ツーリングを楽しむ全てのバイク乗りのためのWebメディア

BikeJIN

ドライブレコーダーを付けてみました!

学生アルバイトの大島です。

最近よく耳にするドライブレコーダー。
万が一の事故時、トラブル時、動かぬ証拠として役に立ちます。
ニュースなどでも証拠映像としてドライブレコーダーの映像が使われていますし、皆さんも車などでお馴染みかと思います。

そんなドライブレコーダーに、2輪用も数多くラインナップしています。そこで、今まで1度も付けたこと無かった私ですが、どういったものなのか試してみました。

DATA
商品名:マルチドライブレコーダー
価格:22,000円(税別)
問:エンデュランスhttps://www.endurance-store.jp/

今回私が使ってみたのは、エンデュランスのマルチドライブレコーダーです。

箱の中身は、カメラ本体、本体固定用ホルダー、ブラケットステー、グリス、Oリング、スクリュ、3Mデュアルロックファスナー、ストラップ、取扱説明書です。

ハンドルミラーのバイクはブラケットステーを使い、ミラーに共締めすれば簡単に取り付けられます。

私の愛車、ninja250みたくカウルミラーなどの場合でも大丈夫です!
別売りのマルチマウントセットで簡単に取り付けることが出来ます。

DATA
商品名:マルチマウントセット
価格:3,750円(税別)

ベースマウントが2種類入っているので、車体の平面部に装着したり、ヘルメットなどの球面部に装着したりと、貼り付け面に合わせて対応可能です。

エンデュランスストアの見本写真を参考に、タンデムシートの下の部分に付けてみました。

取り付けはマウント部分を組み立てて、カメラを付け、付属の両面テープで張り付けるだけです!私は写真を撮ったりしてたので30分ぐらいかかりましたが、普通に取り付ける分にはのんびりやっても10分ぐらいで簡単に装着できる感じでした。
電源もUSBから取れるので、すでにUSBチャージャーを装着している車両なら簡単に装着が可能です。

このドライブレコーダーには、上下反転機能があるので写真のように逆さまに取り付け、撮影しても大丈夫です。

専用アプリをスマートフォン等にダウンロードし、Wi-Fi接続すれば、モード設定をしたり、画像を確認することが簡単に出来ます。
本体装着時の角度調節にも便利です。

とてもシンプルで分かりやすいです。

上記の上下反転機能の設定もできます。

録画した映像を簡単に確認することができます。

設定には画像解像度、録画ファイル時間の長さや、音声録音のON、OFF、などがあります。

これだけ鮮明に映るので、信号の色もしっかり映っていました。

明るいところはもちろん、暗いところでもはっきり撮影できます。

今回取り付けてみて、装着の簡単さに驚きました。取扱説明書に本体説明や専用アプリの説明も分かりやすく書いてあったので使いやすかったです。
バイク専用のドライブレコーダーと言うことで、防水性能もしっかりしています。
録画した映像も画質が良く、ドライブレコーダーとしてだけでなく、アクションカムとしても使えると思いました。アプリですぐ保存ができるので、撮った映像をSNSなどで共有したりでき、とても便利です!

万が一の備えとして、バイク専用ドライブレコーダーを付けてみてはいかがでしょうか。