ツーリングを楽しむ全てのバイク乗りのためのWebメディア

BikeJIN

奥多摩ツーリングの際はぜひ寄りたいカフェ「FUKU FUKU Garden」

BikeJINの初代アートディレクターでデザイナーの白石さん(もちろん、大の付くバイク好き)が、奥さんと一緒に飯能にオープンしたカフェが「FUKU FUKU Garden」。

ご自身たちで2年間かけて古い民家をリノベーションし、元スタイリストの奥さんがコーディネイトした店内は、とてもおしゃれで落ち着く空間。また、道路に面したテラス席はとにかく開放的で、これからの季節はとっても心地よい時間が過ごせること請け合いです。

立地的にも、圏央道の青梅ICから約30分、都道411号の軍畑駅付近からは10分ほどと、奥多摩ツーリングに行った際に立ち寄るのがとても便利な場所。周りにはバイクで走るのが楽しく気持ちイイ道がイーッパイあります。

古い民家をご自分たちでリノベーション。とても雰囲気のあるカフェに仕上がっています

店内は元スタイリストの奥さんがコーディネイトしたおしゃれで落ち着く空間

北に行けば名栗湖、南に下れば奥多摩と、まさにツーリングの途中に立ち寄るのに最適な立地。住所は埼玉県 飯能市下名栗1169

3種類のおいしいプレートご飯が用意されています!

用意されているフードメニューは、鶏ハムプレート、タンドリーチキンプレート、牛すじ煮込みのハヤシライスで、いずれもサラダ、スープ付きでお値段は1000円(税込み)。見た目もとてもきれいで、ボリュームも満点です!

ドリンクも、コーヒー、紅茶に加えて、香りのいい自家製柚子茶なども用意されています。

ボクがお店にいる間も、お店が面した道はモーターサイクルはもちろん、ロードバイクもたくさん通っていました。ということは、この記事を読んでいる方も、FUKU FUKU Gardenの前を通ったことがあるかもしれませんね。

次回の奥多摩ツーリングの際は、ぜひぜひ立ち寄ってみてください!

骨付きのタンドリーチキンが3本+ライス、サラダ、スープのタンドリーチキンプレート

ご飯の上にチキンハムが山盛りになった鶏ハムプレート

トロトロに煮込んだ牛すじ肉が入ったハヤシライス

自転車の方のために専用ラックも用意されている

Nom エイ出版社バイク誌プロデューサー/ジャンケン魔人

BikeJIN、RIDERS CLUB、DUCATI Magazine、BMW BOXER Journal(現BMW Motorrad Journal)などエイ出版社発行のバイク誌の編集長を歴任。現在は、趣味誌を中心にエイ出版社発行の媒体を統括