fiveが注力する3つのポイント

デザイン性
スポーツ性を強調するタイプが多いが、色使いなどの工夫によってタウンユースやツーリングでも使いやすいデザインも多くラインナップされている。豊富なカラーバリエーションを用意していることも特徴のひとつだろう

プロテクション
ファイブのプロテクションの特徴は、表側に硬質素材を使いつつ、裏側に低反発素材の衝撃吸収材を用いている点だ。このため高い安全性を確保しつつも、手指を動かしたときの違和感や痛みを防ぐ。手のひら側のスライダーも特徴だ

フィッティング
ファイブはXSから3XLまでの7サイズが生産されている。フィット感が良いのはそのためで、スロットルやレバーを操作しやすい。日本で販売されるのはS~XLの4サイズだが、日本人の手の大きさや指の長さに最適な設定だ

撥水タイプ “GT2 WR”

水玉のように雨を弾く、長旅にも安心の撥水性
ファイブが満を持して発売する、アドベンチャーツーリングに最適な高機能グローブ。耐候性に優れる撥水ストレッチ素材とPVCシェルを採用。PVCはアルミニウムと同等の耐久性を持ち、耐衝撃性も十分。難燃性や絶縁性もあり、安心して着用できるのがうれしい。

また高機能素材を適材適所に配しており、指の付け根には伸縮性がありフィット感に優れるライクラ、手のひら側には耐久性も良好でグリップにも馴染むケブラー、違和感のない操作性を生むソフトTPRナックルプロテクターなど、ファイブが蓄積してきたノウハウが随所に生かされている。もちろんスマホなどのタッチスクリーンにも対応する。 軽いうえに薄い構造だから、長時間の着用でも疲れにくいのも特徴だ。

常にグリップとの摩擦が発生する手のひら側にはケブラーなどの高耐久素材で補強。指の動かしやすさや握りやすさも考慮され、柔らかな装着感も両立している

使ってみました!

こんなモデルを持っていた!
まず、ファイブらしいカッコいいデザインが目を引いたこのモデルは、アドベンチャーバイクに合わせたデザインとのこと。手にしっとりと馴染み、軽く薄くフィット感は抜群だった。雨の中走行しても全然濡れない。プロテクションも万全だし、こんなアドベンチャーバイク用モデルが欲しかった!(編集長中村)

DATA

GT2 WR
価格:1万3824円
サイズ:S~XL
カラー:Black、Grey Fluo Yellow

防水タイプ “RS WP”

透湿防水素材ハイポラを採用した3シーズングローブで、とくに春や秋など気温変化が著しく、雨天による冷えが指先をかじかませ操作性に支障をきたしやすい季節に最適だ。

指を曲げたときに最も突出する付け根の関節部には、ソフトTPRナックルガードを採用。内側には低反発素材を配することで衝撃吸収性をさらに高めると同時に、指の曲げ伸ばしの動きにも追従し、違和感のない装着感を実現している。TPR素材は手のひらの小指側にも装着されており、転倒滑走時のスライダーとして機能するようデザインされている。

手のひら側には合成皮革を採用して操作性と耐久性を向上。ベンベルグ生地による心地好い装着感、スマホなどのタッチスクリーンにも対応。万全の機能性を誇る一双だ。

グリップに馴染み、スロットルやレバー操作をしやすい素材を手のひらに配置。転倒時に役立つスライダーも備え、安全性にも抜かりはない

使ってみました!

この防水性が普段使いでありがたい
RS3を愛用しているボクにとって、このRS WPは待望のモデル。通勤でのバイク利用が多いため、手軽なグローブが好きなのだ。RS3と比べると同サイズでも、入口がやや狭く感じたので、1サイズ大きめのほうがいいかもしれない。また、防水性能を持ったおかげでレイン専用グローブにはない操作性の高さは健在だ。(編集長中村)

DATA

RS WP
価格:9504円
サイズ:S~XL
カラー:Black、Black Fluo Yellow、Black Red

防水タイプ “BOXER WP”

透湿防水素材のアウトドライを採用したうえに、ゴートスキン(山羊革)とPU合成繊維のハイブリッドグローブ。防水透湿性はアウトドライによって確保している。

他のグローブ同様、手のひら側には合成皮革とベンベルグ生地を使い、耐久性と操作性を高次元で実現。TRPスライダーも備え、転倒時に手をついたときに手指や手首をひねったことで起きる負傷を軽減。タッチスクリーン操作に対応しているから、スマホやナビの使用時も快適だ。 バイクを問わずマッチするデザインなので、複数台所有する人にもうれしいグローブだ。

他のモデル同様、手のひら側にはスライダーを装備するほか、適切な素材配置によって優れた操作性を確保

DATA

BOXER WP
価格:1万1340円
サイズ:S~XL
カラー:Black、Camo Grey、Camo Army

撥水タイプ “GT3 WR”

高機能をそのままにタウンユースに対応
タウンユースを主眼としているものの、ファイブならではの安全性と快適性、操作性の良さを受け継ぐ。主素材は耐候性と撥水性に優れるストレッチ素材で、PVCシェル構造のナックルガードによって手指の関節部をしっかりと保護する。

手のひら側にはゴートスキンを使っているから、グリップを握りやすく、レバーの操作もしやすい。指の間のライクラ素材や手の付け根に設けられたケブラーを採用。タッチスクリーンにも対応している。

ストリートバイクはもちろんスクーターにもマッチする使い勝手の良さとデザイン性が特徴だ。

ゴートスキン、ケブラー、ライクラなど素材を複合的に採用することで運動性や快適性、耐久性を向上。ファイブが支持される大きな理由だ

DATA

GT3 WR
価格:1万584円
サイズ:S~XL
カラー:Black、Brown、Grey Fluo Yellow