ツーリングを楽しむ全てのバイク乗りのためのWebメディア

BikeJIN

オートバイ乗りは、怖がりほどうまくなる!


BikeJIN、そしてRIDERS CLUBなど弊社発行のバイク誌のアドバイザーであるネモケンこと根本健が、一般道でも楽しくバイクに乗るコツをお伝えする本「オートバイ乗りは、“怖がり”ほどうまくなる。」を上梓しました。

BikeJIN祭りの人気コンテンツのひとつ「ネモケンのライテク講座」


BikeJIN祭りの人気コンテンツのひとつが「ネモケンのライテク講座」。
講師役のネモケンこと根本健が停止状態のバイクを題材に、ブレーキレバーの握り方や正しいライディングフォームなどを解説するという、言葉にすれば実にシンプルな講座なのですが、「コツがやっと分かりました」、「目からウロコが何枚も落ちました」と大好評。
毎回、満員御礼の賑わいで、ネモケンとバイクを中心に何重もの人の輪ができるほどの人気企画となっています。

視聴回数1200万回超を誇るYoutube番組「らいでぃんぐNAVI」

現在はBikeJIN、そしてRIDERS CLUBなど弊社発行のバイク誌のアドバイザーであるネモケンは、1970年代にプライベーターとして世界GPに参戦。
GPを引退後、RIDERS CLUBに加わり、「ライディングテクニック」というジャンルを雑誌の人気コンテンツに仕立て上げた張本人で、以来、今日に至るまで誌面だけではなく、ライダースクラブ主催の「ライディングパーティ」やBikeJIN祭り、DUCATI Magazine DAYといったイベント、ショップ主催のツーリング、延べ視聴回数1200万回超を誇るYoutube番組「らいでぃんぐNAVI」などを通じて、いかに楽しくバイクに乗るかをテーマにたくさんのライダーにライテクを伝授し続けているのです。

台湾モーターサイクルショー


さらに最近は、BikeJIN、RIDERS CLUBと業務提携している台湾のバイク誌の読者にもターゲットを拡大。誌面に加えて「台湾モーターサイクルショー」などで、台湾ライダーの走りの悩みを解消するのにも一役買っています。

人一倍怖がりだったネモケンが世界の強豪たちと戦えるライダーに!

そのネモケンが、人一倍怖がりだった自分がどうやってバイクに上手に乗れるようになったのか、それも世界GPに出て世界の強豪たちと戦えるライダーにまでなれたのかを、GP参戦の際に得たさまざまな知識や自分で行った工夫をベースにしながら紐解いて分かりやすく解説したのが、この「オートバイ乗りは、“怖がり”ほどうまくなる。」。

バイクの怖さを克服するため悩んでいる人におススメの本

元世界GPライダーなんだから速くてうまくて当り前、そう思ってしまうのが当然ですが、ネモケンいわく、「怖がりの自分はオートバイに向いていないと思ったこともある……」そうです。
いまでも、後ろにライダーを乗せてサーキットを疾走するライディングパーティ名物の「タンデムジェットコースター」で、次々と前方のバイクを追い抜いていく姿を見るとにわかにはその言葉が信じられませんが、この本を読むと怖さを克服するために行ったさまざまなことがいまのネモケンの走りを作ってきたのがよく分かります。

まさしく「努力に勝る天才なし」。

バイクは好きだけどちょっと怖い、苦手がなかなか克服できなくて悩んでいる、そんな人にこそこの本「オートバイ乗りは、“怖がり”ほどうまくなる。」をオススメします!

(Nom)

オートバイ乗りは、“怖がり”ほどうまくなる。
 ¥1,296(税込)

詳細・ご購入はこちら

 Nom エイ出版社バイク誌プロデューサー/ジャンケン魔人

BikeJIN、RIDERS CLUB、DUCATI Magazine、BMW BOXER Journal(現BMW Motorrad Journal)などエイ出版社発行のバイク誌の編集長を歴任。現在は、趣味誌を中心にエイ出版社発行の媒体を統括

もし、このコラムを読んで当時のことをもっとお知りになりたくなったら、NomのBlog(http://blog.sideriver.com/nomurasblog/)のアーカイブもご覧いただければと思います。