ツーリングを楽しむ全てのバイク乗りのためのWebメディア

BikeJIN

あの頃の培倶人 -From Nom Vol.12-

培倶人のモンちゃんから、日本のバイク界のモンちゃんへ!

あの頃の培倶人

前回書いたような経緯で、新連載の関西うまいもんツーリング企画に登場することになったモンちゃん。瞬く間に大人気キャラクターになり、いろいろなところから出演依頼の声がかかるようになりました。

当初は、本誌とのカップリングだったのですが、売出し中の女性人気キャラクターをほかのバイク誌が黙って見ているわけがなく、取材依頼がどんどん入るようになり、義理堅いモンちゃんは「どうしましょう」とボクに相談してくれました。

モンちゃんが本誌にかかわり始める前から、バイク界には女性スターが絶対に必要! と思っていたボクは、もちろん本誌独占なんてことはまったく考えていませんでした……。

モンちゃんと本誌との出会い その2
~本籍は「培倶人」ってことで!~

そうやって2007年9月号(Vol.55)から始まったのが、いまでも本誌で連載が続いている「神戸っ子タモンのうまいもん好っきやモン」。

モンちゃんはこちらの期待どおり、いや期待以上のキャラクターで、その連載記事はたちまち大人気企画になったのは皆さんもご承知のとおり。連載開始当時は、普通二輪免許しかもっていなかったモンちゃんも、一念発起して大型免許を取得。本人もドンドン、バイクの世界に入り込んでいきました。

ただのモデルとして雑誌のツーリング企画に出演しているのではなく、モンちゃんはもっと多くの人がバイクに興味を持ってくれるようにという思いをもって仕事に取り組んでくれました。バイク界でいまどんなことが起きていて、どんな問題があるのかなどにも興味津々で、バイクやバイクにまつわる事柄についての知識をどんどん深めていってくれたのです。

モンちゃんの人気は 他誌からの取材や出演依頼が入るほど高くなっていきました!

そんな女性キャラクターをバイク界が放っておくはずもなく、イベントのMCなどの依頼が徐々にモンちゃんに入り始めるようになっていきました。初めは本誌を絡めた形でモンちゃんも出演という話が多かったのですが、そのうちモンちゃん個人でという話も増え始めました。そうやって、モンちゃんの知名度・人気が高くなってくると、ほかのバイク雑誌も黙ってはいませんでした。そう、他誌からの出演依頼がモンちゃんに入るようになってきたのです。

階段を駆け足で上っているモンちゃんを応援しよう!

ある日ボクは、モンちゃんから「他誌から取材の依頼が来ているけど、どうしたらいいでしょう」という相談を受けました。おそらく、バイク雑誌は本誌だけにして、と言ったらモンちゃんは受け入れてくれたでしょう。しかし、ボクはずっと、バイク界には女性のスターが必要だと思っていて、いままさにそこへの階段を駆け足で上っているモンちゃんを本誌独占にする気などまったくありませんでした。

「気にしないで、どんどん外でも活躍してよ。そして、モンちゃんのことを知らないライダーはいないくらいの人気者を目指そうよ。ただ、『本籍は培倶人』って思っていてくれたらうれしいな」そうボクは答えました。

本誌にとってもバイク界にとってもかけがえのない人に

それからのモンちゃんの活躍ぶりは皆さんご存知のとおりで、とくに大きなイベントには必ずと言っていいほどMCを担当するモンちゃんの姿があります。もちろん、本誌にとってもマヒトさんと並んでかけがえのない人であるのは言うまでもありません。

また最近は、バイクイベントなどで活躍するMCを育てるためのワークショップ「松下塾」を立ち上げるなど、後進の育成にもチャレンジしています! モンちゃんの日ごろの活動は彼女のTWITTERでチェックしてください!

モンちゃんツイッター https://twitter.com/tamonmegumi

 Nom エイ出版社バイク誌プロデューサー/ジャンケン魔人

BikeJIN、RIDERS CLUB、DUCATI Magazine、BMW BOXER Journal(現BMW Motorrad Journal)などエイ出版社発行のバイク誌の編集長を歴任。現在は、趣味誌を中心にエイ出版社発行の媒体を統括

もし、このコラムを読んで当時のことをもっとお知りになりたくなったら、NomのBlog(http://blog.sideriver.com/nomurasblog/)のアーカイブもご覧いただければと思います。