ツーリングを楽しむ全てのバイク乗りのためのWebメディア

BikeJIN

あのアールズギア謹製のチタンマグカップが登場! ワイバンマフラーと同じコンセプトが貫かれています!

アールズギアと言えば、ライダ―ならだれもが知っている人気カスタムマフラーメーカー。芸術品のように美しく、さらに確実に乗りやすくなる高性能なマフラーメーカーとして、盤石のポジションを獲得しています。

アールズギアの製品に貫かれているのが、モノつくりへの妥協のない姿勢で、ボクの30年来の友人でもある代表の樋渡さんは、モリワキレーシング→スズキワークスで輝かしい戦績を残したレーシンググライダーです。そして、樋渡さんは何に乗っても速いだけではなく、確実にマシンを進化させる開発能力にも長けたライダーでした。

そんな樋渡さんが作るマフラーも、当然ながらこだわりにこだわり抜いた高品位なもの。パワーとトルクの向上による扱いやすさのアップは最低条件で、スタイル、外観の美しさにも一切の妥協がありません。

自ら、年に数万キロを走るライダーとして、ツーリングでも疲れずに気持ちよく走れるマフラーを次々と世に送り出しています。

その樋渡さん率いるアールズギアが製作したのがこのチタンマグカップです。

美しさと軽さ、そして高性能のすべてを合わせ持つアールズギアのワイバンマフラー。多くのライダーに支持されている

ワイバンマフラーの真骨頂が、流麗な曲線を描く手曲げエキソーストパイプ。見ているだけでほれぼれする美しさだ

アールズギア代表の樋渡さんは、ライダーの立場から「自分が心から欲しいと思うものを作る」という信念でモノ作りを行っている

軽くて美しいだけではなく、実用性にも優れている。工業製品の理想形ですね!

正直言って、これは大いなる反則で、超人気マフラーを多数製作しているアールズギアには、マフラーやバイク用パーツ以外を製作している暇などありません。しかし、そこは友達ですから(笑)、無理に無理を言って製作していただいたということなのです。

もちろん、いったん引き受けた仕事ですから、ここでも樋渡さんは一切の妥協はしません。自社のマフラーに使用しているのと同じチタン材を使用し、美しい焼け色まで付けてくれました。そして、もっとすごいのは、飲み物を入れるためのマグカップですから、カップ自体や飲み口が熱くならないように二重構造として、カップに入れた飲み物の温度が外側に伝わらないような工夫を施しているのです。

そして、驚くほど軽いのもこのマグカップの魅力です。手に持ったときに、何とも言えない高級感がその軽さから伝わってくるのです。ここもアールズギアのマフラーと一緒ですよね。

このチタンマグカップ、BikeJINメンバーズだけの限定商品になっています。購入ご希望の方は、いますぐBikeJINサイトメンバーズに登録して(登録は無料です)、すぐにお申し込みください! 限定わずか40個。売り切れ必至ですよ!

飲み物の熱がカップ外側に伝わらないように、二重構造を採用している。容量は300ml、税込9720円で限定40個をご用意しました

見るからに、そして手にしたときの圧倒的な軽さが何とも言えない高級感を醸し出すチタンマグカップ。いいスコッチが飲みたくなる

軽さと強さを合わせ持つチタン製だから、キャンプツーリングにもピッタリ。熱いものも冷たいものもさらにおいしくしてくれる

Nom エイ出版社バイク誌プロデューサー/ジャンケン魔人

BikeJIN、RIDERS CLUB、DUCATI Magazine、BMW BOXER Journal(現BMW Motorrad Journal)などエイ出版社発行のバイク誌の編集長を歴任。現在は、趣味誌を中心にエイ出版社発行の媒体を統括