ツーリングを楽しむ全てのバイク乗りのためのWebメディア

BikeJIN

GOLDWINのシートバッグは種類豊富で普段使いからロングツーリングまでカバーしている!

Promotion


用途に合わせた選択肢が豊富で
老若男女、日帰り・宿泊でのツーリング
どんな人にもおススメできるシートバッグだ!

問い合わせ
ゴールドウイン
TEL:0120-307-560
http://www.goldwin.co.jp/motorcycle/

普段使いにも適したクロスオーバーバッグ

幅広いシーンで重宝する高機能ボックスリュック

バイクのシートに装着することを前提に設計されているシートバッグはそれゆえ高機能で便利だが、汎用性に欠けるという反面がある。
それを解消すべく開発されたのが、ボックスリュックタイプとした『クロスオーバーリアバッグ』だ。

シートへの着脱はゴールドウイン独自のX型ベルトを使うため、手軽で簡単、さらに素早く行える。全高を抑えた形状のため、装着時の外観は極めてスマートだ。
開口部は上部と左側面にあり、装着時でも荷物の出し入れは容易。フラップの表と裏にはそれぞれファスナー付きポケットを備えているので、防水カバーやタオルなどの薄物を収納しておくのに重宝する。

そしてなにより、最大の特徴であるボックスリュックとしての機能性に注目したい。収納式のショルダーベルトを底面(背面)から引き出せば、バックパックとして普段使いも可能。2カ所に設けられたハンドベルトに加えて、バッグが自立することで使い勝手も非常に良い。

幅広いカテゴリーのバイクに似合い、街にも映えるスタイルだから、幅広いシーンで重宝するはずだ。

縦置き時はバッグ上部が全面開口するので、荷物を出し入れしやすい。この面はシート積載時は車両左側になる

背面からショルダーベルトを引き出せばバックパックとして使える。縦置きでも自立する

ダブルファスナーを備える開口部は大きく、荷物の出し入れは容易。収納した物を探しやすい

フラップ裏側のファスナー付きポケットはメッシュタイプ。収納物をひと目で判別できるのが便利

開口部のフラップの表側のファスナー付きポケット。タオルや地図など薄手の物の収納に重宝する

横置きでも縦置きでも底になる面は耐久性に優れ、汚れを落としやすい素材が用いられている

DATA
GWM X-OVER リアバッグ24 GSM27806
価格:1万3824円
カラー:ブラック、タンブラック×イエロー
容量:24ℓ
サイズ:W45×D31×H18(㎝)

コンパクトに装着してしっかりと収納できる

コンパクトで使いやすくシンプルな機能のバッグ

シートバッグは非常に便利なアイテムだが、大きいものは乗車する際に足が引っかかりやすいというデメリットがある。また、バイクの外観とマッチしたものを装着したいというのもライダーの心情だ。『GWMクロスオーバーシートバッグ17』は、そんな要望を満たす性能を備えたバッグだ。最大容量17ℓとコンパクトで、曲面を巧みに生かした形状があらゆるバイクにマッチするスタイルを作り出している。

もちろんゴールドウインのシートバッグに共通するX型ベルトに対応しているから、4カ所のバックルを用いて素早く簡単に着脱できる。取り外して携行する際にはワンショルダーバッグに早変わり。貴重品を入れていても、バイクから離れるときにサッと行動できるのがありがたい。

構造はシンプルな1気室で、容量可変式だ。かさばる物の収納や荷物が増えたときでもファスナーを操作するだけでおよそ2ℓ分を拡張できる。
フラップにはファスナー付きポケットも装備。視界不良になりやすい雨天時に目立つ、蛍光色のレインカバーも付属。安心して荷物を携行できるシートバッグだ。

バッグ上部にはシンプルな形状のハンドベルトを装備。ワンショルダーにせずとも気軽に携行できる設計だ

背面からベルトを引き出し、Dカンにバックルを留めればワンショルダーバッグになる

上面にはファスナー付きポケットを装備。レインカバーやハンカチなど薄物を収納するのに便利だ

シンプルで使いやすい1気室構造。日帰りツーリングはもちろん荷物を厳選すれば1泊にも対応

開口ファスナーの外周に設けられたファスナーを開くと容量を15→17ℓへ拡大できる。かさばる荷物、あるいはおみやげの購入など出先で荷物が増えた際に対応できる。最大容量時は全高が5㎝上がる

DATA
GWM X-OVER シートバッグ17 GMS27905
価格:1万2744円
カラー:ブラック、オリーブドラブ
容量:15~17ℓ
サイズ:W26×D38×H17~22(㎝)

キャンプ道具をがっつり積める特大バッグ

荷物が増えてきたら迷わず選びたいバッグ

大きな物から小さな物まで、大量に運ぶ必要にかられがちなのがキャンプツーリングだ。シュラフやマット、テントやタープといった大物に加えて、ストーブ、コッヘル、カトラリー、ランタン、レインウエアや着替えといった衣類、チェアやテーブル、焚き火台など、あらゆる大きさの道具を携行することだろう。

そんなキャンプ道具を収納するには、やはり大型のシートバッグが手っ取り早く、なおかつ最適だ。『ツーリングリアバッグ78』は、その名称が示すとおり最大78ℓの大容量バッグで、最大拡張時は全幅68㎝となり、コールマンのツーバーナーコンロを収納できる大型バッグだ。テーブルやタープのポール、焚き火用トライポッドなどの長尺物も飲み込むほど頼もしく、キャンプツーリングに打ってつけと言える。

バッグ上部にはジャケットなどを仮置きするのに便利なゴムロープ、マットやポールを固定するのに重宝するベルトを備える拡張性があり、快適なキャンプを楽しむための道具をすべて運ぶことができる。
荷物が増えてきたと感じたら、迷わず選んで間違いないバッグだ。

開口部のフラップ裏側にはファスナー付きメッシュポケットを装備。大判の地図帳なども収納しておける

視界不良の雨天時でも被視認性に優れる蛍光色のレインカバーを付属。バッグ拡張時でも全体をカバーする

最大幅68㎝で、テーブルやツーバーナーコンロといった大型ツールを収納することも可能だ

開口部は大きく開くがしっかりした造りで、バッグ本体が歪むこともなく荷物を出し入れしやすい

バッグは左右両サイドも全面開口するので、シートへの装着時でも荷物の出し入れが容易だ

バッグ上部にはゴムロープのほかにDカンを豊富に備える。ポールなどを上部に固定できる

DATA
ツーリング リアバッグ78 GSM17606
価格:2万736円
カラー:ブラック
容量:48~78ℓ
サイズ:W48~68×D33×H35(㎝)

泊まりがけツーリングに手頃なサイズと多機能性

迷ったときはコレ!使いやすい定番モデル

シートバッグの購入で難しいのは、どのサイズを買えばいいかで迷うことだろう。そんなときは容量が30ℓ前後のものを選んでおくと、1泊から数日のツーリングまで対応しやすく、使い勝手の良いバッグとして愛用できる。
『ツーリングリアバッグ32』はまさしくそんなバッグで、とくにシートバッグ購入が初めてという人にオススメだ。ツーリングに最適なのはもちろんだが、日々の買い物や週末のショッピングでも重宝するサイズで、バイクをより幅広いシチュエーションで活用できるようになる。

上部のメイン開口部に加えて、左右両サイドの全面オープン、25~32ℓに可変調整できる容量、X型ベルトによる簡単で手軽な着脱など、ゴールドウインならではの優れた使い勝手を実現している。アルミフレームを内蔵しているから型崩れもせず、あらゆるバイクにマッチする普遍的な外観も特徴だ。
また、X型ベルト一本で同社製サイドバッグと組み合わせて装着することもできる拡張性も見逃せない。
必要な機能がしっかりと形になり、長年にわたって愛用できる耐久性も持ち合わせている。

開口部のフラップ裏にはファスナー付きメッシュポケットを装備。ガイドブックや地図を収納するのに便利

蛍光イエローのレインカバーが付属する。もちろん拡張時でもバッグ全体をしっかりと覆い荷物を保護する

バッグ両サイドは全面開口するので積載時でも収納した荷物を探しやすく、出し入れもしやすい

大きなメイン気室。折りたたみ式の底板は、バッグ拡張時に使用して強度を高めるためのものだ

バッグ拡張時は片側6.5㎝広がり、容量は25→32ℓに増える。数日間のツーリングに十分対応する。素材は840Dナイロンを採用。耐摩耗性と強度に優れており、キャンプなどのタフな環境にも対応

DATA
ツーリング リアバッグ32 GSM27800
価格:1万6200円
カラー:ブラック
容量:25~32ℓ
サイズ:W42~55×D30×H23(㎝)