ツーリングを楽しむ全てのバイク乗りのためのWebメディア

BikeJIN

求む、スポーツライディング好き!
伝統あるライダースクラブ誌が新編集部員を募集します


1978年創刊で、現在はスポーツバイクを中心に、最新モデルのレビューや、ライディングテクニックの紹介記事を展開する月刊誌が、枻出版社のライダースクラブ。誌面に登場するバイクは、ミドル以上のオンロードバイクが中心。ハイブランドな外国車にも注目しながら、「速くなる」ではなく「上手くなる」を目指した特集を数多く掲載しています。


RIDERS CLUB 11月号

そんなライダースクラブ誌は現在、私たちと一緒に働いてくれる編集部員を募集中です。形態は正社員。編集経験は問いませんが、大型二輪免許を所持していることが条件です。採用に向けた大前提として、「スポーツライディングが好きなこと」を挙げておきますが、これは「バリバリのレーサーです」とか「週一でサーキットに通っています」なんて意味ではありません。

スポーツライディングやライディングテクニックを探求してみたいという心さえ持っていれば、「いまはツーリングが趣味だけど、サーキットにも興味がある」くらいでも問題なし。もちろん、入社したらいきなりサーキットを走らされた……なんてこともありません。この分野に少しずつ触れ、一緒に学びながらこのジャンルを極めていく土壌を用意してあります。

ライダースクラブ誌に限った話ではありませんが、バイク雑誌で仕事をするというのは、バイク好きにとっては夢のような世界。ときには有名なプロライダーたちと一緒に最高の記事をつくり、メーカー上層部の方々から貴重な話を聞き、取材では一般人が入れないインサイドに立ち入ることもできます。生活のほぼすべてがバイクに囲まれ、でもそれで給料がもらえて、しかも雑誌づくりというクリエイティブな業務に挑戦できます。しかも枻出版社は、グループ会社(ピークスカイエン)まで含めると映像や飲食業などのビジネスも展開。各ジャンルに精通したプロフェッショナルが多く在籍する会社なので、いろんな経験を通じて一緒にスキルを磨けます。

スポーツライディング好きなら、きっと興味を持ってくれるだろうこの案件。しかしそうは言っても、新しい仕事に就くことになるわけですから、未知の世界に対して期待よりも不安のほうが大きい人も多いことでしょう。そこでここでは、ライダースクラブ編集部に現在在籍しているスタッフの声を掲載します。まずは職場の雰囲気を感じ取ってください!

こんな人が働いています

河村聡巳/RIDERS CLUB編集長

二輪メディア業界の魅力をお教えします!
ライダースクラブ誌で編集兼営業として活動してきた河村は、これまで3社で二輪メディアに携わってきたベテラン。その幅広い経験から、この業界で働く楽しさと磨けるスキル、そして“永遠のバイク小僧”ならではの目線でスペシャルな体験について語ります。


藤田佳照/RIDERS CLUB編集部員

編集部の仕事内容について紹介!
枻出版社で数々の二輪雑誌編集部を渡り歩いてきた藤田は、だからこそわかるライダースクラブ編集部の特徴と、長年の編集経験で感じている「編集に向いている人」や「編集部員に求められる能力」について語ります。これを読めば、自分が編集向きかどうかわかるかも!?


盛岳郎/BikeJIN編集部員

参考までにBikeJIN編集部からも仕事内容をご紹介
編集部藤田は編集経験の長いベテラン。そこで、アンダー30で経験はほぼ5年というBikeJIN編集部の盛のケースもご紹介。へっぽこ編集部員がたどってきた道のりを参考にしてください。スポーツよりかツーリングよりかといった違いはあれど、編集者の仕事はライダースクラブ誌もBikeJIN誌もかなり近いものがあります。


選考について

面接については昨今の新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、書類審査後はオンライン面接を随時行っていく予定です。オンライン面接時でも、スーツではなく自分らしい格好でお願いします。これはエイ出版社の伝統的な面接スタイルです。

なお、履歴書には職歴のほか、車歴も記入してください。

枻(エイ)出版社・会社概要

HPhttps://www.ei-publishing.co.jp/
》株式会社エイ出版社 メディアガイド(ブラウザ版)
》株式会社エイ出版社 メディアガイド(PDF版)

アクセス

バイク駐車場もあるのでバイク通勤も可能

本社

〒158-0096 東京都世田谷区玉川台2-13-2 玉川台ビル
TEL:03-3708-1781(代表)
FAX:03-3708-1924
東急田園都市線「用賀駅」下車徒歩8分