ツーリングを楽しむ全てのバイク乗りのためのWebメディア

BikeJIN

【受付終了】台湾ツアー・4泊5日ロングコース


2020年2月7日(金)~11日(火祝)で開催予定の
BikeJINの台湾ツアーロングコースのご紹介
台北の北川半分を走るコースで、走行距離が長く
絶景や観光名所をガッツリまわれるコースだ

ルート

総走行距離:約450㎞

※ルートは現地の状況などによって多少変更になる可能性がございます。
※表示ルートはGoogleマップの性質上、ツアーコースを正確に反映しているわけではなく、多少のズレがございます。

台北の北側半分を走るルートなのだが、キモは移動区間が長いこと。
バイク乗車1日目は200㎞走行でハードだが、宿泊地の花蓮まで向かう。翌日はダイナミックな絶景ロードである太魯閣渓谷、武嶺といった2大名所を周り日月潭に宿泊。翌日は日月潭を観光したら、彰化市まで向かい運搬業者にバイクを託し電車で帰るというプランを採用した。これは移動がかなりハードなことと、帰りは台北のカオスな渋滞エリアを避けるためだ

ツアー料金は、31万8000円、パッセンジャーは21万8000円となっている

見どころ

蘇花公路

北宜公路

建華冰店(かき氷店)

花蓮東大門夜市

太魯閣峽谷

139線道

武嶺

日月潭

日程

1日目:2月7日(金)

16:00 台北・松山空港集合
18:00 バスで台北市内ホテル着
19:00 夕食(本格台湾料理の店)
20:00 解散

【現地プランナーのコメント】
台湾到着の日は明日に備えて夕食と自由行動のみ。
マッサージや夜市など、楽しみがいっぱいあります!

食事
夕食:台湾料理レストラン

台湾料理
※写真はイメージです。

夜市

2日目:2月8日(土)

走行距離:約200㎞

07:30 朝食
08:30 ホテルから出発
09:00 レンタルバイク手続き
10:00 出発 バイパスで9号線を走る

台湾ではバイクは高速道路を走行できませんが、バイパスなら走れます。まずはバイクを慣らして人気のツーリングロード9号線に向かいましょう

11:00 お茶屋さんで休憩

ピンリンという町で現地生産のお茶を楽しめます。9号線の真ん中にある町で、ライダー定番の休憩スポットでもあります。地元のお茶を楽しみながらバイクの話しで盛り上がりましょう

12:30 昼食 ツボ鶏

台湾の各地で流行る鳥の丸焼き、インパクトのある見た目で味は抜群、ぜひご賞味ください

13:40 出発 9号線蘇花公路を走る

蘇澳から花蓮まで結ぶ道で、台湾のなかでも有数な景色のキレイな絶景道。迫力のある岩場と海岸線の景色を横目に気持ちよく走れます

15:00 人気の蘇花冰店で休憩 (かき氷店)
16:30 9号線旧道トンネル前で休憩(トイレ休憩)

長年の整備を重ねて今の9号線は安全に走れますが、前世代の9号線は険しかったです。旧道は走れませんが、ちょっと覗くことができます。今は人気写真スポットです

18:00 花蓮ホテル 到着
19:00 夕食

【現地プランナーのコメント】
蘇花公路(スファこうろ)は、台湾東部の宜蘭県と花蓮県の間を南北に走る省道の愛称で、台9線の一部です。
台湾東部の美しい海岸線を眺める道で、東部の自然環境を実感できるオススメルートです。

食事
朝食:ホテル、昼食:ツボ鳥料理、夕食:花蓮夜市風味料理

ツボ鳥料理

蘇花冰店(かき氷)

3日目:2月9日(日)

走行距離:約180㎞

07:30 朝食
08:30 ホテル出発
09:10 中橫牌樓タロコ入り口 写真タイム(給油)

中部横貫公路のスタート地点。定番の写真スポット

10:00 燕子口トンネル後 路駐写真タイム

険しい渓谷へ向かって走るのは最高の気分、途中の安全な場所にバイクを停めて写真撮を撮りましょう

10:30 天祥 休憩公衆トイレ、セブンイレブンあり
11:50 新白楊停車區休息 駐車場あり、着替えタイム

ひたすら山を登って気持ちいいのですが、ここからは寒くなるので、防寒着を追加しましょう

12:40 合歡山管理站 軽食

壮大な景色を見渡せるスポットです。ここでは軽食を提供します。食事しながらを山岳景色を楽しみましょう

14:00 武嶺 写真タイム

台湾公道の最高地点「武嶺」。標高はなんと3275メートル。ライダーにはもちろん人気のスポット。なんと自転車で挑戦する人も少なくないという

16:00 休憩タイム

ホテルまであと少し。道は広くて走りやすいですが、油断せず走りましょう

18:00 宿到着 (南投縣日月潭)
19:00 夕食

【現地プランナーのコメント】
太魯閣(タロコ)と呼んでいますが正式には太魯閣国立公園のこと。太魯閣国立公園は台湾中部、花蓮県の山部にあり、南北に約38Km、東西に約41Km、総面積は9万2000ヘクタールに及びます。
一番の見どころは、太魯閣渓谷。花蓮県を流れる立霧渓が太魯閣の大理石を侵食して形成された渓谷には高山、断崖、滝など豊かな生態を感じることができます。

食事
朝食:ホテル、昼食:軽食、夕食:原住民風味料理

4日目:2月10日(月)

走行距離:約75㎞

07:00 朝食
08:30 出発
09:00 日月潭写真ポイント

台湾の観光名所「日月潭」。壮大な湖の景色をバックにして、海外ツーリングの記念写真を撮りましょう

09:40 日月潭を出発 139号線を走る

139号線とは台湾中部の有名なレジャールートです。ほぼ山の稜線を走るルートで、並木でできた緑のトンネルの中を気持ちよく走れます

10:50 139号線 休憩スポット

ここはパイナップルの生産地でもあります。両側にパイナップルの畑が一面に広がっており、レジャールートなので個性的なカフェも点在しています

12:30 バイク返却手続き(乗り捨て)
13:00 昼食
14:30 新幹線で台北へ戻る
16:00 ホテル到着
18:30 夕食

【現地プランナーのコメント】
近年台湾でも人気上昇の139号線。両側パイナップル畑で日本ではお目にかかれない風景が広がっています。
自転車とバイクのルートで大人気。キレイな並木でまるで緑のトンネル

食事
朝食:ホテル、昼食:台湾中部地方料理、夕食:台湾料理レストラン

5日目:2月11日(火)

13:00 ホテル集合、バスで台北・松山空港へ向かう

【現地プランナーのコメント】
特に予定がない日なので、台北のシンボル101ビルや、本場の味タピオカを楽しんだり、地元台湾人が飲むお茶や、台湾のお寺をじっくり見たり、疲れた体をマッサージしてもらったり、いろいろ楽しみ方があります。
希望の方はご案内します。
(※交通費、入場料などは別料金になります。)

食事
朝食:ホテル

101タワーと台北の景色

日程・料金

現地発着 台湾ツアー・4泊5日ロングコース
日程:2020年2月7日(金)~11日(火祝)
ツアー料金:31万8000円(パッセンジャーは21万8000円)
走行距離:約450㎞

宿泊予定ホテル

1泊目・4泊目
グロリアプリンス……4つ星ホテル。日本のプリンスホテルグループ
HP:https://www.gloriahotel.com/

2泊目
アルスマホテル……4つ星ホテル。夜市に近いホテル
HP:http://www.arsma-hotel.com/

3泊目
大淶閣デルラゴ……4つ星ホテル。湖畔の高級ホテル
HP:https://www.dellago.com.tw/#facilities

※やむを得ず、宿泊予定ホテルが変更になる場合は同クラスのホテルを予定しています
※ホテルの評価はGoogleマップでの評価

レンタルバイクの種類

追加料金なしでレンタルできるCクラスバイク10種類
TMAX、MT-07、SV650、XMAX、G310、CB650F、AN400、CB1100、FORZA、CB300R、YZF-R3
(順不同、レンタルする車両は写真のモデルとカラー及び仕様が異なる場合がございます。)
追加料金でレンタルできるバイク(Bクラス追加5,000円、Aクラス追加10,000円)
Bクラス:XSR900、DL1000、GSXS1000、BOLT、DL650XT、GSXS750、SV650X、XSR700、CB600R、CBR650R
Aクラス:MT-10、MT-09、TMAX DX、XADV、Tracer900
※乗車されるバイクは、日本の免許区分に準じてセレクトしてください。
※台数等の都合で、選択した車種以外になる可能性もございます。
※レンタルはバイクのみです。装具は持参してください。
※通常、レンタル際にデポジッドが必要となりますが、当ツアーは不要です

ツアー条件

【 ツアー料金に含まれるもの 】
・ バス代1、2、4、5日目 (バス送迎、ツーリング中はバスなし)
・ バイクレンタル代3日間
・ 1、2、3、4日目ホテル代 (シングルライダー1人部屋、タンデムの方はライダーと2人部屋)
・ 2、3、4日目の昼食代 (昼食3回)
・ 1、2、3、4日目の夕食代 (夕食4回)
・ ツーリングコース燃料代


【 ツアー料金に含まれないもの 】
・ 台湾までの往復航空券
・ 個人的な買い物、アルコール飲料
・ スケジュールに入ってない消費項目
・ 指定便以外の空港送迎


【 航空券について 】
当ツアーは現地発着ツアーとなります。そのため、ツアー料金に航空券は含まれておりません。各自、航空券をお買い求めいただくか、当ツアー窓口の道祖神に注文が可能です。道祖神から注文する際のメリットは、できるだけ航空券の発券期限を延ばすことが可能です
※不催行となった場合、航空券の取消料はお客様負担となりますので、ご了承ください。


【 募集人数 】
・ 最少催行人数:10名(ライダー、タンデム含めて10人)
・ 最大催行人数:10台+タンデム人数(ライダー、タンデム含めて20人)
※最少催行人数に満たない場合は中止


【 使用予定バイク 】
・ 「レンタルバイクの種類」ご参照


【 サポート体制 】
・ 先導、最後尾ライダーを用意
・ サポートカーを用意(荷物の運搬が可能です。ソフトバッグでご参加ください)
・ 日本人2名が同行(編集部&カメラマン)


【 バイク保険について 】
日本でこそバイク保険は当たり前ですが、海外ツーリングはその国のカルチャーに大きく左右されます。ヨーロッパでは対人、対物無制限というツアーは目にしたことがありますが、アジア圏のバイク屋では通常、保険はありません。台湾でも海外旅行者が利用する場合、満足のいくものがなかなか見つからないのが現状です。当ツアーでは、できるかぎり現地レンタルバイク店に交渉を重ねた結果、以下のような内容で保険を用意することができました。

現地のバイク保険
対人:20万元(約60万円)
※相手方が死亡の場合は、200万元(約600万円)
対物:ナシ
車両保険:ナシ
※1日あたり4000円のオプションを支払えば、免責額が8万元になります
※免責額以下の事故、破損であれば実費負担。たとえば、立ちゴケの場合は8万元以下となりますので、その場合は実費負担となります


【 海外旅行保険について 】
各自必ずご加入ください
道祖神においても、ご希望に応じてご案内いたします


【 ビザ 】
・ 不要


【 免許 】
・ 免許証の中国語翻訳文が必要
日本国内では最寄りのJAFの翻訳文発行窓口にて発行してもらえます(有料)
JAF「日本の運転免許証を台湾で使うための中国語翻訳文について」:https://jaf.or.jp/common/global-support/taiwan


【 フォトサービス 】
当ツアーではカメラマンが同行します。ツアーの行程や集合写真を後日、無料でお渡しする予定です

申し込み方法

ツアーの申し込みは道祖神にて承ります。申込書類をダウンロードしてファックス、あるいはメールでのお申込みとなります。

申込期間:~2020年1月7日(火)まで

問:道祖神 海外バイクツーリングデスク
TEL:03-6431-8198(担当直通ダイヤル9:30~18:00)
FAX:03-6431-8663
メール:bike@dososhin.com